the popular music

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
筒美京平 トリビュート the popular music
Various Artistsトリビュート・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル NAYUTAWAVE RECORDS
プロデュース 渡辺忠孝(アルバム)
平野澄人(#2)
徳永英明坂本昌之(#3)
鎌田こーじ(#4)
DJ ARTS a.k.a ALL BACK(#6)
吉岡航(#8)
常田真太郎(#11)
横山剣(#12)
チャート最高順位
テンプレートを表示

筒美京平 トリビュート the popular music』(つつみきょうへい トリビュート ザ ポピュラー ミュージック)は、作曲家・筒美京平の楽曲を尊敬する12組のアーティスト歌ったトリビュート・アルバムである。2007年7月11日リリース。初の作曲家のトリビュート盤である[3]

ライナーノーツに松尾潔の寄稿がある。筒美の歌作りの厳しさや、筒美の持つ優しさについて書かれている。

収録曲[編集]

  1. さらば恋人/山崎まさよし(作詞:北山修 作曲:筒美京平 編曲:服部隆之
    オリジナル…堺正章 1971年5月1日。お笑い芸人である次長課長河本準一がタンバリンで参加している。
  2. ブルー・ライト・ヨコハマ/柴咲コウ(作詞:橋本淳 作曲:筒美京平 編曲:田辺恵二 ストリングスアレンジ:前嶋康明
    オリジナル…いしだあゆみ 1968年12月25日
  3. たそがれマイ・ラブ/徳永英明(作詞:阿久悠 作曲:筒美京平 編曲:徳永英明/坂本昌之
    オリジナル…大橋純子 1978年8月5日
  4. セクシャルバイオレットNo.1/つんく♂シャ乱Q)(作詞:松本隆 作曲:筒美京平 編曲:鈴木俊介
    オリジナル…桑名正博 1979年7月21日
  5. 人魚/BONNIE PINK(作詞:NOKKO 作曲:筒美京平 編曲:小林俊太郎
    オリジナル…NOKKO 1994年3月9日
  6. お世話になりました/ET-KING(作詞:山上路夫 補作詞:ET-KING 作曲:筒美京平)
    オリジナル…井上順之 1971年9月25日。なお歌詞は大幅に変えてある。
  7. 飛んでイスタンブール/秋川雅史(作詞:ちあき哲也 作曲:筒美京平 編曲:妹尾武
    オリジナル…庄野真代 1978年4月1日
  8. 魅せられて/島谷ひとみ(作詞:阿木燿子 作曲:筒美京平 編曲:中野雄太
    オリジナル…ジュディ・オング 1979年2月25日
  9. 夏のクラクション/ゴスペラーズ(作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平 編曲:井上鑑
    オリジナル…稲垣潤一 1983年7月21日
  10. 真夏の出来事/melody.(作詞:橋本淳 作曲:筒美京平 編曲:melody.,浜松祐一 for my)
    オリジナル…平山みき 1971年5月25日
  11. 木綿のハンカチーフ/草野マサムネスピッツ)(作詞:松本隆 作曲:筒美京平 編曲:常田真太郎
    オリジナル…太田裕美 1975年12月21日
  12. また逢う日まで/クレイジーケンバンド(作詞:阿久悠 作曲:筒美京平 編曲・コーラスアレンジ:小野瀬雅生 ホーンアレンジ:小野瀬雅生+Trio the Dog Horns)
    オリジナル…尾崎紀世彦 1971年3月5日

脚注[編集]

  1. ^ a b c you大樹”. Oricon. 2015年6月30日閲覧。 (subscription only)
  2. ^ 週間 CDソフト TOP20 アルバム ランキング TOP20 2007年7月9日-2007年7月15日 調査分”. サウンドスキャン. 2015年6月30日閲覧。
  3. ^ 12アーティストによる筒美京平トリビュート・アルバムが完成”. BARKS (2007年6月12日). 2014年6月7日閲覧。