ホセ・マリア・オラサバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホセ・マリア・オラサバル
José Maria Olazábal Golf pictogram.svg
KLM Open 2009 Olazabal.JPG
基本情報
生年月日 1966年2月5日(48歳)
出身地 スペイン・オンダリビア
身長 178cm
体重 78kg
利き手
プロ転向 1985年
成績
優勝回数 欧州23・米国6・日本2
メジャー:1994年・99年マスターズ
初優勝 1986年スイス・オープン
世界ランク最高位 4位(1994年10月)
賞金ランク最高位 2位(欧州1986年・89年)
2012年11月28日現在
テンプレートを表示

ホセ・マリア・オラサバルJosé Maria Olazábal, 1966年2月5日 - )は、スペインギプスコア県オンダリビア出身のプロゴルファーである。1994年1999年の2度、マスターズで優勝した。ヨーロピアンツアーで通算21勝、アメリカPGAツアーでマスターズを含む6勝を挙げ、日本でも1989年1990年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で大会2連覇を記録している。身長178cm、体重78kg。独身。

1985年にプロ入り。1986年に「エベル・ヨーロピアン・マスターズ・スイス・オープン」でヨーロピアンツアー初優勝。1987年にアメリカ代表チームとヨーロッパ選抜チームによる団体戦「ライダーカップ」で、ヨーロッパ選抜代表選手に初選出される。アメリカPGAツアーでの初優勝は、1990年の「NECワールドシリーズ・オブ・ゴルフ」であった。1994年マスターズメジャー大会初優勝を飾り、スペイン人のゴルファーとしてセベ・バレステロス(1980年&1983年の2度優勝)以来のマスターズ優勝者となった。この年は「NECワールドシリーズ・オブ・ゴルフ」でも4年ぶり2度目の優勝がある。

ところが1995年の後半から足の病気を患い、ライダーカップの出場辞退を余儀なくされる。オラサバルは「リウマチ性多発関節炎」と診断され、1996年のシーズンは全くプレーできなかった。その闘病期間中は歩行も困難な状態で、ほとんど寝たきり同然の生活だったという。1997年3月初頭の「ドバイ・デザート・クラシック」で18ヶ月ぶりに復帰し、3月23日に「ツレスパナ・マスターズ・オープン・ド・カナリア」(Turespana Masters Open de Canarias)で復活優勝を飾った。1999年のマスターズで、オラサバルはデービス・ラブ3世グレグ・ノーマンの追撃を振り切って5年ぶり2度目の優勝を飾る。歩行困難な時期もあった闘病生活を克服しての復活優勝だった。アメリカツアーでは、2002年の「ビュイック招待選手権」で6勝目を挙げている。

2005年全英オープンで、オラサバルは繰り上げから出場資格を獲得し、予選ラウンドの2日間と最終日をタイガー・ウッズと一緒に回った。(ウッズは3日目だけコリン・モンゴメリーが同伴競技者だった。)オラサバルは 8 アンダーパー(-8, 280ストローク)で3位タイに終わり、ウッズの「ダブル・グランドスラム」達成に立ち会うことになった。その後欧州PGAツアーで3年ぶりの優勝を果たし、10月に地元スペインの「マヨルカ・クラシック」を制した。2006年のマスターズで3位タイに入った後、再び故障に悩まされ、最近は満足にツアー大会出場をこなせない年月が続いているという。

日本ゴルフツアー主催のトーナメントでも、1989年1990年の「住友VISA太平洋マスターズ」で大会2連覇を達成している。

オラサバルは長年にわたり、スペイン国内にある多数のゴルフコースの設計も手がけてきた。2004年EMCワールドカップ会場として使用されたセビリアの「リアル・クラブ・ド・ゴルフ」(Real Club de Golf de Seville)は、オラサバルが設計したコースである。

2009年世界ゴルフ殿堂入り(国際部門)が決定している。2013年にはライダーカップで欧州チームの優勝を貢献したことにより、アストゥリアス皇太子賞のスポーツ部門を受賞した。

外部リンク[編集]