ベーブ・ディドリクソン=ザハリアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベーブ・ディドリクソン=ザハリアス Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム Mildred Ella Didrikson Zaharias
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1911年6月26日
生誕地 テキサス州ポートアーサー
没年月日 1956年9月27日(満45歳没)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ミルドレッド・ディドリクソン=ザハリアスMildred Ella "Babe" Didrikson Zaharias, 1911年6月26日 - 1956年9月27日)は、アメリカ合衆国テキサス州ポートアーサー出身の女子スポーツ選手。1932年ロサンゼルスオリンピックの金メダリスト。またゴルファーとしても数々の記録を残した選手である。他にも多数のスポーツで傑出した成績を挙げ、「女子スポーツ」を確立した名選手として知られる。彼女は野球ベーブ・ルースにちなんだ「ベーブ」というニックネームでよく知られ、旧姓の「ベーブ・ディドリクソン」(Babe Didrikson)ならびに結婚後の姓「ベーブ・ザハリアス」(Babe Zaharias)で呼ばれることが多い。

経歴[編集]

ベーブ・ザハリアス記念館(テキサス州ボーモント)

ディドリクソンは、石油で有名なテキサス州ポートアーサーに生まれ、同州のボーモントで育った。彼女の両親はノルウェーの出身である。彼女は「1914年生まれ」といわれているが、彼女の墓石と洗礼の証明書には「1911年生まれ」となっており、この年が彼女の出身年と一般的にみなされている。生まれた時の名前は Mildred Ella Didriksen (ミルドレッド・エラ・ディドリクセン)といい、姓の綴りを「ディドリクソン」(Didrikson)と改めたのは成人後である。

彼女のニックネームである「ベーブ」は、彼女が野球の試合で一試合に5本のホームランを打ったことから名づけられた。このエピソードには後日の脚色も多いが、ミルドレッド・ディドリクソンのずばぬけた運動能力を物語っている。

1931年7月25日に野球の遠投で女子最長となる296フィート(約90メートル)を記録、ギネス世界記録として認定された[1]

ディドリクソンは1932年ロサンゼルスオリンピックの陸上競技3種目(やり投、80mハードル、走高跳)に出場。やり投と80mハードルで金メダルを獲得。しかし、走高跳は同じアメリカのジーン・シャイリー(Jean Shiley)と同じ高さ(1.65m)をクリアしたものの、ジャンプオフの結果、シャイリーに敗れ銀メダルとなる。

ロサンゼルスオリンピック後の1935年に、彼女はゴルフに転向する。このゴルフが彼女をもっとも有名にした競技となる。1946年には全米女子アマ選手権、1947年には全英女子アマを制した後プロに転向。1948年、1950年、1954年の全米女子オープンを制覇。1948年から1951年まで賞金王に輝き、1956年に45歳の若さでこの世を去るまでの間に31勝を挙げた。1945年の男子ツアー競技「ロサンゼルスオープン」の予選を突破している(3日目のカットで最終順位無し)。

参考文献[編集]

  • スポーツグラフィック・ナンバー増刊号『スーパースターとその時代』107ページ(文藝春秋社、1999年4月刊行、ISBN 4160081053/7巻構成「20世紀スポーツ最強伝説」の第1巻。ただし、生年を「1914年」と記載している)

脚注[編集]

外部リンク[編集]