岡田郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
茨城県岡田郡の範囲

岡田郡(おかだぐん)は、茨城県下総国)にあった。かつての鬼怒川西岸にあたる。

郡域[編集]

歴史[編集]

近代以降の沿革[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。●は村内に寺社領が、○は寺社除地、×は百姓除地(除地とは領主から年貢免除の特権を与えられた土地)が存在。下記のほか鴻ノ山新田、古間木新田、馬場新田、栗山新田が存在したが、記載されていない。(46村)
知行 村数 村名
幕府領 幕府領 22村 村岡村、芦ヶ谷村、栗山村、国生村、五箇村、馬場村、尾崎村、左平太新田、○崎房村、孫兵衛新田、鴻ノ山村、岡田新田、大沢新田、●古間木村、●大生郷村、伊左衛門新田、五郎兵衛新田、笹塚新田、●横曾根村、横曾根古新田、佐兵衛新田、逆谷新田
旗本領 10村 ○東蕗田村、○西蕗田村、磯村、村貫村、大間木村、中沼新田、○×向石下村、古間木沼新田、●大輪村、●羽生村
幕府領・旗本領 5村 杉山村、×篠山村、倉持村、●花島村、●報恩寺村
幕府領・藩領 幕府領・常陸牛久藩 2村 別府村、新地村
幕府領・旗本領・常陸牛久藩領 2村 ●鎌庭村、●皆葉村
その他 寺社領 1村 ●飯沼村
11.安静村 12.大形村 13.岡田村 14.飯沼村 15.菅原村 16.大花羽村 17.豊岡村 (赤:八千代町 橙:常総市 黄:下妻市。1 - 8は結城郡、21 - 32は豊田郡)

町村制以降の沿革[編集]

  • 1889年(明治22年)
    • 3月31日 - 下記の町村の統合が行われる。(7村)
      • 安静村 ← 蕗田村、東蕗田村、大間木村、芦ヶ谷村、芦ヶ谷新田、逆谷新田、佐兵衛新田、磯村、村貫村、新地村、新地新田、村岡新田、尾崎村、栗山村(現八千代町)
      • 大形村 ← 別府村、皆葉村、鎌庭村、五箇村、村岡村(現下妻市)
      • 岡田村 ← 杉山村、向石下村、篠山村、蔵持村、蔵持新田、中沼新田、岡田新田、国生村(現常総市)
      • 飯沼村 ← 鴻ノ山村、鴻ノ山新田、古間木新田、馬場村、馬場新田、栗山新田、佐平太新田、孫兵衛新田、崎房村、古間木村、古間木沼新田、大沢新田(現常総市)
      • 菅原村 ← 大生郷村、大生郷新田、伊左衛門新田、笹塚新田、五郎兵衛新田、横曾根新田(現常総市)
      • 大花羽村 ← 大輪村、花島村、羽生村(現常総市)
      • 豊岡村 ← 飯沼村、横曾根村、横曾根古新田、報恩寺村(現常総市)
    • 4月1日 - 上記7村が町村制を施行。
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 結城郡・岡田郡・豊田郡の区域をもって、改めて結城郡が発足。同日岡田郡廃止。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
結城郡