ゲーリー・プレーヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲーリー・プレーヤー
Gary Player Golf pictogram.svg
All Black.jpg
基本情報
生年月日 1935年11月1日(78歳)
出身地 南アフリカヨハネスブルグ
利き手
成績
優勝回数 PGA優勝:24回
通算優勝:163回
2009年2月25日現在
テンプレートを表示

ゲーリー・プレーヤーGary Player, 1935年11月1日 - )は、南アフリカヨハネスブルグ出身のプロゴルファー。メジャー大会通算9勝を挙げ、男子ゴルフ史上3人目の「キャリア・グランドスラム」達成者となった。アフリカから登場した最初の本格的なプロゴルファーとして活躍してきた、ゴルフ界を代表する偉人の1人である。

経歴[編集]

ゲーリー・プレーヤーは父親が金鉱掘りの仕事に従事していたことから、経済的には恵まれた家庭に育ったが、8歳の時に母親を亡くしている。14歳からゴルフを始め、1953年に18歳でプロ入り。それまで、ゴルフ界は大半がアメリカやイギリスの選手たちで占められていたため、プレーヤーはアフリカ出身のゴルファーの開拓者となり、故国の南アフリカやオーストラリアなど世界各国のツアーを回り始めた。

彼のゴルフツアー優勝記録は、1956年から始まる。1957年からアメリカPGAツアーにも参戦を開始する。1959年全英オープンでメジャー大会初優勝を達成。マスターズ・トーナメント1961年全米プロゴルフ選手権1962年に初優勝を果たし、ついに1965年全米オープンでメジャー大会4冠獲得を成し遂げる。こうしてプレーヤーは、ジーン・サラゼンベン・ホーガンに続くゴルフ史上3人目の「キャリア・グランドスラム」達成者となった。すぐ翌年の1966年に、ジャック・ニクラスが続いてキャリア・グランドスラムを達成した。

1974年世界ゴルフ殿堂が設立され、プレーヤーは直ちに殿堂入りを果たす。彼のメジャー大会優勝記録は、1978年マスターズまで続き、総計「9勝」となった。通算9勝は、ベン・ホーガンと並ぶ歴代4位タイ記録である。PGAのレギュラー・ツアーでは総計「24勝」を挙げたが、1978年にマスターズを含む年間3勝を記録したのが最後になった。国際試合の勝利を含めると、プレーヤーの優勝回数は100勝を上回る。PGAの「チャンピオンズツアー」(50歳以上の選手を対象にしたツアー)でも通算19勝を挙げた。

最近はプレジデンツカップで国際選抜チームの監督(2003年2005年)を務めるなど、今なおプロゴルフ界の重鎮として多大な尊敬を集めている。プレーヤーの故国南アフリカからも、アーニー・エルスレティーフ・グーセンなどの後輩選手たちが世界トップクラスの名選手として活躍している。

プロ優勝[編集]

PGAツアー(24)[編集]

No. 年月日 トーナメント スコア 打差 2位(タイ)
1 20 Apr 1958 Kentucky Derby Open −14(68-68-69-69=274) 3 strokes アメリカ合衆国の旗 チック・ハーバート英語版, アメリカ合衆国の旗 Ernie Vossler
2 3 Jul 1959 全英オープン E (75-71-70-68=284) 2 strokes スコットランドの旗 Fred Bullock, ベルギーの旗 Flory Van Donck
3 29 Jan 1961 Lucky International Open −12 (70-69-68-65=272) 2 strokes アメリカ合衆国の旗 George Bayer, アメリカ合衆国の旗 Don Whitt
4 26 Mar 1961 サンシャイン・オープン・インビテーショナル英語版 −15 (69-68-67-69=273) 1 stroke アメリカ合衆国の旗 アーノルド・パーマー
5 10 Apr 1961 マスターズ・トーナメント −8 (69-68-69-74=280) 1 stroke アメリカ合衆国の旗 チャールズ・コー英語版, アメリカ合衆国の旗 アーノルド・パーマー
6 22 Jul 1962 全米プロゴルフ選手権 −2 (72-67-69-70=278) 1 stroke アメリカ合衆国の旗 ボブ・ゴールビー英語版
7 13 Jan 1963 ファーマーズ・インシュランス・オープン英語版 −14 (65-65-70-70=270) 1 stroke アメリカ合衆国の旗 トニー・レマ英語版
8 8 Mar 1964 ペンサコーラ・オープン英語版 −14 (71-68-66-69=274) Playoff アメリカ合衆国の旗 ミラー・バーバー英語版, アメリカ合衆国の旗 アーノルド・パーマー
9 31 May 1964 500 Festival Open Invitation −11 (70-66-70-67=273) 3 strokes アメリカ合衆国の旗 ダグ・サンダース英語版, アメリカ合衆国の旗 アート・ウォール・ジュニア英語版
10 21 Jun 1965 全米オープン +2 (70-70-71-71=282) Playoff オーストラリアの旗 ケル・ネーグル英語版
11 13 Jul 1968 全英オープン +1 (74-71-71-73=289) 2 stroke ニュージーランドの旗 ボブ・チャールズ英語版, アメリカ合衆国の旗 ジャック・ニクラス
12 20 Apr 1969 Tournament of Champions −4 (69-74-69-72=284) 2 strokes アメリカ合衆国の旗 リー・トレビノ
13 5 Apr 1970 グレーター・グリーンズボロ・オープン −13 (70-63-73-65=271) 2 strokes アメリカ合衆国の旗 ミラー・バーバー英語版
14 21 Mar 1971 グレーター・ジャクソンビル・オープン英語版 −7 (70-70-72-69=281) Playoff アメリカ合衆国の旗 ハル・アンダーウッド
15 28 Mar 1971 National Airlines Open Invitational −14 (69-67-70-68=274) 2 strokes アメリカ合衆国の旗 リー・トレビノ
16 26 Mar 1972 Greater New Orleans Open英語版 −9 (73-69-68-69=279) 1 stroke アメリカ合衆国の旗 Dave Eichelberger, アメリカ合衆国の旗 ジャック・ニクラス
17 6 Aug 1972 全米プロゴルフ選手権 +1 (71-71-67-72=281) 2 strokes アメリカ合衆国の旗 トミー・アーロン, アメリカ合衆国の旗 ジム・ジェイミーソン英語版
18 9 Sep 1973 サザン・オープン英語版 −10 (69-65-67-69=270) 1 stroke アメリカ合衆国の旗 Forrest Fezler
19 14 Apr 1974 マスターズ・トーナメント −10 (71-71-66-70=278) 2 strokes アメリカ合衆国の旗 デイブ・ストックトン英語版, アメリカ合衆国の旗 トム・ワイスコフ英語版
20 26 May 1974 Danny Thomas Memphis Classic英語版 −15 (65-72-69-67=273) 3 strokes アメリカ合衆国の旗 ロウ・グラハム英語版, アメリカ合衆国の旗 ヒューバート・グリーン
21 13 Jul 1974 全英オープン −2 (69-68-75-70=282) 4 strokes イングランドの旗 ピーター・オーステルハイス英語版
22 9 Apr 1978 マスターズ・トーナメント −11 (72-72-69-64=277) 1 stroke アメリカ合衆国の旗 ロッド・ファンセス英語版, アメリカ合衆国の旗 ヒューバート・グリーン, アメリカ合衆国の旗 トム・ワトソン
23 16 Apr 1978 MONYトーナメント・オブ・チャンピオンズ −7 (70-68-76-67=281) 2 strokes アメリカ合衆国の旗 アンディ・ノース英語版, アメリカ合衆国の旗 リー・トレビノ
24 23 Apr 1978 ヒューストン・オープン −18 (64-67-70-69=270) 1 stroke アメリカ合衆国の旗 アンディ・ビーン

太字はメジャー大会

欧州・国際優勝[編集]

南アフリカツアー (現サンシャインツアー)[1]
計73勝

  • East Rand Open: 1955, 1956
  • General Motors Open: 1971, 1973, 1974, 1975, 1976
  • ICL International: 1977
  • Liquid Air Tournament: 1963
  • Natal Open: 1958, 1959, 1960, 1962, 1966, 1968
  • Nissan Skins Game: 1986, 1988, 1991
  • Rand International Open: 1974
  • Richelieu Grand Prix, Capetown: 1963
  • Richelieu Grand Prix, Johannesburg: 1963
  • South African Masters: 11勝 (1960, 1964, 1967, 1971, 1972, 1973, 1974, 1976, 1977, 1979(x2))
  • 南アフリカオープン英語版: 13勝 (1956, 1960, 1965, 1966, 1967, 1968, 1969, 1972, 1975, 1976, 1977, 1979, 1981)
  • 南アフリカPGA選手権: 1959, 1969, 1979, 1982
  • Sponsored 5000: 1963
  • Sun City Classic: 1979
  • Trophee Boigny: 1980
  • Transvaal Open: 1959, 1960, 1962, 1963, 1966
  • Western Province Open: 1957, 1959, 1960, 1968, 1971, 1972

豪PGA
計18勝:[1]

その他
その他計25勝を挙げている:[1]

  • Alfred Dunhill Challenge: 1995
  • ブラジルオープン: 1972, 1974
  • チリオープン: 1980
  • Chrysler Cup: 1987
  • Dunlop Tournament (England): 1956
  • Egyptian Match Play: 1955
  • Ibergolf Tournament (Spain): 1974
  • JALオープン (日本): 1972
  • Johnnie Walker Trophy (Spain): 1984
  • La Manga Tournament (Spain): 1974
  • NTL Challenge Cup (Canada): 1965
  • Piccadilly World Match Play Championship: 5勝
  • Skins Game: 1983
  • Sprite Tournament: 1960
  • Trophée Lancôme: 1975
  • ワールドカップ: individual title in 1965 and 1977
  • ワールドシリーズ・オブ・ゴルフ: 1965, 1968 and 1972 (PGAツアー非公認)
  • 読売プロ (日本): 1961

チャンピオンズツアー (19)[編集]

No. 年月日 トーナメント スコア 打差 2位(タイ)
1 23 Nov 1985 Quadel Seniors Classic −11 (73-64-68=205) 3 strokes アメリカ合衆国の旗 Jim Ferree, アメリカ合衆国の旗 Ken Still
2 16 Feb 1986 ゼネラルフーヅシニアPGA選手権 −12 (68-68-73-72=281) 2 strokes アメリカ合衆国の旗 リー・エルダー英語版
3 18 May 1986 United Hospitals Senior Golf Championship −4 (66-70-70=206) 1 stroke ニュージーランドの旗 ボブ・チャールズ, アメリカ合衆国の旗 リー・エルダー
4 1 Jun 1986 Denver Post Champions of Golf −8 (70-67-71=208) Playoff アルゼンチンの旗 ロベルト・デ・ビセンゾ英語版
5 14 Jun 1987 マツダ・シニア・トーナメント・プレーヤーズ選手権 −8 (69-73-69-69=280) 1 stroke オーストラリアの旗 ブルース・クランプトン英語版, アメリカ合衆国の旗 チチ・ロドリゲス英語版
6 12 Jul 1987 全米シニアオープン −14 (69-68-67-66=270) 6 strokes アメリカ合衆国の旗 ダグ・サンダース英語版
7 13 Sep 1987 PaineWebber World Seniors Invitational −9 (68-67-72=207) Playoff ニュージーランドの旗 ボブ・チャールズ
8 14 Feb 1988 ゼネラルフーヅシニアPGA選手権 −4 (69-73-72=70=284) 3 strokes アメリカ合衆国の旗 チチ・ロドリゲス
9 28 Feb 1988 Aetna Challenge −9 (70-70-67=207) 1 stroke アメリカ合衆国の旗 デイブ・ヒル
10 26 Jun 1988 Southwestern Bell Classic −13 (69-68-66=203) Playoff 南アフリカ共和国の旗 ハロルド・ヘニング英語版
11 8 Aug 1988 全米シニアオープン E (74-71-70-73=288) Playoff ニュージーランドの旗 ボブ・チャールズ
12 11 Sep 1988 GTE North Classic −15 (70-65-66=201) 2 strokes アメリカ合衆国の旗 デイブ・ヒル
13 10 Sep 1989 GTE North Classic −9 (67-68=135) 1 stroke アメリカ合衆国の旗 ビリー・キャスパー英語版, アメリカ合衆国の旗 アル・ガイバーガー英語版, アメリカ合衆国の旗 ジョー・ヒメネス英語版
14 8 Oct 1989 RJR Championship −3 (65-71-71=207) 1 stroke アメリカ合衆国の旗 Rives McBee
15 15 Apr 1990 全米プロシニアゴルフ選手権 −7 (74-69-65-73=281) 2 strokes アメリカ合衆国の旗 チチ・ロドリゲス
16 3 Feb 1991 Royal Caribbean Classic −13 (67-65-68=200) 2 strokes ニュージーランドの旗 ボブ・チャールズ, アメリカ合衆国の旗 チチ・ロドリゲス, アメリカ合衆国の旗 リー・トレビノ
17 19 Sep 1993 Bank One Senior Classic −14 (68-68-66=202) 3 strokes アメリカ合衆国の旗 デイル・ダグラス英語版
18 24 Sep 1995 Bank One Classic −5 (72-75-64=211) 2 strokes アメリカ合衆国の旗 ジャック・キーファー英語版
19 23 Aug 1998 Northville Long Island Classic −12 (68-68-68=204) 1 stroke アメリカ合衆国の旗 ウォルター・ホール英語版, アメリカ合衆国の旗 J.C.スニード英語版

太字はメジャー大会。

欧州・その他優勝 (15)[編集]

  • 1986 Senior Skins Game (South Africa)
  • 1987 Northville Invitational (United States), German PGA Team Championship
  • 1988 全英シニアオープン (ヨーロピアンシニアツアー), Nissan Senior Skins (South Africa)
  • 1990 全英シニアオープン (European Seniors Tour)
  • 1991 Nissan Senior Skins (南アフリカ)
  • 1993 Irish Senior Masters (European Seniors Tour)
  • 1997 第一生命カップシニア (日本), 全英シニアオープン (ヨーロピアンシニアツアー), Shell Wentworth Senior Masters (ヨーロピアンシニアツアー),
  • 2000 Senior Skins Game (U.S. – unofficial event)
  • 2005 Nelson Mandela Invitational (Sunshine Tour – unofficial event)
  • 2009 Liberty Mutual Legends of Golf – Demaret Division (with ボブ・チャールズ)
  • 2010 Liberty Mutual Legends of Golf – Demaret Division (with ボブ・チャールズ)

全英シニアオープンは当時チャンピオンズツアーの大会に組めていない。

競馬[編集]

1964年から競走馬の生産に取り組んでいる[2]。1974年、北ケープ州にある牧場を取得[3]。2003年時点では110頭の繁殖牝馬と6頭の種牡馬を所有していた[2]。2009年にはアメリカにおいてBreeders' Cup Sports and Racing Excellence Awardを受賞している[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c http://garyplayer.com/legend/the_victories/
  2. ^ a b from track reports (2003年6月30日). “Golf Star Player Meets Turf Star Ipi Tombe” (英語). BloodHorse.com. 2012年7月3日閲覧。
  3. ^ Sarah Whitelaw (2012年2月21日). “Gary Player - A South African Legend” (英語). Gavelhouse. 2012年7月3日閲覧。
  4. ^ Gary Player wins inaugural Breeders’ Cup award” (英語). Thoroughbred Times (2009年10月30日). 2012年7月3日閲覧。

外部リンク[編集]