小野瀬雅生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野瀬 雅生(おのせ まさお、1962年11月14日 -)は、日本のミュージシャン、エッセイスト声優

クレイジーケンバンド」のギター担当であり、バンド「小野瀬雅生ショウ」のリーダーである。ヒゲ、ウエーブのかかった黒髪、黒マントにシルクハット姿がトレードマーク。あだなは「のっさん」。

プロフィール[編集]

神奈川県横浜市菊名で生まれ、父の仕事の関係で横浜市内を転々としてすごす。

SF、ミステリなどの読書も好きであったが、中学時代に音楽に目覚め、ギター少年となりバンドを組む。また、生家の隣にすんでいた4歳年上の安西史孝(のち、キーボード奏者、作編曲家)から、音楽的な影響を受ける。

高校時代はドゥービー・ブラザーズのコピーバンドを結成して活動[1]。ヤマハ主催のコンテスト「EastWest」ジュニアの部で決勝に進出した。その一方でマニアックに色々な音楽を聴いていた。なお、中小企業診断士の竹内幸次は、高校時代のギター仲間。

その後も様々なバンドに所属して音楽活動を続けるが、活動に行き詰まっていた1989年の大晦日に、現クレイジーケンバンドのドラム担当の廣石恵一に誘われ、横山剣が主催するクレイジーケンバンドの原形にあたるバンド「ZAZOU」に参加。その後も、「CK'S」、「クレイジーケンバンド」と名前を変えたバンドに中核メンバーとして参加。ハード・ロックばりのギター等を担当する以外にも、自らの楽曲をバンドに提供している。

「クレイジーケンバンド」のライブでの、小野瀬の楽曲を披露するコーナーを、横山が「小野瀬雅生ショウ」と呼んだことから、2000年12月に「小野瀬雅生ショウ」というソロ・アルバムをリリース。

そして、高橋利光(キーボード担当。クレイジーケンバンドのメンバーでもある)、大澤逸人(ベース担当)、今村功司(ドラム担当)と、バンド「小野瀬雅生ショウ」を結成。以降、「クレイジーケンバンド」での活動と並行して、「小野瀬雅生ショウ」やソロでの、活動を続けている。(後に、2005年頃よりサポートギタリストとして参加していた、須藤祐も正式メンバーとなった)

映画ファンでもあり、「クレイジーケンバンド」のCDを、小野瀬がファンであるアキ・カウリスマキ監督にかかさず送っていたことから、楽曲「ハワイの夜」(クレイジーケンバンド)と「Motto Wasabi」(小野瀬雅生ショウ)とがカウリスマキ映画『過去のない男』に使用された。

天丼をはじめとしたB級グルメマニア、プロ野球マニアであり、それぞれについてのコラムを執筆。雑誌「en-taxi」には、小説も発表している。

また、その独特の声をいかして、リリー・フランキー原作のアニメ『おでんくん』では「怪盗カニコウモリ」の声優を担当したが、2013年の新作がんばれ!おでんくんでは別の声優に変わっている。

小野瀬雅生ショウ作品[編集]

  • 小野瀬雅生ショウ 2000.12(小野瀬と高橋による、ほぼソロアルバム)
  • Little High Big Now 2003.7(ここから、現メンバーによるバンド・アルバム)
  • ジャム・カレット 2005.4
  • Sanctuary 2006.5
  • パビリオン 2006.11

DVD(小野瀬雅生出演)[編集]

  • 直伝 イカ釣り船 完全解説 2007.4

著書[編集]

  • 小野瀬雅生のギタリスト大喰らい―炎のロック★ギタリスト大全 P-Vine Books 2008.9 ISBN 9784860202736

脚注[編集]

  1. ^ 現在の小野瀬の「黒マントにシルクハット」のスタイルは、「悪魔くん」のメフィストと、ドゥービー・ブラザーズのアルバム「キャプテン&ミー」ジャケットでのメンバーの扮装に由来するという。

外部リンク[編集]