ジム・フューリク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジム・フューリク
Jim Furyk Golf pictogram.svg
Jim Furyk.jpg
基本情報
生年月日 1970年5月12日(43歳)
出身地 アメリカペンシルベニア州
利き手
成績
優勝回数 26
世界ランク最高位 2位
2009年2月23日現在
テンプレートを表示

ジム・フューリクJim Furyk, 1970年5月12日 - )は、アメリカペンシルベニア州出身のプロゴルファー2003年全米オープンゴルフ優勝者である。世界ランキング自己最高位は2位。(本記事は新聞の一般表記に基づき「フューリク」で記述するが、「フューリック」と表記されることも多い。)

1992年にプロ入り。1995年の「ラスベガス招待選手権」でPGAツアー初優勝。

2001年8月最終週の世界ゴルフ選手権第2戦「NEC招待選手権」では、最終日にタイガー・ウッズと7ホールに及ぶ長いプレーオフを戦った。7ホール目をウッズが制して、同大会に3連覇を達成したが、フューリクの粘り強さも高い評価を受けた。それから2年後、2003年全米オープンでメジャー大会初優勝を達成。パー70の「オリンピア・フィールズ・ゴルフクラブ」で、8アンダーパー(-8, 272ストローク)の大会タイ記録で優勝した。この年は8月の「ビュイック・オープン」でも勝ち、自身初の年間2勝を挙げている。

2004年のシーズンが始まって間もなく、左手首の手術により5ヶ月間を棒に振る。それを乗り越え、全米オープンの大会前年優勝者としての出場にはどうにか間に合ったが、この年はPGAツアーで優勝できなかった。2005年7月の「ウエスタン・オープン」で2年ぶりのツアー優勝を果たし、ようやく復活を印象づけた。2005年の「ダンロップ・フェニックス選手権」にも9年ぶり2度目の出場をしたが、最終順位は3位に終わった。2006年度は、5月第1週の「ワコビア選手権」と9月第2週の「カナディアン・オープン」で優勝している。カナディアン・オープンでの優勝により、フューリクは世界ランキングを自己最高の2位に上げた。

ツアー優勝歴[編集]

PGAツアー[編集]

外部リンク[編集]