セベ・バレステロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セベ・バレステロス
Seve Ballesteros Golf pictogram.svg
Seve Ballesteros 2006-07-19.jpg
基本情報
生年月日 1957年4月9日
没年月日 2011年5月7日(満54歳没)
出身地 スペインの旗 スペインカンタブリア州ペドレーニャ
利き手
成績
優勝回数 マスターズ: 2勝 (1980年1983年)
全英オープン: 3勝 (1979年1984年1988年)
日本オープン: 2勝 (1977年1978年) など
2009年2月26日現在
テンプレートを表示

セベ・バレステロスSeve Ballesteros、本名: Severiano Ballesteros Sota (セベリアーノ・バジェステーロス・ソタ) 、1957年4月9日 - 2011年5月7日)はスペインカンタブリア州ペドレーニャ出身のプロゴルファー。「セベ」の愛称で親しまれ、欧州ツアー50勝(歴代1位)[1]、米PGAツアー9勝、日本でも日本オープン2年連続優勝[2]など全世界で91勝を挙げるなどし、ゴルフ史上に残る名プレーヤーの一人に数えられる。

来歴[編集]

酪農家の家庭[1][3]に男ばかり4人兄弟の末っ子として生まれる[2]キャディアルバイトをしていた兄の影響でゴルフに触れ、7歳のときにもらった3番アイアンのヘッドに枯れ枝を取り付けてクラブに見立て、小石を打つなどして遊ぶことによりゴルファーとしての基礎を自然と身に付けた。8歳になると本物の3番アイアンを手に入れ自分の体の一部のように終始離さず、たった一個のボールが擦り切れて中のゴムが露出するまで打ち続けた彼は、12歳の頃にはスクラッチプレーヤーの腕前に達し、1974年わずか16歳でプロとなる早熟ぶりだった[2][3]。180cm・78kgのバランスの取れた体格はゴルフをするために生まれてきたと評され[4]プロ転向してから2年後の1976年に欧州ツアー初優勝[2]、この年19歳の若さで欧州ツアーの賞金王に輝いた[2][5]1976年マスターズ直前にはアメリカゴルフダイジェスト誌が「史上初めての10代優勝の可能性」と特集を組むほどの逸材だった。日本ツアーでも1977年に日本オープンでツアー史上最年少優勝を飾った。マスターズの初優勝は1980年だったが[2]、当時の最年少優勝記録を更新する勝利だった(後にこの記録はタイガー・ウッズに破られた)[1]。その前年22歳で全英オープンメジャー大会初優勝[2]。メジャー大会では通算5勝している。

また1997年ライダーカップではキャプテンとしてホセ・マリア・オラサバルミゲル・アンヘル・ヒメネススペイン語版らと共に[6]ヨーロッパチームを勝利に導いた[7]1999年世界ゴルフ殿堂入り[1]。 全盛期の1980年代には世界ランキング1位を通算「61週」保持[1][8]するなどの強さを誇り、マスターズ初優勝時にはコメントを求められたジャック・ニクラスが「彼の将来にはたくさんのグリーンジャケットが待っている」と語るなど期待されていた。

しかし1991年に6回目の欧州ツアー賞金王を獲得以降次第にスランプへ陥る。その後メタルウッドチタンウッドが登場した頃からスイング改造の失敗でさらに調子を崩し世界ランキングは急降下、腰痛や膝痛にも悩まされて全盛期の輝きを取り戻すことなく2007年7月16日に競技ゴルフから退く事を表明した(最後の欧州ツアー優勝は1995年[2])。2008年10月6日スペインマドリード空港で倒れ意識不明のまま病院に搬送された。精密検査の結果、脳腫瘍と判明[2]。計4度の腫瘍摘出手術と化学療法により[9]一旦はゴルフができるまでに回復したが、2011年5月7日に長い闘病生活の末にペドレニャの自宅で亡くなった[6]。54歳没[2][10]

彼の訃報に対してタイガー・ウッズは独創性を評価、ジャック・ニクラスは「情熱を持ち、偉大なエンターテイナーであった」、ニック・プライスは「ほとんどの選手は30から40種類の技術しか持っていないところ、1万通りの技術を持っていた」と語り[6]欧州PGAツアーはバレステロスの存在なくしてなかったと述べた[7]。また中嶋常幸は1986年のマスターズでの思い出を語りながらライバルの死に涙を流し[1]青木功フロリダ州の家に招待されたこと、尾崎将司はトラブルからの神懸り的な脱出ショットについての思い出を語った[11]石川遼も隣のホールや林の中からのリカバリーショットなどの伝説にあこがれていたと語った[12]

プレースタイル[編集]

全盛期には天才の名を欲しいままにし、圧倒的な存在感でライバルたちを恐れさせた。彼のゴルフスタイルはジーン・サラゼンの言葉に代表される様に飛ばし屋の攻撃的ゴルファーの典型だった。ドライバーの安定感はトップ選手らしからぬものだったが、アイアンショットの切れ味鋭く、また多種多様なショットを放つことができ、林の中からなどグリーンを簡単には狙えないような所からでもバーディーを奪ったりすることから、「七色のアイアンショット」と呼ばれた。

プレーを語るにあたり非常に有名なのが1979年の全英オープンでの最終日の“駐車場ショット”である。16番ホールでティーショットを大きく右に曲げ臨時駐車場の車の下にボールを打ち込んでしまったセベは、ルール上の救済により車を移動し打球可能な状態にはなったが、優勝を争う立場としては苦しい状況となった。ところがこの芝生の生えていない土の上から、グリーンも見えない中、ホールカップからわずか4mあまりの所にボールを乗せ、まさかのバーディーを奪い自身初めてのメジャータイトル獲得を手繰り寄せた。このプレーは全英オープンの語り草となっている。またアプローチやバンカーショットなどのショートゲームも巧みで、特にパッティングはゴルフ史上に残る名手の一人と評される。

生前に寄せられた論評

日本での活躍[編集]

既に世界のトッププレーヤーとなっていた1970年代後半から1980年代にかけて毎年のように来日し、1977年には20歳7ヶ月で日本オープンに優勝し日本ツアー最年少優勝記録を作った(2007年に石川遼が更新するまで最年少記録として残った[13][14])。1978年の日本オープンでも2連覇を果たしたほか、三井住友VISA太平洋マスターズでは1988年(当時: VISA太平洋マスターズ)に勝ち、ダンロップフェニックスでは1977年1981年の2度の優勝がある等たびたび上位に顔を出したため日本人選手にとっても強敵[15]だった。日本ツアーでの最後の優勝は、1991年中日クラウンズ。

またサッポロ「黒ラベル」のCMに出演するなど、日本での人気も高かった[1]。また2000年代になってからも、ときおりゴルフ雑誌で特集が組まれるなどしている。2011年3月11日の東日本大震災の5日後、3月16日には自身のHPに「日本、私はあなたとある」と記していた[1][6]

メジャー大会優勝[編集]

その他[編集]

彼がコース監修に携わったゴルフクラブは3ヵ所ある。

参考文献[編集]

  • ゴルフダイジェスト社『チョイス』2002年5月号、2010年11月号
  • 『カンピオン―世界最強ゴルファー、セベ・バレステロスのすべて』、 ハル常住、 日本文化出版社、1989年11月発行

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 「さよなら、セベ」バレステロス氏、54歳で死去…青木も中嶋も涙”. 報知新聞 (2011年5月8日). 2011年5月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j セベ・バレステロス氏死去54歳早すぎるよ”. 日刊スポーツ. 2011年5月8日閲覧。
  3. ^ a b メジャー5戦の天才・バレステロス氏、死去 (2/2ページ)”. サンケイスポーツ (2011年5月8日). 2011年5月8日閲覧。
  4. ^ 「生まれつき左腕に比べ右腕が長いため、右肩を下げずにグリップできる」と語ったことがあり、これはゴルフをするのに有利とされる。
  5. ^ 遼決めた!世界最年少賞金王/男子ゴルフ”. 日刊スポーツ (2009年12月7日). 2011年5月8日閲覧。
  6. ^ a b c d 54歳の若さで…セベ・バレステロス氏死去”. スポーツニッポン (2011年5月8日). 2011年5月8日閲覧。
  7. ^ a b ニクラウスもウッズもセベ死去悼む”. 日刊スポーツ (2011年5月8日). 2011年5月8日閲覧。
  8. ^ 世界ランキングを算出するようになったのは1983年以降の成績をもとに1986年から。
  9. ^ バレステロス氏病状、深刻な状態に”. 日刊スポーツ (2011年5月6日). 2011年5月8日閲覧。
  10. ^ バレステロス氏死去=メジャー5勝の名手、54歳-男子ゴルフ”. 時事通信 (2011年5月7日). 2011年5月7日閲覧。
  11. ^ 悲報に涙…中嶋が、尾崎が、青木が”. 日刊スポーツ (2011年5月7日). 2011年5月8日閲覧。
  12. ^ 遼、セベ訃報に「ショック」/国内男子”. サンケイスポーツ (2011年5月8日). 2011年5月8日閲覧。
  13. ^ カリスマ2世・遼「ウッズと同時に憧れ」”. デイリースポーツ (2011年5月7日). 2011年5月8日閲覧。
  14. ^ 遼セベ死去に「ショック」も魂継ぐ”. 日刊スポーツ (2011年5月8日). 2011年5月8日閲覧。
  15. ^ 1985年にダンロップフェニックスを日本人選手として初めて制した中嶋常幸は、最終日最終組をセベとラウンドすることになったことについて「本気になったセベとゴルフがやれる。待ち望んだ戦いだ」と語った。
  16. ^ セベバレステロスゴルフクラブ泉コース
  17. ^ セベバレステロスゴルフクラブ
  18. ^ BFRゴルフ倶楽部経営の (株) ビイ・エフ・アールがRCCより会社更生法の申し立て”. 椿ゴルフ. 2011年5月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]