ウォルター・ヘーゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォルター・ヘーゲン
Walter Hagen Golf pictogram.svg
Walter Hagen 1914.png
基本情報
生年月日 1892年12月21日
没年月日 1969年10月5日(満76歳没)
出身地 アメリカ・ニューヨーク州ロチェスター
成績
優勝回数

メジャー:11勝
米国男子:45勝

全米オープン2・全英オープン4
全米プロゴルフ:5勝
(メジャー大会11勝:歴代3位)
テンプレートを表示

ウォルター・ヘーゲンWalter Hagen, 1892年12月21日 - 1969年10月5日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ロチェスター出身のゴルファーである。競技ゴルフを確立した往年の名選手のひとりとして知られる。ほぼ同時代にプレーしたボビー・ジョーンズが生涯アマチュアを貫いたのに対して、ヘーゲンはプロゴルファーとしてキャリアを送った。敬称として「ザ・ヘイグ」(The Haig)と呼ばれた。プロスポーツ選手として、生涯に100万ドル以上を稼いだ選手はヘーゲンが最初だと言われている。

メジャー大会の優勝回数は全米オープンが2度、全英オープンが4度、そして全米プロゴルフが4連覇を含む5度で、総計「11勝」を挙げた。これはジャック・ニクラス1973年全米プロゴルフ選手権でメジャー大会12勝目を挙げるまで、44年間にわたりゴルフ界の歴代1位記録であった。

ヘーゲンがメジャー大会初優勝を果たしたのは、1914年全米オープン選手権であった。しかし直後に第1次世界大戦が勃発し、戦時中は(他のスポーツ国際競技と同様に)ゴルフトーナメントも中断されていた。1918年11月に第1次世界大戦が終結した後、メジャーゴルフ大会も再開された1919年に、ヘーゲンが同じ全米オープンで優勝を飾っている。しかし1920年以後、全米オープンとは縁がなかった。1920年代には主に全英オープン全米プロゴルフ選手権で活躍した。当時の全米プロゴルフ選手権は、マッチプレー方式で行われていた。同選手権が現在のようなストローク・プレー方式になったのは、1958年以後のことである。また、アメリカ人のゴルファーが全英オープンを制覇したのも、1922年のヘーゲンが最初であった。

ヘーゲンの時代のゴルフ・メジャー大会は、全米オープン全英オープンのほかに、全米アマチュア選手権全英アマチュア選手権から成り立っていた。ヘーゲンの最後のメジャー優勝(1929年全英オープン)の翌年、1930年にボビー・ジョーンズがこの4大会を1年間ですべて制覇し、当時としての「グランドスラム」を達成した。そのジョーンズが現役引退後の1934年に創設したのがマスターズである。そして、2つのアマチュア大会に代わって全米プロゴルフ選手権がメジャー大会として扱われるようになった。したがって、ヘーゲンが活躍した時代のメジャー大会は現在とは大きく異なっていたが、彼が1920年代に獲得した全米プロゴルフ選手権の5勝も数えて、通算11勝とみなすことができる。

ウォルター・ヘーゲンは1930年5月、日本ゴルフ協会の要請を受けて来日し、当時の日本のトップ選手たちとエキシビション・ラウンドを開いたことがある。1937年10月3日に開場した、東京都小平市にある「小金井カントリー倶楽部」は、ヘーゲンが設計したコースである。[1]

1969年10月5日に76歳で逝去。1974年世界ゴルフ殿堂入り。1999年に創始された世界ゴルフ選手権の第1戦、「アクセンチュア・マッチプレー選手権」の優勝カップには、彼の名前を冠した「ウォルター・ヘーゲン・カップ」の名前がついている。

2006年全米プロゴルフ選手権タイガー・ウッズがメジャー大会「12勝目」を挙げたことにより、ヘーゲンの通算「11勝」は歴代3位記録に後退することになった。

プロ優勝歴[編集]

PGAツアー優勝 (45)[編集]

太字はメジャー大会優勝

その他優勝 (30)[編集]

(This list is incomplete)

  • 1914 Pinehurst Amateur-Pro
  • 1915 Massachusetts Open, California State Open, Panama Exposition Open
  • 1920 French Open
  • 1921 Michigan Open
  • 1922 New York Open
  • 1923 Long Beach Open
  • 1924 ベルギー・オープン
  • 1929 Virginia Beach Open
  • 1930 Michigan PGA Championship
  • 1931 Michigan PGA Championship

エピソード[編集]

  • 全米プロゴルフ選手権の連続優勝は、開会式の際に返還するトロフィーを紛失してしまった不始末を隠し通すためでもあった。このエピソードは「クイズダービー」の問題にもなった。
  • このほかにも、ヘーゲンには多くのエピソードが残されており、彼の親友ジーン・サラゼンが語った話は日本語訳 でも読める。

外部リンク[編集]