PGAツアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PGAツアー
分類 ゴルフ
創立 1916年
(1968年PGAから独立)
理事 ティム・フィンチェム
コミッショナー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最多優勝チーム アメリカ合衆国の旗 サム・スニード (82)
テレビ局 ザ・ゴルフ・チャンネルNBCスポーツCBSスポーツ
Sky Sports
公式サイト PGATour.com
テンプレートを表示

PGAツアー英語: PGA TOUR)は、アメリカ合衆国及び北米における男子プロゴルフツアーを運営する団体、およびこの団体が運営するツアートーナメントの名称。

1968年、ツアー運営のため全米プロゴルフ協会英語: PGA of America)から独立し、1975年に団体名称を"PGAツアー"とした。クラブプロ、レッスンプロなどが所属する全米プロゴルフ協会に対し、PGAツアーにはツアープロが所属する[1]

なおこの団体が運営する基幹ツアートーナメントの名称も「PGAツアー」であり、他にシニア向けの「チャンピオンズツアー」、PGAツアーの下部ツアーにあたる「ウェブドットコムツアー」の運営も行っている。フロリダ州ジャクソンビル郊外のポンテ・ベドラ・ビーチに本部がある。[2]

概要[編集]

ツアー全体としては10月のフライズドットコム・オープンから翌年9月のザ・ツアーチャンピオンシップまでの期間が全体のスケジュールであり、途中、世界ゴルフ選手権や、ライダーカップ(偶数年に1回)、プレジデンツカップ(奇数年に1回)、マスターズ全米オープン全英オープン全米プロなどが挟まれる。

シード権[編集]

PGAツアーでは、毎年予選トーナメントを行っている。上位の成績をとれば、下部ツアーに当たるWeb.comツアーの翌年分の出場権をとれる。このツアーでの賞金ランク上位25人は翌年のPGAツアーのシード権を取れる。 暦年ベースで、PGAツアーで3勝すると、その年の残り試合と翌年のシード権をとれる "パフォーマンスプロモーション"と言う制度がある。

PGAツアーでは、毎年末の賞金ランク上位125人には、来シーズンのシード権(ツアーカード)が与えられる。シード権保持者は、翌年の大会の予選はほぼ免除される。ただし、大会名に「invitationals」が付くいくつかの試合の場合、予選免除の特典は前年の上位70人にのみ適用される。賞金ランク126位から150位までの選手はシード権を持つ選手が出場しない場合に備えて優先順位を与え、条件付きシード権を受け取る。

PGAツアーでの試合に優勝すると、最大5年間、2年以上のシード権が与えられる。 このシード権の保持年数は、優勝した回数分だけ増える。世界ゴルフ選手権やツアー選手権で優勝すると3年間、主要大会とプレーヤーズ選手権で優勝すると5年間のシード権が与えられる。 ツアーで20勝した選手には、PGAツアーから永久シード権が与えられる。

2013年の改革[編集]

これまで1年間のツアー競技は暦年制で1月から始まり、9月にプレーオフシリーズが終わると、賞金ランキング上位のシード枠の争いなどの「フォールシリーズ」が11月まで続いてきたが、このフォールシリーズに相当する分を新年度の開幕節として開催させることによって、2014年度のシーズンから前年の10月開始から当年の9月までの1年間周期とする方式を採用する。これは9月のプレーオフシリーズで前年度のシーズンを終えることで、年間最優秀選手賞と、賞金王「アーノルド・パーマー賞」、フェデックス杯のそれぞれの授賞式が同時にできることで話題性を持たせ、ツアーの活性化につなげるとしている。

また2軍ツアー(ウェブドットコムツアー)の活性化を図る。これまでレギュラーツアーに進出するには2軍ツアーでの賞金ランキング、またはクオリファイングスクールの上位入賞のいずれかをクリアしなければいけないが、Qスクールの好成績者がすぐレギュラーツアーに参加するとビジネス的なデメリットも出てしまうということで、魅力が劣ることから、Qスクールを2軍ツアーの上位入賞争いの場と位置づけ、2軍ツアーで成績が良ければレギュラーツアー昇格、更にレギュラーツアーのシード喪失選手や2軍ツアーでシード権を得られなかった選手を対象として、レギュラーツアーシード権をかけた入れ替え戦を行うとしている。実力のある新人選手でも、少なくとも1年間は2軍ツアーを経験しなければいけないという形となった

[3]

主な大会[編集]

テレビ中継[編集]

アメリカ[編集]

アメリカ国内の場合は、ザ・ゴルフ・チャンネルが、4大メジャーを除く全試合の予選ラウンドを放送している。開幕3試合、WGCのHSBC選手権およびWGCの裏開催については決勝ラウンドも放送。NBCは3月の大会、フェデックスカッププレーオフのドイツ銀行選手権、BMW選手権、ツアー選手権、プレーヤーズ選手権、全米オープン、WGCのアクセンチュアマッチプレー、キャデラック選手権などを放送。その他の大会はCBSで放映されている。オリンピック開催時はCBSまたはゴルフ・チャンネルで放送されるほか、フェニックス・オープンの場合、CBSがスーパーボウル中継が入った場合はNBCで放送される。

日本[編集]

日本国内ではNHK BS1ゴルフネットワークでほとんどの試合を放送しており、原則として、予選ラウンドはゴルフネットワークが生中継、決勝ラウンドはBS1が生中継し、ゴルフネットワークが同日時差放送(一部試合(2010年まではほとんどの試合)は数日遅れ)する。但し、一部の試合はゴルフネットワークでも決勝ラウンドを生中継したり(その場合はBS1との並列放送となる)、全日程ゴルフネットワークでの独占中継となる事もある。

また、世界ゴルフ選手権は、全日程BS1で生中継(地上波の総合テレビでも当日深夜に録画ハイライトで放送する。ゴルフネットワークは同日時差放送)、メジャー大会は、マスターズを除く3大会ではゴルフネットワークで、マスターズと全米プロがTBS系列で、全米オープン・全英オープンはテレビ朝日系列でいずれも全日程生中継される。

かつては、ザ・ゴルフ・チャンネルでも一部の試合を放送していた(2012年にゴルフネットワークに統合され廃止)他、、ソニーオープン・イン・ハワイは、2008年までフジテレビ系列でも放送されていた。

なお、生中継のように放送しているものの実際にはリアルタイムでは放送されておらず、現地からの映像を数十秒から数分遅らせて追っかけ放送している。スポーツ中継の生放送としては異例の放送形態で、各方面で議論を呼んでいる。NHKは世界ゴルフ選手権シリーズについては現地にスタッフ・アナウンサーを派遣させるが、通常はカラ出張で、随時現地の取材記者のレポートを挿入しながら放送している。

NHK BS1における出演者
ゴルフネットワークにおける出演者

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日経ゴルフガイド - プロによる、プロのための、プロの試合・「突然の招待」サプライズも”. 日本経済新聞社. 2011年8月31日閲覧。
  2. ^ ABOUT PGA TOUR”. PGAツアー. 2011年8月31日閲覧。
  3. ^ 米PGAツアー 2013年より新システムへ(日本ゴルフツアー振興協会 2012年8月号)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]