ニック・ファルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニック・ファルド
Nick Faldo Golf pictogram.svg
Nick Faldo.jpg
基本情報
生年月日 1957年7月18日(56歳)
出身地 イングランド・ハートフォードシャー
ウェリン・ガーデン・シティ
身長 191cm
体重 97kg
利き手
成績
優勝回数 欧州30・米国9・国際4
メジャー:マスターズ3勝・
全英オープン3勝
初優勝 1977年スコール・ラガー・
インディビジュアル
賞金王 1992年・欧州ツアー
世界ランク最高位 1位
賞金ランク最高位 1位(欧州ツアー:1983年・1992年)
テンプレートを表示

ニック・ファルドNick Faldo, 1957年7月18日 - )は、イングランドハートフォードシャーウェリン・ガーデン・シティ出身のプロゴルファーである。非常に安定感のある選手で、マスターズ全英オープンにそれぞれ3勝を挙げ、メジャー大会「6勝」を記録した名選手である。世界ランキング1位にも通算「97週」在位した。欧州PGAツアーで30勝、アメリカPGAツアーで9勝、国際試合で4勝を挙げる(全英オープンは欧州PGAツアーとアメリカPGAツアーの両方で優勝回数に数えるため、ファルドの場合は3度の全英優勝が重複記録になる。したがって、生涯通算で40勝を挙げたことになる)。

1976年にプロ入り。1977年に「スコール・ラガー・インディビジュアル」の大会でプロ初優勝。28歳からデビッド・レッドベターとスイングを改造し、30歳1日で第116回全英オープン1987年、ミュアフィールド、開催13回目)でメジャー大会初優勝。霧と風の最終日は首位と1打差の2位スタートして、全18ホールでパーを拾い続ける我慢のゴルフを展開したところ、一時リードを3打差まで広げていた首位のポール・エイジンガーが後半失速して最後の2ホールで連続ボギーを叩いてしまい、ファルドが1打差で逆転勝利した。1989年1990年マスターズ(第53、54回大会)では、2年連続でプレイオフを11番ホールで決着させて、大会2連覇を達成した。マスターズでの大会連覇記録は、1965年1966年を連続制覇したジャック・ニクラス以来史上2人目の偉業となった。1990年にはセント・アンドルーズにあるR&Aゴルフクラブの「オールド・コース」で開かれた第119回全英オープンでも優勝し、メジャー大会で年間2冠を獲得。この時の優勝スコアは 18 アンダーパー(-18, 270ストローク)で、10年後の2000年タイガー・ウッズによって破られるまで(-19, 269ストローク)オールド・コースの最少スコア優勝記録であった。1992年の第121回全英オープンでは2日目に首位に立ち、最終日は2位に4打差でスタート後、一時は逆に2打リードされる展開となったが、15番ホールで本人曰く'生涯最高のショット'(第2打、5番アイアンでのハーフショット)を放って再逆転し、2年ぶり3度目の優勝を達成した。開催コースは初優勝時の1987年と同じミュアフィールドのコースだった(開催14回目)。

1996年4月14日、ニック・ファルドは第60回マスターズ・トーナメントの最終ラウンドをグレグ・ノーマンと一緒に回ることになった。(注:会場のオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブはパー72のコースである)。スタート時点で、首位のノーマンはファルドに6打差をつけていたが、最終日に悲惨な崩壊状態に陥る。この日のノーマンは78(6オーバー)をたたき、67(5アンダー)で回ったファルドに大逆転負けを喫してしまい、ファルドは6年ぶり3度目の優勝を飾った。(最終成績:ファルド -12, 276ストローク/ノーマン -7, 281ストローク)さすがのファルドも、この優勝には複雑な気持ちを隠せず、素直に喜べるものではなかった。翌1997年のマスターズ・トーナメントで、大会前年優勝者のファルドは第1ラウンドを当時21歳のタイガー・ウッズと一緒に回る。マスターズの伝統の1つとして、大会前年優勝者と前年度の全米アマチュア選手権優勝者が予選ラウンドを一緒に回る慣習があり、ウッズは前年度の全米アマチュア選手権優勝者の資格で出場していた。ファルドは若きウッズの勢いにのまれ、大会2日目で予選落ちに終わり、最終日には「21歳3ヶ月」の最年少優勝者となったウッズにグリーン・ジャケットを着せることになった。1997年、ファルドはセベ・バレステロスと一緒に世界ゴルフ殿堂入りを果たしている。

ファルドは2007年7月18日に50歳を迎え、ヨーロピアンシニアツアーに参戦を開始した。2008年ライダーカップでは、ファルドがヨーロッパ選抜代表チームのキャプテンを務めた。

現在はジム・ナンツとともにCBSスポーツのゴルフ中継の解説者としても勤めている。

メジャー大会優勝[編集]

外部リンク[編集]