中国中化集団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中国中化集団公司
Sinochem Group
略称 中化集団
シノケム
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
北京市
設立 1950年
業種 エネルギー、化学工業
事業内容 原油、ゴム、石油化学製品、化学肥料、農薬等の生産販売、不動産、金融
代表者 劉徳樹(総裁CEO
売上高 4,589億人民元(2011年)
純利益 134億億人民元(2011年)
外部リンク 中国中化集団公司(中国語、英語)
テンプレートを表示

中国中化集団公司(ちゅうごくちゅうかしゅうだんこうし)は中華人民共和国エネルギー化学工業企業である。業務範囲はその他、農業不動産金融などの分野にも及ぶ多角経営企業である。中央政府の管理監督を受ける中央企業の一つ。

英語名 Sinochem Group。略称 中化集団シノケム (Sinochem)。

沿革[編集]

前身は1950年に設立された中国進出口公司で、1960年代には中国化工進出口総公司と改称し、1970年代になると中国における原油の輸出販売ルートとなり、さらに化学工業製品、化学肥料、農薬などの輸出企業となった。

1980年代には海外進出を試み、1989年にフォーチュン・グローバル500に初ランクイン、さらに1990年代には改革開放路線に乗り多角経営による規模拡大を進めた。2000年に中央企業となった。2003年に中国中化集団公司に改称。

外部リンク[編集]