パット・ブラッドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パット・ブラッドリー
Pat Bradley Golf pictogram.svg
基本情報
生年月日 1951年3月24日(63歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ウェストフォード
身長 168cm
利き手
プロ転向 1974年
成績
優勝回数 メジャー:6勝
LPGAツアー:31勝
初優勝 1976年ガールトーククラシック
賞金王 1986年
賞金ランク最高位 LPGAツアー・1位(1986年・1991年)
テンプレートを表示

パット・ブラッドリーPat Bradley1951年3月24日)はマサチューセッツ州ウェストフォード出身のアメリカ合衆国の女子プロゴルファー。1974年からLPGAツアーに参戦し、メジャー6大会を含む通算31勝をあげている。

アマチュア時代[編集]

ブラッドリーは1967年と1969年にニューハンプシャーアマチュア大会、1972年と1973年にニューイングランドアマチュア大会を制した。フロリダ国際大学ゴルフチームのメンバーとして、1970年にオールアメリカンの称号を獲得した。1973年にLPGAツアーの大会、バーディンズ・インビテーショナルにアマチュアとして出場し、12位タイに食い込んだ[1]

プロ転向後[編集]

ブラッドリーは1974年にプロに転向してLPGAツアーに参戦、初勝利は1976年のガールトーククラシックで、この年は6大会で2位になっている。1978年に急成長を遂げ、3大会で優勝を飾った。ブラッドリーが最も活躍したのは1980年代前半から半ばにかけてである。1983年(4勝)と1986年(5勝)にLPGA年間最多勝利選手となった。メジャー初制覇は1980年のピーター・ジャクソン・クラシック、続いて1981年の全米女子オープンと1985年のデュモーリエ・クラシックに勝利した[1]

1986年にはLPGAメジャー4大会のうちの3大会、デュモーリエ・クラシック、ナビスコ・ダイナ・ショア大会全米女子プロゴルフ選手権で優勝した。全米女子オープンでは5位タイに終り、年間グランドスラム達成は果たせなかった。この年は賞金女王のタイトルと年間最少平均スコアのタイトル(ベアトロフィー)も獲得している。1988年、ブラッドリーはバセドウ病と診断された。17試合に出場したものの、決勝ラウンドまで進めたのはわずかに8回のみであった。しかし1989年には復調し1勝をあげ、さらに翌1990年には3勝をあげた[1]

1991年にはブラッドリーは4勝し、2度目の賞金女王とベアトロフィーを獲得。さらに2度目のLPGAプレーヤー・オブ・ザ・イヤーにも選出され、世界ゴルフ殿堂入りも果たした[2]。1992年7月22日付のニューヨーク・タイムズは、ブラッドリーをLPGAツアーにおけるベストプレーヤーであり、ロングパットとコースマネジメントに最も優れている選手であると評価した。LPGAでの最後の勝利は1995年であった。スポーツ心理学者のボブ・ロッテラは1996年の著書『Golf Is a Game of Confidence』(ISBN 978-0684830407) で、自分の知る限りブラッドリーは最も精神的にタフなスポーツマンであったと書いている。彼女はルイーズ・サッグスミッキー・ライトに次いで「キャリア・グランドスラム」を達成した3人目の女性である。

LPGAツアーの優勝歴[編集]

通算31勝。太字はメジャートーナメント大会。

LPGAツアー以外の優勝[編集]

  • 1978年:JCペニー・クラシック (JCPenney Classic - ロン・ヒンクル (Lon Hinkle) と共に)
  • 1989年:JCペニー・クラシック (ビル・グラッソン (Bill Glasson) と共に)

LPGAメジャー大会の成績[編集]

トーナメント 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979 1980
ナビスコ・ダイナ・ショア大会 ... ... ... ... ... ... ... ... ... ...
全米女子プロゴルフ選手権 DNP DNP DNP T22 T26 DNP T2 T54 T10 T15
全米女子オープン CUT DNP DNP DNP T15 T17 T4 T12 T26 T16
デュモーリエ・クラシック ... ... ... ... ... ... ... ... T19 1
トーナメント 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990
ナビスコ・ダイナ・ショア大会 ... ... T15 2 6 1 3 T74 T6 T9
全米女子プロゴルフ選手権 T24 T12 T6 T2 T3 1 T21 DNP T4 T9
全米女子オープン 1 T21 T8 T13 T12 T5 CUT CUT T3 T9
デュモーリエ・クラシック T2 T38 T5 T19 1 1 T25 T39 T2 T8
トーナメント 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000
ナビスコ・ダイナ・ショア大会 T3 T17 T12 T19 T16 T23 T35 T42 T13 CUT
全米女子プロゴルフ選手権 T2 T15 CUT T3 T8 T51 T11 T44 65 T23
全米女子オープン 2 T29 T4 T25 T3 T3 T28 T46 DNP CUT
デュモーリエ・クラシック T23 DNP CUT T52 CUT T53 CUT CUT T66 T33
トーナメント 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007
クラフト・ナビスコ選手権 DNP DNP 77 CUT CUT DNP DNP
全米女子プロゴルフ選手権 DNP DNP DQ T56 CUT DNP DNP
全米女子オープン DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP
全英女子オープン ^ DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP

† 現在クラフト・ナビスコ選手権として知られているこのトーナメントは1999年までナビスコ・ダイナ・ショア大会であった。2000年にナビスコ選手権になり、2002年に現在の名称となった。
^全英女子オープンは 2001年からデュモーリエ・クラシックの代わりにLPGAメジャー大会に昇格した。
LA = ローアマチュア(最優秀アマチュア選手)
DNP = 出場せず
CUT = 予選落ち
WD = 棄権
DQ = 出場資格無し
... = メジャー大会ではなかった
"T" = 複数の選手と順位を分け合った(タイ)
グリーン地は優勝、黄色地はトップ10入りを表している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Brent Kelley. “Pat Bradley” (英語). about.com. 2009年8月31日閲覧。
  2. ^ World Golf Hall of Fame Profile: Pat Bradley” (英語). World Golf Village.com. 2009年8月31日閲覧。

外部リンク[編集]