トム・レーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トム・レーマン
Tom Lehman Golf pictogram.svg
TomLehmanPentagonVisitCrop.jpg
基本情報
生年月日 1959年3月7日(55歳)
出身地 アメリカ・ミネソタ州オースティン
身長 188cm
体重 98kg
利き手
プロ転向 1982年
成績
優勝回数 米国5・欧州1・日本1
メジャー:1996年全英オープン
賞金王 米国・1996年
世界ランク最高位 1位
賞金ランク最高位 1位(米国・1996年)
テンプレートを表示

トム・レーマンTom Lehman, 1959年3月7日 - )は、アメリカミネソタ州オースティン出身のプロゴルファーである。1996年全英オープン優勝者で、この年にPGAツアーの年間賞金王(賞金ランキング1位)になった。1997年4月21日-27日の1週間のみであったが、世界ランキング1位のポジションにいたこともあった。これまでにPGAツアーで通算5勝、国際試合で2勝を挙げているが、1993年日本の「カシオ・ワールド・オープン」で優勝したこともある。「トム・リーマン」の表記揺れも多い。

1982年にプロ入り。レーマンは下積み生活が長かった人で、PGAツアーの初優勝はプロ入りから12年後、1994年の「メモリアル・トーナメント」であった。その前年、1993年の「カシオ・ワールド・オープン」で優勝している。1996年がレーマンのゴルフ経歴の最盛期で、7月の第125回全英オープンメジャー大会初優勝を飾った。開催コースは「ロイヤルリザム・アンド・セントアンズ」(パー71)であったが、レーマンの優勝スコアは 13 アンダーパー(-13, 271ストローク)で、2位に2打差をつけての優勝であった。この年は年間最終戦の「ザ・ツアー選手権」でも優勝した。レーマンはこの優勝により、初めてPGAツアーの賞金王となり、1996年度の「年間最優秀選手」にも選出された。1996年度末の世界ランキングでは、1位はグレグ・ノーマンで、レーマンは2位であった。

1997年の年間開幕戦「メルセデス選手権」は、試合中の雨のため54ホール(3日分の競技)に短縮され、レーマンは前年8月末にプロ転向したばかりのタイガー・ウッズプレーオフを戦うことになった。ウッズは1996年10月にいきなり2勝を挙げて初出場を決めた。プレーオフの1ホール目(パー3のホールを使用)で、レーマンが第1打を池に落としてしまう。21歳になったばかりのウッズは第1打をピンそばにぴたりと寄せ、この大舞台でいきなり優勝してしまった。3ヶ月後のマスターズで、ウッズはいきなり最年少でメジャー大会初優勝を飾る。レーマン自身はマスターズでは12位に終わったが、翌週の「MCIクラシック」で4位に入ったことにより、4月21日に初めて世界ランキング1位になった。しかし、レーマンの世界1位の座はこの1週間だけで終わってしまう。続く全米オープンで、レーマンは優勝争いに加わりながらも3位にとどまった。1997年度末の世界ランキングでは、レーマンは一気に8位まで転落している。その後、2000年1月末に「フェニックス・オープン」でツアー5勝目を挙げたが、それ以後は何度かの優勝争いに敗れている。

2006年に行われたアメリカ代表チームとヨーロッパ選抜チームによる団体戦「ライダーカップ」では、レーマンがアメリカ代表チームのキャプテンを務めた。

ツアー優勝歴[編集]

外部リンク[編集]