レジェンズツアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レジェンズツアー(The Legends Tour)は、45歳以上の女子ゴルファーを対象としたゴルフ大会を統括するアメリカ合衆国の公益団体、およびこの団体が運営するツアートーナメントの名称。全米女子プロゴルフ協会(LPGA)が公式に認める女子シニア競技を運営している。女子ゴルファーの活動期間の拡大に、寄与している。会長は、日本人の半田晴久がつとめている。

概要[編集]

2000年に創設され、アメリカ国内のみならず、日本やオーストラリアでの大会も開催している。2001年から2006年までは16回の大会が開催され、2007年から2013年までに45回の大会が開催されている。2013年以降、前年より4大会が増設され、過去最高の大会数となっている。[1]

2006年から毎年、ソルハイムカップライダーカップのレジェンズツアー版としてハンダカップが開催されており、全米女子シニアチームとワールド女子シニアチームによる団体戦が行われている。2013年より「ISPSハンダカップ」に改称した。

レジェンズツアーのウェブサイトによると、120名以上の登録選手が在籍し、全選手の全米女子プロゴルフ協会の大会の勝利数は675を獲得しているという。

レジェンズツアー[編集]

  • ハンダカップ(2013年より「ISPSハンダカップ」に改称)
  • ISPSハンダ・レジェンズツアーオープン・チャンピオンシップ
  • Walgreens Charity Classic
  • Hannaford Community Challenge
  • Judson Collegiate Invitational
  • LPGA Legends Swing for the Cure
  • Wendy's Charity Challenge
  • レジェンズチャンピオンシップ(2013年〜)
  • Fry's Desert Golf Classic(2013年〜)
  • Harris Golf Charity Classic(2013年〜)
  • BJ's Charity Pro-Am(2013年〜)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “2012 Legends Tour Schedule”. レジェンズツアー. http://www.thelegendstour.com/tournaments_2013.htm 2014年3月11日閲覧。 

外部リンク[編集]