ルーク・ドナルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーク・ドナルド
Luke Donald Golf pictogram.svg
Luke Donald.jpg
基本情報
生年月日 1977年12月7日(36歳)
出身地 イングランド・ハートフォードシャー州ヘメル・ヘンプステッド
身長 175cm
体重 73kg
利き手
プロ転向 2001年
成績
優勝回数 米国5・欧州7・日本2
初優勝 2002年サザンファーム・ビューロ・クラシック(米国ツアー)
賞金王 欧州ツアー:2011年
PGAツアー:2011年
世界ランク最高位 1位
賞金ランク最高位 欧州ツアー:1位
PGAツアー:1位
2013年11月25日現在
テンプレートを表示

ルーク・ドナルドLuke Donald, 1977年12月7日 - )は、イングランドハートフォードシャーヘメル・ヘンプステッド出身のプロゴルファー2004年ワールドカップゴルフで、ポール・ケーシーと組んだ優勝もある。世界ランキング自己最高位は1位。

経歴[編集]

ルークは3人兄弟の末っ子として生まれ、長兄のクリス・ドナルドがキャディを務める。アマチュア時代は「ウォーカーカップ」で欧州チームの2度の優勝に貢献した。彼はイングランド出身であるが、学生時代はアメリカノースウェスタン大学に通い、オールアメリカンにも4度選出された。

2001年11月のアメリカPGAツアー「クオリファイイング・スクール」(シード権獲得のための資格試験)に合格し、2002年からPGAツアーのメンバーになる。それ以来、アメリカツアーとヨーロッパツアーで活躍。2004年EMCワールドカップではポール・ケーシーと組んで優勝を手にした。イングランド・チームの2人は4日間通算 257 ストロークで回り、2位のスペイン・チーム(セルヒオ・ガルシアミゲル・アンヘル・ヒメネス組)に1打差をつけて優勝した[1]ライダーカップでは2004年・2006年・2010年・2012年に欧州代表として出場した。

2011年5月、欧州ツアーのPGA選手権で優勝し、世界ランキング1位となった。イングランドの選手としてはニック・ファルドリー・ウエストウッドに次いで3人目。 また、この年には史上初となる同一シーズンでの欧州PGAツアーとアメリカPGAツアーの同時賞金王の快挙を成し遂げた。

親日家であり、MIZUNOを使用している[2]2012年ダンロップフェニックストーナメントでは日本ツアー初優勝した。

ツアー優勝歴[編集]

PGAツアー(5勝)[編集]

欧州ツアー(7勝)[編集]

日本ツアー(2勝)[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]