マーク・オメーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・オメーラ
Mark O'Meara Golf pictogram.svg
MarkOMeara2004.jpg
基本情報
生年月日 1957年1月13日(57歳)
出身地 アメリカノースカロライナ州
利き手
成績
優勝回数 PGAツアー:16勝
欧州ツアー:4勝
世界ランク最高位 2位
2012年12月2日現在
テンプレートを表示

マーク・オメーラMark O'Meara, 1957年1月13日 - )は、アメリカノースカロライナ州出身のプロゴルファーである。1998年マスターズ全英オープンで優勝し、メジャー大会年間2冠を獲得した。世界ランキング自己最高位は2位。アメリカPGAツアーで通算16勝、国際試合で8勝を挙げる。日本ゴルフツアーでも1985年の「フジサンケイクラシック」と1992年の「東海クラシック」で優勝がある。

プロフィール[編集]

13歳からゴルフを始め、1980年にプロ入り。1984年に「グレーター・ミルウォーキー・オープン」でPGAツアー初優勝。1985年日本の「フジサンケイクラシック」で優勝し、7年後の1992年に「東海クラシック」で日本ゴルフツアー2勝目を挙げた。長年にわたって安定した成績を維持しながらも、メジャー大会の優勝とは無縁であったが、1998年マスターズで最終日に「67」(5 アンダー)の好スコアを出し、フレッド・カプルスデビッド・デュバルジム・フューリクらの追撃を振り切って初優勝を飾る。伝統のグリーン・ジャケット授与式でオメーラを待っていた大会前年優勝者は、忘れ難い最年少優勝記録を樹立したタイガー・ウッズだった。(22歳のウッズは8位タイに終わった。)オメーラは全米オープンでは32位にとどまったが、全英オープンで最終日にブライアン・ワッツアメリカ)とイーブンパー(E, 280ストローク)で並び、ワッツとのプレーオフを制してメジャー大会年間2冠を獲得した。全米プロゴルフ選手権でも4位に入り、10月中旬の「シスコ世界マッチプレー選手権」で優勝した時は、36ホールの決勝でウッズに土壇場から逆転勝ちしている。この年はPGAツアーの「年間最優秀選手」(Player of the Year)の選考で、メジャー大会年間2冠獲得のオメーラか、年間賞金ランキング1位(賞金王)のデビッド・デュバルのどちらを選出するかで難航したが、オメーラが初の年間最優秀選手に輝いた。

アメリカツアーでは1998年全英オープンを最後に優勝から遠ざかっているが、2004年3月にアラブ首長国連邦ドバイで開かれた「ドバイ・デザート・クラシック」で6年ぶりの優勝を挙げた。2007年から、オメーラは50歳以上の選手を対象とする「チャンピオンズツアー」に転戦を開始した。

オメーラの自宅はフロリダ州オーランドにあり、タイガー・ウッズの家とは100メートルほどしか離れていない。そのため、オメーラはウッズにとって最大の親友である。ツアーでもオメーラとウッズは行動をともにすることが多い。現在ではオメーラの名前は「ウッズの親友」として最もよく知られるようになった。

プロ優勝 (34)[編集]

PGAツアー優勝 (16)[編集]

Legend
Major championships (2)
Other PGA Tour (14)
No. 年月日 トーナメント スコア パー 打差 2位(タイ)
1 Sep 16, 1984 グレーター・ミルウォーキー・オープン 67-68-69-68=272 −16 5打差 アメリカ合衆国の旗 トム・ワトソン
2 Feb 3, 1985 ビング・クロスビー・ナショナルプロアマ 70-72-68-73=283 −5 1打差 日本の旗 新井規矩雄, アメリカ合衆国の旗 ラリー・リンカー,
アメリカ合衆国の旗 カーティス・ストレンジ
3 Feb 10, 1985 ハワイアン・オープン 67-66-65-69=267 −21 1打差 アメリカ合衆国の旗 クレイグ・スタドラー
4 Jan 29, 1989 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ 66-68-73-70=277 −11 1打差 アメリカ合衆国の旗 トム・カイト
5 Feb 4, 1990 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ 67-73-69-72=281 −7 2打差 アメリカ合衆国の旗 ケニー・ペリー
6 Oct 7, 1990 H.E.B.テキサス・オープン 64-68-66-63=261 −19 1打差 アメリカ合衆国の旗 ゲーリー・ホールバーグ
7 Oct 16, 1991 Walt Disney World/Oldsmobile Classic 66-66-71-64=267 −21 1打差 アメリカ合衆国の旗 デビッド・ピープルズ
8 Feb 2, 1992 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ 69-68-68-70=275 −13 Playoff アメリカ合衆国の旗 ジェフ・スルーマン
9 Mar 12, 1995 ホンダ・クラシック 68-65-71-71=275 −9 1打差 イングランドの旗 ニック・ファルド
10 Sep 10, 1995 ベル・カナディアン・オープン 72-67-68-67=274 −14 Playoff アメリカ合衆国の旗 ボブ・ローア
11 Jan 7, 1996 メルセデス選手権 68-69-66-68=271 −17 3打差 イングランドの旗 ニック・ファルド, アメリカ合衆国の旗 スコット・ホーク
12 Apr 28, 1996 Greater Greensboro Chrysler Classic 75-68-62-69=274 −14 2打差 アメリカ合衆国の旗 ダフィー・ウォルドーフ
13 Feb 2, 1997 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ 67-67-67-67=268 −20 1打差 アメリカ合衆国の旗 デビッド・デュバル, アメリカ合衆国の旗 タイガー・ウッズ
14 Feb 9, 1997 ビュイック招待 67-66-71-71=275 −13 2打差 アメリカ合衆国の旗 デービッド・オグリン, アメリカ合衆国の旗 ドニー・ハモンド,
スウェーデンの旗 イェスパー・パーネビック, アメリカ合衆国の旗 クレイグ・スタドラー,
アメリカ合衆国の旗 リー・ジャンセン, アメリカ合衆国の旗 マイク・ハルバート,
アメリカ合衆国の旗 ダフィー・ウォルドルフ
15 Apr 12, 1998 マスターズ 74-70-68-67=279 −9 1打差 アメリカ合衆国の旗 フレッド・カプルス, アメリカ合衆国の旗 デビッド・デュバル
16 Jul 19, 1998 全英オープン 72-68-72-68=280 E Playoff アメリカ合衆国の旗 ブライアン・ワッツ

欧州ツアー (4)[編集]

日本ツアー (2)[編集]

その他 (11)[編集]

チャンピオンズツアー (2)[編集]

Legend
Champions Tour major championships (1)
Other Champions Tour (1)
No. 年月日 トーナメント スコア パー 打差 2位(タイ)
1 Apr 25, 2010 Liberty Mutual Insurance Legends of Golf
(with ニック・プライス)
62-64-62=188 −28 Playoff アメリカ合衆国の旗 ジョン・クック & アメリカ合衆国の旗 ジョーイ・シンデラー
2 Oct 10, 2010 シニア・プレーヤーズ選手権 68-68-69-68=273 −7 Playoff アメリカ合衆国の旗 マイケル・アレン

外部リンク[編集]