朝夷郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千葉県朝夷郡の位置

朝夷郡(あさいぐん)は、安房国千葉県)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域にあたる。

  • 南房総市の一部(白浜町白浜以東および大井、宮下、川谷、丸本郷以東)
  • 鴨川市の一部(江見各町および東江見・西江見)

歴史[編集]

古くは「あさひなのこおり」と読んだ(和名類聚抄)。朝平郡(あさひらぐん)と記されていたこともある。

近代以降の沿革[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での当郡域の支配は以下の通り。●は村内に寺社領が、○は寺社除地(領主から年貢免除の特権を与えられた土地)が、×には寺社見捨地が存在。
知行 村数 村名
幕府領 幕府領 17村 川谷村、白渚村、西白渚村、乙浜村、●白浜村、●白間津村、○大川村、真浦村、石堂原村、宮下村、●北朝夷村、●南朝夷村、平館村、忽戸村、川口村、○平磯村、千田村
旗本領 8村 吉浦村、峰村、内遠野村、○仁我浦村、●○瀬戸村、松田村、○海発村、大夫崎村
幕府領・旗本領 1村 真門村
藩領 安房館山藩 1村 御子神村
上野前橋藩 26村 宇田村、大井村、黒岩村、珠師ヶ谷村、沓見村、小川村、×柴村、前田村、石神村、川戸村、●丸本郷村、川合村、牧田村、布野村、五十蔵村、磑森村、上三原村、滝原村、中三原村、下三原村、沼村、小向村、○岩糸村、西原村、小戸村、●石堂村
武蔵岩槻藩 1村 和田村
越前敦賀藩 2村 ●大貫村、●久保村
館山藩・前橋藩 1村 ●○加茂村
幕府領・藩領 幕府領・敦賀藩 1村 安馬谷村
旗本領・前橋藩 3村 白子村、青木村、江見村(東江見村)
旗本領・前橋藩・上総鶴牧藩 1村 江見村(西江見村)
その他 寺社除地、見捨地 1村 花園村
  • 明治初年に江見村が東江見村、西江見村に分村。
  • 慶応4年
    • 7月2日1868年8月19日) - 鶴牧藩領、岩槻藩領の全域、幕府・旗本領の大部分(内遠野村、仁我浦村、松田村、海発村、石堂原村の全域、宮下村の一部を除く)、前橋藩領の一部(柴村、布野村、青木村、五十蔵村、磑森村、上三原村、滝原村、中三原村、下三原村、沼村、小向村、岩糸村、江見村〈東江見村〉、江見村〈西江見村〉)が安房上総知県事の管轄となる。また、以降の藩の設置にはすべて旧寺社領、寺社除地も含む。
    • 7月13日(1868年8月30日) - 駿河田中藩が転封。それにともない館山藩、前橋藩、敦賀藩で領地替えが行われ、郡内全域が安房長尾藩となる。
  • 明治4年
  • 明治5年 - 滝原村が上三原村に編入。
  • 1877年(明治10年)
    • 中三原村、下三原村、沼村が合併して御原村が発足。
    • 御子神村が宮下村に編入。
  • 1878年(明治11年)11月2日 - 郡区町村編制法の千葉県での施行により、行政区画としての朝夷郡が発足。「安房平朝夷長狭郡役所」が安房郡北条村に設置され、安房郡・平郡長狭郡とともに管轄。

町村制以降の沿革[編集]

41.白浜村 42.七浦村 43.曦村 44.健田村 45.千歳村 46.豊田村 47.満禄村 48.北三原村 49.南三原村 50.和田村 51.江見村 (赤:館山市 桃:鴨川市 紫:南房総市 1 - 11は安房郡 21 - 31は平郡 61 - 71は長狭郡)
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により朝夷郡に以下の11村が発足。
    • 白浜村 ←白浜村、乙浜村(現南房総市)
    • 七浦村 ←白間津村、大川村、千田村、平磯村(現南房総市)
    • 曦村 ←南朝夷村、北朝夷村、平舘村、忽戸村、川口村(現南房総市)
    • 健田村 ←川戸村、瀬戸村、大貫村、宇田村、牧田村(現南房総市)
    • 千歳村 ←川合村、安馬谷村、峯村、久保村、白子村(現南房総市)
    • 豊田村 ←加茂村、沓見村、岩糸村、西原村、小戸村(現南房総市)
    • 満禄村 ←川谷村、石堂村、石堂原村、珠獅ヶ谷村、前田村、丸本郷村、大井村、嶺岡柱木牧(現南房総市)
    • 北三原村 ←黒岩村、小川村、上三原村、小向村、布野村、磑森村、五十蔵村(現南房総市)
    • 南三原村 ←海発村、松田村、白渚村、御原村(現南房総市)
    • 和田村 ←和田村、真浦村、花園村、柴村、仁我浦村の大部分(外堀を除く)(現南房総市)
    • 江見村 ←西江見村、東江見村、青木村、内遠野村、真門村、仁我浦村の一部(外堀)(現鴨川市)
    • その他、吉浦村、太夫崎村が長狭郡太海村に編入。
  • 1890年(明治23年)3月3日 - 満禄村が改称して丸村となる。(11村)
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 郡制の施行により、安房郡・平郡・朝夷郡・長狭郡の区域をもって、改めて安房郡が発足。同日朝夷郡廃止。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1897年
次代:
安房郡