世界ゴルフ殿堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世界ゴルフ殿堂(せかいゴルフでんどう、World Golf Hall of Fame)は、アメリカフロリダ州セントオーガスティンにある、ゴルフにおいて顕著な活躍をした選手、あるいはゴルフの発展に大きく寄与した人物に対して、その功績を称えるために創設された組織である。

現在の選考基準[編集]

PGAツアー・チャンピオンズツアー部門[編集]

  • 必須条件
  1. 40歳以上
  2. 65%以上の得票率
  • 次の条件のうちいずれかを満たす
  1.  
  2.  
    • チャンピオンズツアーで5年以上ツアーメンバーである
    • PGA・チャンピオンズ両ツアーで20勝以上
    • マスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロゴルフ選手権、ザ・プレーヤーズ選手権、全米シニアオープン、JELD-WENトラディション、全米シニア選手権、フォード・シニアプレーヤーズ選手権の中で5勝以上

ベテラン部門[編集]

1974年以前にキャリアの大半をプレーしたプロ・アマチュアの選手で、上記の基準を満たせない選手に対して、毎年世界ゴルフ殿堂の諮問委員会(世界の26のゴルフ組織の代表からなる)によって指名され、世界ゴルフ殿堂理事会により選出される。

LPGA現役選手部門[編集]

(1999年2月以降は以下の規準をすべて満たす必要がある)

  • ツアー参加10年(参加していない期間は含まず)
  • LPGAメジャー大会で1勝あるいはベアトロフィー(年間最少打数賞)またはロレックス・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを獲得
  • 世界ゴルフ殿堂が以下に定めるポイントで27ポイント以上を獲得
    • 2ポイント LPGAメジャー大会1勝
    • 1ポイント LPGAツアー1勝、ベアトロフィー、ロレックス・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー

LPGA引退選手部門[編集]

以下の基準を満たし、諮問委員会で2/3以上の得票を得て指名され、LPGAツアー選手の75%以上の得票を得なければならない。

  • ツアー参加10年(参加していない期間は含まず)
  • 引退して5年以上経過
  • LPGAメジャー大会で1勝あるいはベアトロフィー(年間最少打数賞)またはロレックス・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを獲得
  • LPGAツアーの発展に対して顕著な貢献があった者

国際投票部門[編集]

  • 65%以上の得票率
  • 40歳以上
  • 男性の場合PGAツアー・チャンピオンズツアー部門、女性の場合LPGA部門の基準を満たしていない
  • 世界ゴルフ殿堂が以下に定めるポイントで50ポイント以上を獲得

生涯業績部門[編集]

国際投票により指名を行い、理事会で選出する。

殿堂入りリスト[編集]

男性[編集]

パインハースト時代の世界ゴルフ殿堂で選出
PGAツアー・チャンピオンズツアー部門
国際投票部門
ベテラン部門
生涯業績部門
  • 2000年 ディーン・ビーマン
  • 2000年 サー・マイケル・ボナラック
  • 2000年 ニール・コールス
  • 2000年 ジョン・ジェイコブズ
  • 2002年 ハーベイ・ペニック
  • 2004年 チャーリー・シフォード
  • 2005年 ベルナルド・ダーウィン
  • 2005年 アリスター・マッケンジー
  • 2006年 マーク・マコーマック
  • 2007年 ジョー・カール
  • 2007年 チャールズ・ブレア・マクドナルド
  • 2008年 ピート・ダイ
  • 2008年 ハーバート・ウォーレン・ウィンド

女性[編集]

パインハースト時代の世界ゴルフ殿堂で選出
LPGA現役選手部門
LPGA引退選手部門
  • 2000年 ジュディ・ランキン
  • 2001年 ドナ・カポニ
  • 2002年 マルレーヌ・バウアー・ハッギ
国際投票部門
ベテラン部門
  • 2004年 マルレーヌ・スチュワート・ストレイツ
生涯業績部門
  • 2001年 ジュディ・ベル
  • 2003年 樋口久子
  • 2006年 マリリン・スミス
  • 2008年 キャロル・センプル・トンプソン

殿堂入り予定・有資格者[編集]

男性[編集]

女性[編集]

なし

関連項目[編集]

  • ロレーナ・オチョア - LPGAツアーに10年間参加した時点で殿堂入り予定だったが、現役引退のため可能性が消滅。

外部リンク[編集]