ソニーオープン・イン・ハワイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Golf pictogram.svgソニーオープン・イン・ハワイ
Nuvola apps kolf.svg 大会情報
開催地 米国ハワイ州オアフ島
創設 1928年
開催コース ワイアラエカントリークラブ
基準打数 Par70
ヤーデージ 7,068 yd (2014年)
ツアー PGAツアー
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 560万ドル
開催月 1月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
最少打数 256 ラッセル・ヘンリー (2013年)
通算スコア -28 ジョン・ヒューストン (1998年)
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
アメリカ合衆国の旗 ジミー・ウォーカー
テンプレートを表示

ソニーオープン・イン・ハワイSony Open in Hawaii)は、アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市カハラ地区にあるワイアラエ・カントリークラブ(The Wai'alae Country Club)で毎年開かれるPGAツアーの公式戦の名称である。

概要[編集]

この大会の母体は1928年に発足し、1966年からPGAツアーとなった「ハワイアン・オープン・ゴルフ・トーナメント」で、シーズン序盤の2月に開催されてきた。1929年には宮本留吉と安田幸吉が日本人初となる海外トーナメント出場をこの大会で果たす。1983年度の大会では青木功が、大会最終日の18番ホールでチップイン・イーグルを決めて、アメリカツアーにおける日本人選手初優勝を飾り、大きな話題になった(その後コースのレイアウト変更が行われたため、青木がチップイン・イーグルを決めたホールは現在の18番ホールとは異なっている。)。

その後1999年に日系メーカー・ソニーが協賛するようになり、大会名も協賛スポンサーの名称を冠に被せた現在の「ソニーオープン・イン・ハワイ」となった。現在は同ツアーの公式戦の最序盤、例年1月中旬に開催される(2009年のトーナメントは1月15日から18日)。開幕戦の「ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」(同州マウイ島カパルア・プランテーション・ゴルフコースで開催)が前年度のツアー優勝者のみで争われる大会であるため、この試合を事実上の開幕戦と位置づける人も多い。

なお、タイガー・ウッズは、過去一度も出場していない。その理由として、ゴルフの天才少年として知られつつあった幼少時にハワイ在住経験があるが、当時まだ会員に人種条項を設けていたワイアラエ・カントリークラブでプレーを拒否された経験があるため、既に条項が撤廃された(現在は法律で禁止されている)現在も、ワイアラエ・カントリークラブで開かれるこの大会には出場しないと言われている。一方で、過去にソニー側が出場を打診した際、ウッズ側が多額のアピアランスマネー(出場料)を要求した為、ソニー側が激怒し、慌ててウッズ側が謝罪した事が一部メディアで報じられている。(米国PGAではツアーメンバーに対するアピアランスマネーは原則禁止である。)

優勝者[編集]

優勝者 スコア 優勝賞金
ソニーオープン・イン・ハワイ
2014 ジミー・ウォーカー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 263 (-17) $1,008,000
2013 ラッセル・ヘンリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 256(-24) $1,008,000
2012 ジョンソン・ワグナー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 267(-13) $990,000
2011 マーク・ウィルソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 264 (-16) $990,000
2010 ライアン・パーマー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 265 (-15) $990,000
2009 ザック・ジョンソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 265 (-15) $972,000
2008 K.J.チョイ 韓国の旗 韓国 266 (-14) $954,000
2007 ポール・ゴイドス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 266 (-14) $936,000
2006 デビッド・トムズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 261 (-19) $918,000
2005 ビジェイ・シン フィジーの旗 フィジー 269 (-11) $864,000
2004 アーニー・エルス 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 262 (-18) $864,000
2003 アーニー・エルス 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 264 (-16) $810,000
2002 ジェリー・ケリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 266 (-14) $720,000
2001 ブラッド・ファクソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 260 (-20) $720,000
2000 ポール・エージンガー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 261 (-19) $522,000
1999 ジェフ・スルーマン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 271 (-9) $468,000
ユナイテッド航空ハワイアンオープン
1998 ジョン・ヒューストン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 260 (-28) $324,000
1997 ポール・スタンコウスキー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 271 (-17) $216,000
1996 ジム・フューリック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 277 (-11) $216,000
1995 ジョン・モース アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 269 (-19) $216,000
1994 ブレット・オグル オーストラリアの旗 オーストラリア 269 (-19) $216,000
1993 ハワード・トゥウィッティ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 269 (-19) $216,000
1992 ジョン・クック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 265 (-23) $216,000
ユナイテッド・ハワイアン・オープン
1991 ラニー・ワドキンス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 270 (-18) $198,000
ハワイアン・オープン
1990 デビッド・イシイ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 279 (-9) $180,000
1989 ジーン・ソウアーズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 197 (-19) $135,000
1988 ラニー・ワドキンス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 271 (-17) $108,000
1987 コーリー・ペイビン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 270 (-18) $108,000
1986 コーリー・ペイビン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 272 (-16) $90,000
1985 マーク・オメーラ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 267 (-21) $90,000
1984 ジャック・レナー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 271 (-17) $90,000
1983 青木功 日本の旗 日本 268 (-20) $58,500
1982 ウェイン・レヴィ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 277 (-11) $58,500
1981 ヘール・アーウィン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 265 (-23) $58,500
1980 アンディ・ビーン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 266 (-22) $58,500
1979 ヒューバート・グリーン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 267 (-21) $54,000
1978 ヒューバート・グリーン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 274 (-14) $50,000
1977 ブルース・リーツキー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 273 (-15) $48,000
1976 ベン・クレンショー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 270 (-18) $46,000
1975 ゲーリー・グロー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 274 (-14) $44,000
1974 ジャック・ニクラス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 271 (-17) $44,000
1973 ジョン・シュリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 273 (-15) $40,000
1972 グライアー・ジョーンズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 274 (-14) $40,000
1971 トム・ショー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 273 (-15) $40,000
1970 シーズン終盤から序盤への日程変更のためこの年はトーナメントなし
1969 ブルース・クランプトン オーストラリアの旗 オーストラリア 274 (-14) $25,000
1968 リー・トレビノ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 272 (-16) $25,000
1967 ダドリー・ワイソング アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 284 (-4) $20,000
1966 テッド・マカレナ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 271 (-17) $8,500
1965 ゲイ・ブリューワー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 281 (-7) $9,000
初期のハワイアン・オープン(現在のトーナメントとは直接関係なし)
1948 ケアリー・ミドルコフ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 274 (-10) $2,000
1947 E.J.ハリソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 275 (-13) $2,000

複数回優勝者[編集]

記録[編集]

テレビ中継[編集]

  • アメリカでは、時差の関係で東部標準時ではプライムタイムになることもあり、ケーブルテレビで生中継されている。2007年まではESPN2008年以降はザ・ゴルフ・チャンネルがそれぞれ中継を行った。
  • 日本では2008年までフジテレビをキーステーションにしたFNS系列で日本時間毎年1月第3(2008年は第2)月曜日10:00~12:00に放送(11:00~11:05に一旦中断して「FNNニュース」を放送。クロスネット局のテレビ宮崎も、通常ネットしている昼の「ANNニュース」の代わりにこれが放送されていた。また、放送時間内に優勝者が決まらない場合は、12:00で事実上の飛び降りし次番組の笑っていいとも!内で結果報告が放送・挿入された。なお、FNS系列では最終日以外の放送は、深夜の録画放送となっていた。尚、2008年大会の3日目(日本時間1月13日日曜日)は、深夜ではなく午後(事実上NHK BS1から連続放送)からの放送となった。
  • また、NHK BS1でも、フジテレビ生放送時は最終日以外は衛星生放送、最終日のみ夜の録画放送(上記理由の為)していたが、2008年から、NHK BS1でも生放送を実施し、FNS系列との並行放送を行った。2009年は、FNSが放送を行わないため、生放送はNHK BS1単独となり、加えてハイライトがNHK総合で日本時間月曜深夜(日付上は火曜日)に放送された。
  • 過去の「ハワイアンオープン」としては日本テレビ放送網系列で全国生中継された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]