秘宝館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
淡路島の立川水仙郷には『ナゾのパラダイス』と呼ばれる秘宝館が併設される

秘宝館(ひほうかん)とは、性風俗人間の性生物の性に関する古今東西の文物を収蔵した施設のこと。

概要[編集]

ニューヨークのミュージアム・オブ・セックス

もともとの言葉のニュアンスでは性風俗に限らず歴史的に重要な古今東西の珍品秘宝を収蔵した施設のことを指しているように感じられるが、実際には「○○秘宝館」と呼ばれる施設は性風俗に関係する物品を陳列する施設とほぼ同一であり、「秘宝館」という語は主に性や性風俗を扱った施設を婉曲的に指すのに用いられている。

日本最初の秘宝館は1969年4月にオープンした徳島県男女神社秘宝館である。その後、主に温泉街など大規模な観光スポットを中心に全国で作られるようになり、会社などの団体旅行全盛の1970年代後半から1980年代頃に最盛期を迎えた。1970年代後半以降の秘宝館は、男性客だけでなく女性客も視野に入れたり、東宝などの映像・舞台美術業者の制作によるアミューズメント型の展示を行う施設なども多く見られるようになった。

その後平成の時代(1990年代以降)になると、団体旅行の減少や社会の「洗練」によって忌避されるようになり次第に入館者が減少し、多くの秘宝館が閉館していった。しかし、1990年代中頃より都築響一らによって各地の秘宝館が雑誌や番組で紹介されるようになり[1]、怖いもの見たさやアウトサイダーアート的な過剰な表現への関心などで秘宝館を見直す動きもある。一方で東北地方のサファリパークに1980年から併設されていた秘宝館が観客からの通報により警察の捜査を受け、経営者がわいせつ図画陳列で逮捕される事件が2006年に起きるなど、性的表現に厳しくなる社会の動きが秘宝館を閉ざすこともある[2][3]

こうした、性に関する物品を集めた私設博物館は、1960年代性の革命やフリーセックスなどの文化や風潮を背景にヨーロッパをはじめ世界各国に開設されており、21世紀に入ってアジア各国などにも広がりを見せている。普通は「飾り窓」など各都市の売春地区やポルノショップの集まる場所に作られ、セックスミュージアム(sex museum、Musée de l'érotisme)、エロティックミュージアム(erotic museum)などと呼ばれている。

日本の秘宝館の種別としては、蝋人形などや大掛かりな機械仕掛けを多様して妄想世界を再現したエンターテイメント系秘宝館(レジャー系秘宝館ともいう)と性風俗に関係した物品を収集・展示したコレクション系秘宝館の二種に大別される。エンターテイメント系秘宝館は、蝋人形や機械などの設置・維持に多額の費用が掛かることから主に企業が営利目的で運営していることが多く、その性格上採算が合わなければ閉館してしまうことが多い。エンターテイメント系秘宝館の中には、元祖国際秘宝館三重県度会郡玉城町)系列のように秘宝館を複数運営し全国的展開していた大規模なところもある。また、熱海秘宝館静岡県熱海市)は東証一部上場企業の東京ドームの系列会社が運営している。コレクション系秘宝館は、主に地元の好事家が収集した性風俗品を展示しており、個人が運営していることが多い。

施設の性質上、未成年(あるいは18歳未満)は入館禁止となっている。また、現在嬉野観光秘宝館鬼怒川秘宝殿を除くほとんどの秘宝館では、原則として写真撮影が禁止となっている。

展示物[編集]

秘宝館には、おおむねこのような展示物がある。

秘宝館一覧[編集]

別府・鉄輪温泉にあった別府秘宝館
テレビでも取り上げられた立川水仙郷ナゾのパラダイス
立川水仙郷ナゾのパラダイスのコレクション
日本の旗 日本
アイスランドの旗 アイスランド
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
オランダの旗 オランダ
スペインの旗 スペイン
韓国の旗 韓国
中華人民共和国の旗 中国
  • 中華性文化博物館 公式サイト
  • 丹霞山中華性文化博物館
  • 武漢性学展覧館
ドイツの旗 ドイツ
フランスの旗 フランス

秘宝館関連作品[編集]

書籍[編集]

映像[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]