ベッツィ・キング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベッツィ・キング
Betsy King Golf pictogram.svg
基本情報
生年月日 1955年8月13日(59歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州レディング
身長 168cm
利き手
プロ転向 1977年
成績
優勝回数 メジャー:6勝
LPGAツアー:34勝
初優勝 1984年ウィメンズケンパーオープン
賞金王 1984年
賞金ランク最高位 LPGAツアー・1位(1984年・1989年・1993年)
テンプレートを表示

ベッツィ・キングBetsy King1955年8月13日 - )はペンシルベニア州レディング出身のアメリカ合衆国の女子プロゴルファー。1977年からLPGAツアーに参戦し、メジャー6大会を含む通算34勝をあげている。

来歴[編集]

キングはファーマン大学でゴルフをプレーしていた。チームメイトにはベス・ダニエルがいた。1976年の全米女子オープンでローアマチュア(最優秀アマチュア選手)となり、翌1977年にプロ転向、LPGAツアーに参戦した。初勝利は1984年のウィメンズケンパーオープンで、この年3勝をあげ、21の大会でトップ10入りを果たし、LPGAプレーヤー・オブ・ザ・イヤーの栄冠に輝いた。1984年から1989年までの間にLPGAツアーで20勝をあげている[1]

キングは1984年の初勝利以後の10年間、1989年の6勝を頂点として毎年少なくとも1勝はあげ続けた。1985年から1995年まで毎年賞金ランキング上位10位以内に名を連ね、1997年に再度トップ10に返り咲いた。またキングはプレーヤー・オブ・ザ・イヤーを3回、年間最少平均スコアのタイトル(ベアトロフィー)を2回、賞金女王のタイトルを3回獲得している。1993年にはトーナメントでは1勝しかあげていなかったが、メジャー2大会を含め5試合で2位になり、最少平均スコアと賞金女王のタイトルを獲得した。1987年から1992年までコンスタントにメジャー大会で勝ち続け、1997年に6度目のメジャーを制した。LPGAにおける最後の34勝目を2001年にあげた。30勝目をあげた1995年に世界ゴルフ殿堂入りを果たした[2]

1994年から2004年までキングがホストを務める大会があった。キングは慈善活動家でもあり、住宅建設非営利団体ハビタット・フォー・ヒューマニティ・インターナショナル (HFHI) を組織し、旧ソビエト圏の国々で孤児救済機関と共に働いている。彼女は5回ソルハイムカップアメリカツアーチームの代表選手となり、2007年9月にスウェーデンハルムスタッドで開催された同大会ではチームの主将を務め、トータル16ポイント対12ポイントでヨーロッパチームを下し、自軍を勝利に導いた。1994年以降10年以上にわたり、LPGA賞金ランキングはイングランドローラ・デービーススウェーデンアニカ・ソレンスタムオーストラリアカリー・ウェブメキシコロレーナ・オチョアが君臨し、2008年のシーズン終了時点で、キングは最後のアメリカ人賞金女王である[1]

LPGAツアーの優勝歴[編集]

通算34勝。太字はメジャートーナメント大会。

LPGAツアー以外の優勝[編集]

※同大会がLPGAツアーに組み込まれる以前の優勝である(当然メジャー大会でもない)。

LPGAメジャー大会の成績[編集]

トーナメント 1976 1977 1978 1979 1980
ナビスコ・ダイナ・ショア大会 ... ... ... ... ...
全米女子プロゴルフ選手権 DNP DNP T49 CUT T27
全米女子オープン T8 CUT T20 CUT CUT
デュモーリエ・クラシック ... ... ... T26 DNP
トーナメント 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990
ナビスコ・ダイナ・ショア大会 ... ... T52 T24 T7 4 1 T35 T4 1
全米女子プロゴルフ選手権 T38 T21 T11 T7 T44 CUT 2 T24 T8 T5
全米女子オープン T21 T25 T32 T5 T8 T3 T4 T12 1 1
デュモーリエ・クラシック T38 T12 T25 3 CUT T3 7 T19 T2 T10
トーナメント 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000
ナビスコ・ダイナ・ショア大会 T11 56 T2 T48 T11 CUT 1 T61 77 CUT
全米女子プロゴルフ選手権 7 1 T4 T17 T11 T14 T53 T37 T69 T23
全米女子オープン T28 T16 T7 T6 T3 CUT T28 CUT T47 T46
デュモーリエ・クラシック T6 T28 2 T4 T5 CUT T3 3 DNP T23
トーナメント 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007
クラフト・ナビスコ選手権 74 T36 T28 T58 T62 DNP DNP
全米女子プロゴルフ選手権 T54 T47 CUT T17 CUT DNP DNP
全米女子オープン CUT CUT CUT CUT DNP DNP DNP
全英女子オープン ^ DNP 59 CUT T60 DNP DNP DNP

† 現在クラフト・ナビスコ選手権として知られているこのトーナメントは1999年までナビスコ・ダイナ・ショア大会であった。2000年にナビスコ選手権になり、2002年に現在の名称となった。
^全英女子オープンは 2001年からデュモーリエ・クラシックの代わりにLPGAメジャー大会に昇格した。
DNP = 出場せず
CUT = 予選落ち
WD = 棄権
DQ = 出場資格無し
... = メジャー大会ではなかった
"T" = 複数の選手と順位を分け合った(タイ)
グリーン地は優勝、黄色地はトップ10入りを表している。

脚注[編集]

  1. ^ a b Brent Kelley. “Betsy King” (英語). about.com. 2009年8月31日閲覧。
  2. ^ World Golf Hall of Fame Profile: Betsy King” (英語). World Golf Village.com. 2009年8月31日閲覧。

外部リンク[編集]