パティ・シーハン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パティ・シーハン
Patty Sheehan Golf pictogram.svg
PattySheehan.jpg
基本情報
生年月日 1956年10月27日(58歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国バーモント州ミドルバリー
身長 160cm
利き手
プロ転向 1980年
成績
優勝回数 メジャー:6勝
LPGAツアー:35勝
初優勝 1981年マツダジャパンクラシック
ベストスコア 63
賞金ランク最高位 LPGAツアー・2位(1983年、1984年、1988年、1990年、1993年)
テンプレートを表示

パティ・シーハンPatty Sheehan1956年10月27日 - )はバーモント州ミドルバリー出身のアメリカ合衆国の女子プロゴルファー。1980年からLPGAツアーに参戦し、メジャー6大会を含む通算35勝をあげている。

アマチュア時代[編集]

シーハンは1972年から1974年にかけてネバダ高校選手権に3連勝し、1975年から1978年までネバダ州アマチュア大会で連覇し、1977年と78年にカリフォルニア女子アマチュア大会で2連勝している。1979年の全米女子アマチュアゴルフ選手権で2位となり、1980年には大学女子競技スポーツ連盟 (AIAW - 現在は全米大学体育協会に機能が受け継がれている) の全国大会で個人優勝を果たした。1980年、カーティスカップ (Curtis Cup)・アメリカチームのメンバーとして全勝した。彼女はネバダ大学リノ校とサンノゼ州立大学に通った。

プロ転向後[編集]

1980年にプロに転向し、LPGAツアーに参戦。1981年にマツダジャパンクラシックで初優勝を飾り、同年のLPGAルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出された。1980年代を通じて強豪選手として活躍し、1983年と1984年には4勝ずつあげ、メジャー大会の全米女子プロゴルフ選手権に2連勝した。1983年はLPGAプレーヤー・オブ・ザ・イヤーも獲得している。1987年にはスポーツ・イラストレイテッドが選ぶスポーツマン・オブ・ザ・イヤーの1人となった。

シーハンの1990年代は1990年の年間5勝という成績から始まった。1992年と1994年の全米女子オープンで優勝し、1993年の全米女子プロゴルフ選手権を制し、1996年のナビスコ・ダイナ・ショア大会(2009年現在はクラフト・ナビスコ選手権となっている)に勝利した。これが彼女のLPGAツアーにおける最後の優勝となった。通算30勝目をあげた1993年に世界ゴルフ殿堂入りを果たしている[1]。1982年から1993年まで、常にLPGA賞金ランキングの上位10位以内に入った。

シーハンはレズビアンである事を公表した、初めてのLPGAプレーヤーである[2]。シーハンとパートナーのレベッカ・ガストンには2人の養子がいる。

LPGAツアーの優勝歴[編集]

通算35勝。太字はメジャートーナメント大会。

LPGAツアー以外の優勝[編集]

※同大会がLPGAツアーに組み込まれる以前の優勝である(当然メジャー大会でもない)。

LPGAメジャー大会の成績[編集]

トーナメント 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979 1980
ナビスコ・ダイナ・ショア大会 ... ... ... ... ... ... ... ... ... ...
全米女子プロゴルフ選手権 DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP
全米女子オープン DNP DNP DNP DNP DNP CUT CUT CUT CUT DNP
デュモーリエ・クラシック ... ... ... ... ... ... ... ... DNP T28
トーナメント 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990
ナビスコ・ダイナ・ショア大会 ... ... T30 T8 T7 T38 2 T63 T23 T11
全米女子プロゴルフ選手権 CUT DQ 1 1 T38 2 T7 CUT 7 T5
全米女子オープン T6 T29 T2 T5 T12 T44 T21 2 T17 2
デュモーリエ・クラシック 6 11 T5 T8 T10 T22 CUT T23 T4 2
トーナメント 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000
ナビスコ・ダイナ・ショア大会 T3 T3 T12 T19 T43 1 63 T42 T73 T47
全米女子プロゴルフ選手権 T64 T7 1 T7 T3 T10 CUT CUT DNP T46
全米女子オープン T15 1 6 1 T10 T14 T9 CUT DNP CUT
デュモーリエ・クラシック CUT T13 DNP T11 T25 DNP DNP T59 DNP DNP
トーナメント 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007
クラフト・ナビスコ選手権 CUT 71 T70 CUT CUT CUT DNP
全米女子プロゴルフ選手権 DNP CUT DNP DNP DNP DNP DNP
全米女子オープン DNP CUT DNP DNP DNP DNP DNP
全英女子オープン ^ DNP DNP DNP DNP DNP DNP DNP

† 現在クラフト・ナビスコ選手権として知られているこのトーナメントは1999年までナビスコ・ダイナ・ショア大会であった。2000年にナビスコ選手権になり、2002年に現在の名称となった。
^全英女子オープンは 2001年からデュモーリエ・クラシックの代わりにLPGAメジャー大会に昇格した。
LA = ローアマチュア(最優秀アマチュア選手)
DNP = 出場せず
CUT = 予選落ち
WD = 棄権
DQ = 出場資格無し
... = メジャー大会ではなかった
"T" = 複数の選手と順位を分け合った(タイ)
グリーン地は優勝、黄色地はトップ10入りを表している。

脚注[編集]

  1. ^ World Golf Hall of Fame Profile: Patty Sheehan” (英語). World Golf Village.com. 2009年9月1日閲覧。
  2. ^ GLAAD Applauds Veteran Golfer Patty Sheehan for Coming Out” (英語). Queer Resources Directory.org (1998年4月11日). 2009年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]