小林祐希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小林 祐希 Football pictogram.svg
名前
カタカナ コバヤシ ユウキ
ラテン文字 Yuki Kobayashi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1992年4月24日(22歳)
出身地 東京都東村山市
身長 182cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム ジュビロ磐田
ポジション MF
背番号 4
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2012
2012
2013-
東京ヴェルディ
ジュビロ磐田 (loan)
ジュビロ磐田
62 (6)
11 (0)
1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年12月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小林 祐希(こばやし ゆうき、1992年4月24日 - )は東京都出身のサッカー選手。Jリーグジュビロ磐田所属。ポジションはMF

来歴[編集]

東京ヴェルディ下部組織出身の選手。各年代の代表に選出され、2010年には2種登録選手としてJ2で4試合に出場した。また、東京都サッカートーナメントで優勝し、ヴェルディユースとして第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会にも出場している。

2011年からトップチームに昇格するとすぐにスタメンとして起用され、1年目からリーグ戦34試合に出場した。2012年から背番号を10に変更すると共に、クラブ史上最年少となる19歳での主将就任が発表されたが[1]、10番を付け、主将であるということを意識し過ぎるあまり、自分のプレーが出来なくなってしまい、本人も後に苦しかったと発言している[2]

同年7月、中盤の選手に怪我人が続出していたジュビロ磐田へ期限付き移籍が発表された[2]。12月、磐田へ完全移籍[3]

エピソード[編集]

  • 小林は小学生当時、FC東京からも高く評価され、下部組織入りを打診されていた。小林の獲得に腐心するヴェルディジュニアユースの菅澤大我監督は、クラブが主催する小学生の練習会に、当時知名度を上げていた森本貴幸を呼びつけて、小林に対して「(将来プロ入りして、ヴェルディの)トップチームで俺にパスをくれ」と口説くように指示。森本に口説かれたことで、菅澤曰く「流れが変わって」、小林はヴェルディ入りすることになった[4]
  • 前述のように19歳で東京Vの主将に就任したことには、クラブ側の「ホープの小林に責任を持たせて急成長を促そう」という狙いがあったものの[1]、これが裏目に出てしまい、磐田へのレンタル移籍に繋がった[5]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • JACPA 東京FC
  • 2005年 - 2007年 東京ヴェルディ1969ジュニアユース
  • 2008年 - 2010年 東京ヴェルディユース
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2010 東京VY 10 - - - 1 0 1 0
2010 東京V 37 J2 4 0 - - 4 0
2011 21 34 2 - 2 1 36 3
2012 10 24 4 - - 24 4
磐田 50 J1 11 0 - 3 1 14 1
2013 4 1 0 1 0 0 0 2 0
2014 J2 -
通算 日本 J1 12 0 1 0 3 1 16 1
日本 J2 62 6 - 2 1 64 7
日本 - - 1 0 1 0
総通算 74 6 1 0 6 2 81 8

タイトル[編集]

東京ヴェルディジュニアユース/ユース

個人[編集]

  • 日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会 MVP (2010年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]