アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド (Archer Daniels Midland,NYSEADM) は、アメリカ合衆国穀物メジャー。特に食用油の原料となる大豆綿花トウモロコシなどに強みを持つ。

概要[編集]

1902年に、ミネソタ州ミネアポリスで、ジョージ·A·アーチャー(George A. Archer)とジョン·W·ダニエルズ(John W. Daniels)が、亜麻仁(亜麻の種子)粉砕事業を開始し、創業。

1923年に、「アーチャー・ダニエルズ·亜麻仁社」(Archer-Daniels Linseed Company)は「ミッドランド亜麻仁製品社」(Midland Linseed Products Company)を買収し、「アーチャー·ダニエルズミッドランド社」(Archer Daniels Midland Company)を形成した。

現在はイリノイ州中部のディケーターに本社を置いている。

創業以来10年ごとに、ADMは、製粉、加工、専門の食品素材、ココア、栄養など、少なくとも1つ以上の主要収益源を追加していった。

製品には、大豆油、綿実油、ヒマワリ油、キャノーラ油、ピーナッツ油、亜麻仁油、ジアシルグリセロール(DAG)油だけでなく、トウモロコシ胚芽、コーングルテン飼料ペレット、シロップ、でんぷん、グルコース、ブドウ糖、結晶ブドウ糖、高果糖コーンシロップ甘味料、ココアリカー、ココアパウダー、ココアバター、チョコレート、エタノール、小麦粉、等々が含まれる。最終用途は、人や家畜の消費用、および、バイオエタノールやバイオディーゼルなどの添加燃料。

長い間、食品や食材の会社として知られていたが、近年は燃料生産に投資。バイオエタノール生産のため、パーム油生産量1位のインドネシア共和国へ進出を決定した。

関連項目[編集]

  • インフォーマント! … この企業が実際に起こした国際価格カルテル事件を描いたアメリカ映画

外部リンク[編集]