アダム・スコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アダム・スコット
Adam Scott Golf pictogram.svg
AdamScott1.jpg
基本情報
生年月日 1980年7月16日(34歳)
出身地 オーストラリアアデレード
利き手
成績
優勝回数 欧州9・米国11・その他8
世界ランク最高位 1位
賞金ランク最高位 3位(米国・2006年)
2014年5月25日現在
テンプレートを表示

アダム・スコットAdam Scott, 1980年7月16日 - )は、オーストラリアアデレード出身のプロゴルファーである。同じ年にあたるセルヒオ・ガルシアなどと並び、若手男子プロゴルファーの中で最も顕著な活躍を見せてきた選手のひとりである。2006年10月末にアメリカPGAツアーの年間最終戦「PGAツアー選手権」で初優勝を遂げ、世界ランキングでも3位に躍進した。早くからタイガー・ウッズに強い憧れを抱き、(以前ウッズのコーチを務めていた)ブッチ・ハーモンに師事していることから「ホワイト・タイガー」(White Tiger)と呼ばれることもある。2013年マスターズにて、自信初、長尺パター使用者として初のメジャータイトルを獲得。

プロフィール[編集]

スコットはオーストラリアの英雄グレグ・ノーマンに憧れてゴルフを始め、ジュニア時代から顕著な成績を数多く出していた。2000年6月、大学を2年で中退してプロゴルファーに転向する。直ちに2001年1月の「アルフレッド・ダンヒル選手権」でヨーロピアンツアーに初優勝を飾り、スコットは大型新人選手のひとりとして注目を集め始めた。1999年後半に19歳で一躍世界トップ選手に躍進したセルヒオ・ガルシアの刺激もあり、当時の若手選手たちが少しでも早い成功を求めていた時代背景もあったが、スコットはその中で着実な成長を続けてゆく。スコットのメジャー大会初出場は2001年全英オープンであったが、2002年マスターズに初出場で9位入賞を果たし、メジャー大会への挑戦も軌道に乗せた。2002年は3月の「カタール・マスターズ」と8月の「スコットランドPGA選手権」で欧州ツアーに年間2勝を挙げている。

2003年のシーズンには、7月末の「スカンジナビア・マスターズ」で欧州ツアー4勝目を挙げた後、アメリカPGAツアー大会でも9月初頭の「ドイツ銀行選手権」で第1回大会の優勝者になり、アメリカで初優勝を果たした。この大会は、タイガー・ウッズがホストを務めるトーナメントである。2003年プレジデンツカップで、23歳のアダム・スコットはオーストラリアの選手として、初めて「国際選抜チーム」の代表選手に選ばれた。2004年からスコットはアメリカツアーに活動の拠点を移し、“第5のメジャー大会”とも呼ばれる3月下旬の「ザ・プレーヤーズ選手権」で初優勝を飾り、世界的な評価をさらに高めた。このトーナメントの会場であるアメリカフロリダ州の「プレーヤーズ・クラブ・オブ・ソーグラス」(TPC of Sawgrass)は、アメリカで最も難しいゴルフコースの1つに数えられている。プレーヤーズ選手権の3ヶ月後に「ブーズアレン・クラシック」でも優勝し、この年はアメリカで年間2勝を記録した。

2006年のスコットはメジャー大会でも成績を伸ばし、全英オープンで8位に入った後、全米プロゴルフ選手権でメジャー大会の自己最高成績となる「3位」をマークした。PGAツアーの年間最終戦「PGAツアー選手権」は、年間賞金ランキング30位以内の選手しか出場資格を得られない大会である。スコットは2位のジム・フューリクに3打差をつけ、11 アンダーパー(-11, 269ストローク)で初優勝を飾った。この優勝により、スコットは年間賞金ランキングを3位で終えた。

2012年の全英オープンでは3日目を終え11アンダーの首位に立ち最終日も14番までは順調であった。しかし、15番から4連続ボギーを叩いてアーニー・エルスにかわされ惜しくも2位となる。

ゴルフウェアをユニクロと契約して臨んだ2013年の第77回マスターズでは、72ホール目をともにバーディで終えた43歳アンヘル・カブレラと通算9アンダーで首位に並び、決着は雨中のプレーオフとなった。プレーオフ1ホール目の18番ホールは共にパー。プレーオフ2ホール目の10番ホールでは両者がバーディパットに挑んだが、カブレラの約6mのパットはカップの縁に止まりパーだったのに対し、スコットは約4mのパットを長尺パターで成功させた。長尺パターの使用開始から2年、32歳で自身初のメジャータイトルを奪取して、オーストラリア勢初、長尺パター使用者初のマスターズチャンピオンとなった。

2014年5月19日月曜日発表の世界ゴルフランキングでタイガー・ウッズを抜いて1位となる。この週に開催されたクラウンプラザ招待でジェイソン・ダフナーとのプレイオフを3ホール目に決着させて優勝して、テキサス州で開催される4大会バレロテキサス、シェルヒューストン、HPバイロン・ネルソン、クラウンプラザをすべて制覇していわゆるテキサススラムを達成。

交友関係[編集]

アーニー・エルスジャスティン・ローズとの親交があり、2013年にマスターズでメジャー初優勝のスコットがローズに「次はキミの番だよ」と励まし、ローズは全米オープンでメジャー初優勝を果たした。

プロ優勝 (27)[編集]

PGAツアー (11*)[編集]

Legend
Major championships (1)
World Golf Championships (1)
FedEx Cup playoff event (1)
Other PGA Tour (8)
No. Date Tournament 優勝スコア パー 2位との差 2位(タイ)
1 2003年9月1日 ドイツ銀行選手権 69-62-67-66=264 −20 4打差 アメリカ合衆国の旗 ロッコ・ミーディエート
2 2004年3月28日 ザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップ 65-72-69-70=276 −12 1打差 アイルランド共和国の旗 パドレイグ・ハリントン
3 2004年6月27日 ブーズ・アレン・クラシック英語版 66-62-67-68=263 −21 4打差 アメリカ合衆国の旗 チャールズ・ハウエル3世英語版
- 2005年2月21日 ニッサン・オープン* 67-66=133 −9 Playoff アメリカ合衆国の旗 チャド・キャンベル英語版
4 2006年11月5日 ザ・ツアーチャンピオンシップ 69-67-67-66=269 −11 3打差 アメリカ合衆国の旗 ジム・フューリク
5 2007年4月1日 ヒューストン・オープン 69-71-65-66=271 −17 3打差 オーストラリアの旗 スチュアート・アップルビー英語版, アメリカ合衆国の旗 バッバ・ワトソン
6 2008年4月27日 EDSバイロン・ネルソン選手権 68-67-67-71=273 −7 Playoff アメリカ合衆国の旗 ライアン・ムーア
7 2010年5月16日 テキサス・オープン 71-70-66-67=274 −14 1打差 スウェーデンの旗 フレデリック・ヤコブソン英語版
8 2011年8月7日 WGC-ブリヂストン・インビテーショナル 62-70-66-65=263 −17 4打差 イングランドの旗 ルーク・ドナルド, アメリカ合衆国の旗 リッキー・ファウラー
9 2013年4月14日 マスターズ・トーナメント 69-72-69-69=279 −9 Playoff アルゼンチンの旗 アンヘル・カブレラ
10 2013年8月25日 ザ・バークレイズ 69-66-72-66=273 −11 1打差 カナダの旗 グラハム・デラート英語版, イングランドの旗 ジャスティン・ローズ,
アメリカ合衆国の旗 ゲーリー・ウッドランド英語版, アメリカ合衆国の旗 タイガー・ウッズ
11 2014年5月25日 クラウンプラザ・インビテーショナル・アット・コロニアル 71-68-66-66=271 −9 Playoff アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・ダフナー英語版

* Note:2005年のニッサン・オープンは天候不良により36ホールに短縮。チャド・キャンベルとのプレーオフ1ホール目で勝利したが、賞金は加算されない。

PGAツアープレーオフ記録 (3–0)

No. Year Tournament 相手 結果
1 2008 EDSバイロン・ネルソン選手権 アメリカ合衆国の旗 ライアン・ムーア 3ホール目でスコットがバーディーを決め勝利
2 2013 マスターズ アルゼンチンの旗 アンヘル・カブレラ 2ホール目でスコットがバーディーを決め勝利
3 2014 クラウンプラザ招待 アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・ダフナー 3ホール目でスコットがバーディーを決め勝利

ヨーロピアンツアー (9)[編集]

Legend
Major championships (1)
World Golf Championships (1)
Other European Tour (7)
No. Date Tournament 優勝スコア パー 2位との差 2位(タイ)
1 21 Jan 2001 アルフレッド・ダンヒル選手権英語版1 67-66-65-69=267 −21 1打差 イングランドの旗 ジャスティン・ローズ
2 17 Mar 2002 カタール・マスターズ 67-66-69-67=269 −19 6打差 フランスの旗 ジャン=フランソワ・レメジー英語版
イングランドの旗 ニック・ドハティ英語版
3 25 Aug 2002 Gleneagles Scottish PGA Championship 67-65-67-63=262 −26 10打差 スコットランドの旗 レイモンド・ラッセル英語版
4 3 Aug 2003 Scandic Carlsberg Scandinavian Masters英語版 70-71-67-69=277 −11 2打差 イングランドの旗 ニック・ドハティ
5 24 Apr 2005 ジョニー・ウォーカー・クラシック英語版2 63-66-69-72=270 −18 3打差 南アフリカ共和国の旗 レティーフ・グーセン
6 27 Jan 2008 Commercialbank Qatar Masters 69-73-65-61=268 −20 3打差 スウェーデンの旗 ヘンリク・ステンソン
7 14 Nov 2010 Barclays Singapore Open3 65-65-69-68=267 −17 3打差 デンマークの旗 アンダース・ハンセン英語版
8 2011年8月7日 WGC-ブリヂストン・インビテーショナル 62-70-66-65=263 −17 4打差 イングランドの旗 ルーク・ドナルド, アメリカ合衆国の旗 リッキー・ファウラー
9 2013年4月14日 マスターズ・トーナメント 69-72-69-69=279 −9 Playoff アルゼンチンの旗 アンヘル・カブレラ

1サンシャインツアーとの共催
2アジアン、豪ツアー共催
3アジアンツアー共催

アジアンツアー (4)[編集]

No. Date Tournament 優勝スコア パー 2位との差 2位(タイ)
1 24 Apr 2005 ジョニー・ウォーカー・クラシック英語版1 63-66-69-72=270 −18 3打差 南アフリカ共和国の旗 レティーフ・グーセン
2 11 Sep 2005 シンガポール・オープン 70-69-67-65=271 −13 7打差 イングランドの旗 リー・ウエストウッド
3 11 Sep 2006 シンガポール・オープン* 70-69-66=205 −8 Playoff 南アフリカ共和国の旗 アーニー・エルス
4 14 Nov 2010 Barclays Singapore Open2 65-65-69-68=267 −17 3打差 デンマークの旗 アンダース・ハンセン

* Note: 2006年のシンガポールオープンは天候不良で54ホールに短縮。3ホールのプレーオフの末2打差でエルスを下した。

1欧州・豪ツアーとの共催
2欧州ツアーとの共催

サンシャインツアー (1)[編集]

No. Date Tournament 優勝スコア パー 2位との差 2位
1 21 Jan 2001 アルフレッド・ダンヒル選手権英語版1 67-66-65-69=267 −21 1打差 イングランドの旗 ジャスティン・ローズ

1欧州ツアーとの共催

豪PGAツアー (5)[編集]

No. Date Tournament 優勝スコア パー 2位との差 2位
1 24 Apr 2005 ジョニー・ウォーカー・クラシック1 63-66-69-72=270 −18 3 strokes 南アフリカ共和国の旗 レティーフ・グーセン
2 6 Dec 2009 オーストラリアン・オープン 68-66-67-72=273 −15 5 strokes オーストラリアの旗 スチュアート・アップルビー英語版
3 18 Nov 2012 タリスカー・マスターズ英語版 67-70-67-67=271 −17 4 strokes イングランドの旗 イアン・ポールター
4 10 Nov 2013 全豪プロ選手権 65-67-71-67=270 −14 4 strokes アメリカ合衆国の旗 リッキー・ファウラー, オーストラリアの旗 キャメロン・ペイシー英語版,
オーストラリアの旗 ジャック・ウィルソン
5 17 Nov 2013 タリスカー・マスターズ英語版 67-66-66-71=270 −14 2 strokes アメリカ合衆国の旗 マット・クーチャー英語版

1>欧州・豪ツアーとの共催

その他優勝 (2)[編集]

外部リンク[編集]