イアン・ウーズナム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イアン・ウーズナム
Ian Woosnam Golf pictogram.svg
Woosnam 1989.JPG
基本情報
生年月日 1958年3月2日(56歳)
出身地 イングランド・オスウェストリー
身長 165cm
体重 76kg
利き手
プロ転向 1976年
成績
優勝回数 欧州28・国際8
メジャー:1991年マスターズ
欧州シニア:1
賞金王 欧州1987年・90年
世界ランク最高位 1位
賞金ランク最高位 1位(欧州1987年・90年)
テンプレートを表示

イアン・ウーズナムIan Woosnam, 1958年3月2日 - )は、ウェールズプロゴルファーである。イングランド領のオスウェストリーに生まれる。1991年マスターズ・トーナメント優勝者で、男子ゴルフの世界ランキング1位も通算「50週」保持した名選手である。ウーズナムという姓が読みづらいことから“Woosie”(ウージー)と呼ばれている。これまでにヨーロッパツアーで28勝、国際試合で通算8勝を挙げ、マスターズを含めると総計「37勝」を記録している。身長165cm、体重76kgで、プロゴルファーとしても小柄な体格だが、全盛期はツアー屈指の飛ばし屋であり、ベルンハルト・ランガーをして「あの小さな身体でボールをあんなに飛ばせるのだから、彼のスイングが理想のスイングだ」と言わしめた。また、全盛期に日本のゴルフクラブメーカーと契約し、来日してクラブフィッティングを行っていたことでも知られる。

ウーズナムは両親ともウェールズ人の家庭に生まれた。彼は少年時代、ウェールズとイングランドの国境に接したコースでゴルフを学んだが、その練習場は15ホールがウェールズ領に、他の3ホールはイングランド領に入っていたという。1976年にプロ入り。1982年に「エーベル・スイス・オープン」でプロ初優勝を飾る。1983年からアメリカ代表チームとヨーロッパ選抜代表チームで争われるゴルフ団体戦「ライダーカップ」のヨーロッパ選抜代表に選ばれ、以後1997年の大会まで「8回連続」出場を果たす。1987年1990年の2度ヨーロッパツアーの賞金王(賞金ランキング1位)に輝いたが、最初の1987年はヨーロッパツアーでの年間獲得賞金額で「100万ドル」を突破した史上初の選手になった。33歳で臨んだ1991年の第55回マスターズ・トーナメントで、ウーズナムは2位に1打差の11アンダーパー(-11, 72-66-67-72の277ストローク)でキャリア唯一のメジャー優勝を果たした。ウーズナムは3日目終了時点で-11で単独首位、最終日の4月13日は最終組でトム・ワトソンと午後1時59分(日本時間14日午前2時59分)スタートで廻った。最終日にウーズナムがスコアを伸ばせないでいると、米国のワトソンとスペインホセ・マリア・オラサバルが追撃してきた。1組前のオラサバルは13番ホールから3連続バーディで、15番ホール終了時点で-11。ワトソンはパットが不調で出入りの激しいラウンドだったが、13番ホールで5mのパットを入れイーグル、15番ホールでも第2打をピン左2.5mにつけて、この日2つめのイーグルを奪って-11。15番ホール終了時点から17番ホール終了時点まで3人が-11に並び、最終18番ホール(パー4)で勝敗が分かれた。まず、オラサバルが18番ホールに臨んだが、ドライバーでの第1打がフェアウェイ左のバンカーに捕まり、続く7番アイアンでの第2打もグリーン手前のバンカーに捕まって、3オン2パットのボギーで-10に後退。最終組の18番ホールの第1打のドライバーショットは、ワトソンがフェアウェイ右の林に打ち込むと、ウーズナムはドローボールで攻めてフェアウェイ左の浅いラフに打ち込み、二人とも第2打はリカバリーショットとなった。ワトソンは3番アイアンで攻めてグリーン手前のバンカーに捕まったのに対し、ウーズナムの9番アイアンのショットは前方のマウンドとバンカーを越え、グリーン左に少し外れたが成功した。ワトソンの第3打はピンに絡んでグリーン奥に3オンしたが距離を残し、短いボギーパットも外して3パットでダブルボギー、-9に後退して3位タイ。ウーズナムはパターで3オンして、残り8フィートを1パットで沈めてパーの逃げ切りで勝利したが、この日4回目の1パットでのパーセーブだった。

それから10年後の2001年、ウーズナムは43歳で全英オープンに20度目の挑戦を行い(ロイヤルリザム&セントアンズでの第130回大会)、久々にメジャー大会の優勝争いに絡んだ。3日目終了時点で、デビッド・デュバルベルンハルト・ランガーアレクサンダー・チェイカと6アンダーで首位タイに並んだが、最終日の7月22日、ハプニングに見舞われた。最終ラウンド前の練習で、ウーズナムはこの日使うクラブを選定していたが、コースに出る際ウーズナムもキャディのマイルス・バーンもクラブセッティングの確認を怠り、バッグに規定の本数より1本多く入れた状態(ドライバーが2本で、計15本)でラウンドを開始、2番ホール(パー4)のティーグラウンドでティーショットを打つ前にそのミスに気づいたのである。このため、ウーズナムにはゴルフ規則により1番ホールのスコアに2打罰が加えられ、1番ホールのバーディがボギーとなった。最終日はデュバルが抜け出して、2位のニクラス・ファストに3打差、3位タイのウーズナムに4打差の10アンダー(274)で初優勝を飾った。試合後、ウーズナムは「1番ホールはパー3で、アイアンでのティーショットだった。1番ホールがパー4か5だったら、ラウンド前に違反に気づいたはず」とコメントした。

2006年度のライダーカップで、ウーズナムは初めてヨーロッパ選抜チームの代表監督を務め、18.5点(ヨーロッパチーム)-9.5点(アメリカチーム)でヨーロッパを勝利に導いた。ウェールズ出身の選手がライダーカップの監督を務めたのは、大会史上3人目のことであった。50歳を迎えた2008年からは、ヨーロッパのシニアツアーでプレーしている。

プロ優勝 (50)[編集]

ヨーロピアンツアー (29)[編集]

Legend
Major championships (1)
Other European Tour (28)
No. Date Tournament 優勝スコア 打差 2位(タイ)
1 29 Aug 1982 Ebel Swiss Open −16 (68-68-66-70=272) Playoff スコットランドの旗 ビル・ロングミュア英語版
2 5 Jun 1983 Silk Cut Masters英語版 −15 (68-69-67-65=269) 3 strokes スコットランドの旗 バーナード・ギャラガー英語版
3 8 Aug 1984 Scandinavian Enterprise Open −4 (71-70-69-70=280) 3 strokes アメリカ合衆国の旗 ピーター・テラベイネン英語版
4 21 Sep 1986 Lawrence Batley International T.P.C. −11 (71-71-66-69=277) 7 strokes スコットランドの旗 ケン・ブラウン, スペインの旗 ホセ・マリア・カニサレス英語版
5 12 Apr 1987 Jersey Open −9 (68-67-72-72=279) 1 stroke アメリカ合衆国の旗 ビル・マリー
6 26 Apr 1987 Cepsa Madrid Open −19 (67-67-69-66=269) 3 strokes オーストラリアの旗 ウェイン・グラディ英語版
7 11 Jul 1987 Bell's Scottish Open −20 (65-65-66-68=264) 7 strokes オーストラリアの旗 ピーター・シニア英語版
8 20 Sep 1987 トロフィー・ランコム英語版 −24 (65-64-69-66=264) 2 strokes ジンバブエの旗 マーク・マクナルティ英語版
9 30 May 1988 ボルボPGA選手権 −14 (67-70-70-67=274) 2 strokes スペインの旗 セベ・バレステロス, イングランドの旗 マーク・ジェームズ
10 21 Aug 1988 Carroll's Irish Open英語版 −10 (68-70-70-70=278) 7 strokes スペインの旗 セベ・バレステロス, イングランドの旗 ニック・ファルド,
スペインの旗 マヌエル・ピネイロ英語版, アイルランド共和国の旗 デス・スミス英語版
11 11 Sep 1988 Panasonic European Open英語版 −20 (65-66-64-65=260) 3 strokes イングランドの旗 ニック・ファルド
12 25 Jul 1989 アイリッシュ・オープン −10 (70-67-71-70=278) Playoff アイルランド共和国の旗 フィリップ・ウォルトン英語版
13 4 Mar 1990 Amex Med Open −6 (68-68-74=210) 2 strokes スペインの旗 ミゲル・アンヘル・マーティン, アルゼンチンの旗 エドアルド・ロメロ
14 7 Jul 1990 Torras Monte Carlo Open −18 (66-67-65-60=258) 5 strokes イタリアの旗 コスタンティノ・ロッカ
15 14 Jul 1990 Bell's Scottish Open −15 (72-62-67-68=269) 4 strokes ジンバブエの旗 マーク・マクナルティ英語版
16 30 Sep 1990 Epson Grand Prix of Europe −13 (65-67-67-72=271) 3 strokes ジンバブエの旗 マーク・マクナルティ英語版, スペインの旗 ホセ・マリア・オラサバル
17 3 Mar 1991 Fujitsu Mediterranean Open −5 (70-71-71-67=279) 1 stroke イングランドの旗 マイケル・マクリーン英語版
18 14 Apr 1991 マスターズ・トーナメント −11 (72-66-67-72=277) 1 stroke スペインの旗 ホセ・マリア・オラサバル
19 6 Jul 1991 Torras Monte Carlo Golf Open −15 (67-66-61-67=261) 4 strokes スウェーデンの旗 アンダース・フォースブランド英語版
20 4 Jul 1992 European Monte Carlo Open −15 (66-65-66-64=261) 2 strokes ジンバブエの旗 マーク・マクナルティ英語版, スウェーデンの旗 Johan Rystrom
21 22 Aug 1993 Murphy's English Open −19 (71-67-65-66=269) 2 strokes イタリアの旗 コスタンティノ・ロッカ
22 19 Sep 1993 トロフィー・ランコム −13 (64-70-68-65=267) 2 strokes スコットランドの旗 サム・トーランス英語版
23 1 May 1994 Air France Cannes Open英語版 −17 (72-70-63-66=271) 5 strokes スコットランドの旗 コリン・モンゴメリー
24 18 Sep 1994 ダンヒル・ブリティッシュ・マスターズ −17 (71-70-63-67=271) 4 strokes スペインの旗 セベ・バレステロス
25 28 Jan 1996 ジョニー・ウォーカー・クラシック英語版 −16 (69-68-69-66=272) Playoff スコットランドの旗 アンドリュー・コルタート英語版
26 4 Feb 1996 ハイネケン・クラシック −11 (69-71-65-72=277) 1 stroke アイルランド共和国の旗 ポール・マッギンリー英語版, フランスの旗 ジャン・ヴァン・デ・ヴェルデ
27 13 Jul 1996 スコティッシュ・オープン +1 (70-74-70-75=289) 4 strokes スコットランドの旗 アンドリュー・コルタート英語版
28 25 Aug 1996 Volvo German Open −20 (64-64-65=193) 6 strokes ドイツの旗 Thomas Gögele, スウェーデンの旗 ロバート・カールソン英語版,
イングランドの旗 イアン・パイマン英語版, スペインの旗 フェルナンド・ロカ
29 26 May 1997 ボルボPGA選手権 −13 (67-68-70-70=275) 2 strokes 北アイルランドの旗 ダレン・クラーク, 南アフリカ共和国の旗 アーニー・エルス,
イングランドの旗 ニック・ファルド

PGAツアー (2)[編集]

Legend
Major championships (1)
Other PGA Tour (1)
No. Date Tournament 優勝スコア 打差 2位
1 24 Mar 1991 USF&Gクラシック −13 (73-67-68-67=275) Playoff アメリカ合衆国の旗 ジム・ハレット英語版
2 14 Apr 1991 マスターズ・トーナメント −11 (72-66-67-72=277) 1 stroke スペインの旗 ホセ・マリア・オラサバル

その他 (15)[編集]

欧州シニア (4)[編集]

No. Date Tournament 優勝スコア 打差 2位
1 1 Jun 2008 Parkridge Polish Seniors Championship −14 (71-68-63=202) 1 stroke スペインの旗 ドミンゴ・ホスピタル
2 6 Jul 2008 Russian Seniors Open −12 (67-67-70=204) 3 strokes パラグアイの旗 アンヘル・フランコ
3 7 Jun 2009 Irish Seniors Open −2 (74-70-67=211) 1 stroke アメリカ合衆国の旗 ボブ・ボイド
4 19 Jun 2011 Berenberg Bank Masters −9 (71-70-66=207) 2 strokes チリの旗 アンヘル・フェルナンデス

その他シニア優勝 (1)[編集]

日本との関係[編集]

国際スポーツ振興協会の国際アンバサダーをつとめている[1]

脚注[編集]

  1. ^ Ian Woosnam”. 国際スポーツ振興協会. 2014年7月3日閲覧。

外部リンク[編集]