宝鋼集団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宝鋼集団有限公司
Baosteel Group Corporation
種類 国有企業(中国中央企業)
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
上海市浦東新区浦電路
設立 1977年12月
業種 鉄鋼
代表者 徐楽江(董事長
外部リンク http://www.baosteel.com/
テンプレートを表示
宝鋼集団有限公司
各種表記
簡体字 宝钢集团有限公司
拼音 Băogāng jítuán Yǒuxiàn gōngsī
発音: バオガン・ジートゥアン・ヨウシエン・ゴンスー
テンプレートを表示

宝鋼集団有限公司(ほうこうしゅうだんゆうげんこうし)は、中華人民共和国(中国)上海市に本拠を置く、鉄鋼企業等を束ねる国有持株会社である。通称は宝鋼(中国語: 宝钢、英語: Baosteel)。

概要[編集]

宝鋼集団は製鉄業を中心に、金属加工資源開発、金融業等を手がける企業グループである。製鉄業に関しては、イギリスの金属情報誌メタル・ブリテン英語版によれば、グループの2009年の粗鋼生産量は3887万トンであり、アルセロールミタル河北鋼鉄集団に次いで世界第3位、中国国内第2位の規模を持つ[1]

国務院の国有資産監督管理委員会が管理する国有企業である。傘下に、上海市を拠点とし上海証券取引所上場する宝山鋼鉄股份有限公司(中国語: 宝山钢铁股份有限公司)、新疆ウイグル自治区ウルムチ市を拠点とする宝鋼集団新疆八一鋼鉄有限公司(中国語: 宝钢集团新疆八一钢铁有限公司)、浙江省寧波市を拠点とする寧波鋼鉄有限公司(中国語: 宁波钢铁有限公司)の鉄鋼メーカー3社と、広東省湛江市での製鉄所建設を目指す広東鋼鉄集団有限公司(中国語: 广东钢铁集团有限公司)などを持つ。

沿革[編集]

前身は1977年に発足した上海宝山鋼鉄総廠である。日本の鉄鋼メーカーである新日本製鐵(新日鉄)や川崎製鉄(現・JFEスチール)から技術援助を受けて建設された。名称はその後、宝山鋼鉄(集団)公司、上海宝鋼集団公司と変遷し、2005年に現社名になっている。

  • 1977年12月 - 上海宝山鋼鉄総廠(中国語: 上海宝山钢铁总厂)として設立[2]
  • 1985年9月 - 高炉火入れ[2]
  • 1993年7月 - 上海宝山鋼鉄総廠から宝山鋼鉄(集団)公司(中国語: 宝山钢铁(集团)公司)に社名変更[2]
  • 1998年11月 - 宝山鋼鉄と上海冶金控股(集団)公司(略称:上鋼)と上海梅山(集団)公司(略称:梅鋼)を合併し、上海宝鋼集団公司(中国語: 上海钢铁集团公司)に社名変更[2]
  • 2000年2月 - 宝山鋼鉄股份有限公司を設立[2]
  • 2005年10月 - 宝鋼集団有限公司に社名変更。
  • 2007年4月 - 新疆八一鋼鉄がグループに加入[3]
  • 2008年6月 - 広東鋼鉄集団を設立[4][5]
  • 2009年3月 - 寧波鋼鉄を買収[6]

関連項目[編集]

  • 大地の子 - 山崎豊子の小説。作中の宝華製鉄(ドラマ版では華宝製鉄)は旧・宝山鋼鉄をモデルにされたとされる。

脚注[編集]

  1. ^ 主要鉄鋼企業 - 粗鋼生産上位30社 (PDF) (新日鉄ウェブサイト)
  2. ^ a b c d e 公司歴史(宝鋼股份ウェブサイト・中国語)
  3. ^ 宝鋼集団新疆八一鋼鉄(宝鋼集団ウェブサイト・中国語)
  4. ^ 広東鋼鉄集団(宝鋼集団ウェブサイト・中国語)
  5. ^ <中華経済>広東鋼鉄集団が開業、宝鋼が80%出資―中国レコードチャイナ、2008年6月11日)
  6. ^ 公司簡介(宝鋼集団ウェブサイト・中国語)

外部リンク[編集]