フェデックスカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェデックスカップ(FedEx Cup)は男子ゴルフPGAツアーのシリーズトーナメントの名称。2005年11月に発表され、NASCARスプリントカップシリーズ同様、ポイントでチャンピオンを争う。フェデックスがスポンサーである。

概要[編集]

フライズドットコム・オープン(10月)からウィンダム選手権(8月)までがレギュラーシーズンの対象となり、ポイントは通常の大会では優勝者には500(4500)ポイント、グランドスラムトーナメントプレーヤーズ選手権は600(4950)ポイント、WGCは550(4725)ポイント加算される。また、全英オープンとWGCの同週に行われるPGAツアーについては通常大会の優勝者の半分となる。 ()は2007・2008年のポイント配分 詳しいポイント配分はこちら

プレーオフ[編集]

トロフィー

ポイントランキング上125名がフェデックスカップ・プレーオフに進み、ここからサバイバルとなる。シリーズは次の4大会で構成され、それぞれの成績の下位の選手を段階的にカットアウトしていき、上位選手が次の大会へ進む。最終戦のツアー選手権で年間チャンピオンが決定される。NASCARのチェイス・フォー・ザ・スプリントカップと同様である。

優勝者には2500点が与えられ逆転チャンスの可能性がある。なお総合優勝者にはフェデックス提供のトロフィーが贈られるが、必ずしもツアー選手権の優勝者がプレーオフシリーズ総合優勝者とは限らない。

プレーオフのポイントリセットについて[編集]

2007・2008年はレギュラーシーズン最後のウィンダム選手権後にリセットされた。それまでのポイント1位を10万点とし2位以下には数百点差をつけてスタートした。この方式で行われた2007年にはザ・バークレイズやドイツ銀行選手権に欠場した上位の選手がいた。2007年のタイガー・ウッズ はBMW選手権とザ・ツアーチャンピオンシップ連勝で総合優勝を果たした。逆に2008年のビジェイ・シン はザ・バークレイズとドイツ銀行選手権連勝で勢いをつけ総合優勝した。この年2位だったカミロ・ビジェガスはBMW選手権とザ・ツアーチャンピオンシップを連勝したが及ばなかった。 そのため2009年からはポイントリセットのタイミングを最終戦のザ・ツアーチャンピオンシップとし、それまでのポイント1位を2500点とし上位5位までの選手はザ・ツアーチャンピオンシップに優勝すれば、総合優勝できるようになった。その2009年はザ・ツアーチャンピオンシップはフィル・ミケルソンが優勝したが、彼はリセットの時点のポイントランキングが6位だったため、この大会2位だったタイガーウッズがミケルソンをしのぎ総合優勝した。

歴代総合優勝者[編集]

選手 得点 2位との差 試合数 トップ5s PO前順位 PO前得点 PO前試合数
2014 ビリー・ホーシェル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 4,750 1,650 4 2 3 69 722 23
2013 ヘンリク・ステンソン スウェーデンの旗 スウェーデン 4,750 2,007 4 2 2 9 1,426 14
2012 ブラント・スネデカー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 4,100 1,273 4 1 2 19 1,194 18
2011 ビル・ハース アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2,760 15 4 1 1 15 1,273 22
2010 ジム・フューリック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2980 252 3 1 1 11 480 18
2009 タイガー・ウッズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 4,000 1,080 4 1 3 1 3,341 13
2008 ビジェイ・シン フィジーの旗 フィジー 125,101 551 4 2 2 7 15,034 19
2007 タイガー・ウッズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 123,033 12,578 3 2 3 1 30,574 13

フォールシリーズ[編集]

かつてツアー選手権終了後、7試合で構成されるフォールシリーズが行われていた。ツアー選手権に出場した30名は自動的に来シーズンの出場権を獲得するため、残りのシード枠(31位~125位)をかけた争いとなっていた。2013シーズンからはウェブドットコムツアーでファイナルズがスタートしたため、この制度は廃止された。

実施の背景[編集]

例年ツアー選手権が開催される11月は、アメリカスポーツ界が最も賑わう時期でもある。アメフト(特に大学リーグ)、更にはメジャーリーグ(野球)のプレーオフなど「主流」スポーツにファンの興味は注がれ、ゴルフ界活性化のためにも「最終戦の時期はずらすべきだ」と多方面で議論されてきた。また例年の賞金王レースでは、早々に賞金王が決定してしまうと、シーズン終盤の興味がそがれることもあり、従来の賞金王レースに加えて、新しいシステムの導入の機運が高まり、フェデックスをスポンサーに迎え、新たにポイント制による新たな制度を導入することとなった。  このフェデックスカップは日本ツアーにも大きな影響を与えそうである。というのもツアー選手権に出場した30名はツアー選手権後、実質オフシーズンに突入するが、この時期日本ツアーは高額賞金がかかったビッグトーナメントが開催されており、世界の強豪が日本ツアーでひと稼ぎすべく、大挙して出場する可能性がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]