Microsoft Forefront Threat Management Gateway

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Windows > Windowsのセキュリティ機能 > Microsoft Forefront Threat Management Gateway
Microsoft Forefront Threat Management Gateway 2010
開発元 マイクロソフト
初版 2009年11月17日 (2009-11-17)[1]
最新版
2010 SP2 / 2011年10月10日 (10年前) (2011-10-10)[2]
対応OS Windows Server 2008
プラットフォーム x86-64
前身 ISA Server
対応言語 英語、簡体中国語、繁体中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語[3]
サポート状況 2012年9月12日に廃止[4]
種別 ルーター, ファイアウォール, アンチウイルス, 仮想プライベートネットワーク, ウェブキャッシュ
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト www.microsoft.com/tmg
テンプレートを表示

Microsoft Forefront Threat Management Gateway (Forefront TMG)は、以前はMicrosoft Internet Security and Acceleration Server (ISA Server)と呼ばれていた製品で、マイクロソフトがかつてリリースしていたネットワークルーターファイアウォールアンチウイルスプログラムVPNサーバウェブキャッシュ機能を提供するサーバ製品。Windows Server上で動作し、このサーバを通過するすべてのネットワークトラフィックを検査する[5]

機能[編集]

Microsoft Forefront TMGは、次のような一連の機能を提供する[6]

  1. ルーティングおよびリモートアクセス機能: Microsoft Forefront TMGは、ルーター、インターネットゲートウェイ仮想プライベートネットワーク(VPN)サーバー、ネットワークアドレス変換(NAT)サーバ、およびプロキシサーバとして機能する。
  2. セキュリティ機能: Microsoft Forefront TMGは、ネットワークトラフィック(ウェブコンテンツ、安全な接続によるウェブコンテンツ、電子メールを含む)を検査し、マルウェアを除去し、セキュリティの脆弱性や事前定義されたセキュリティポリシーに一致しないコンテンツをブロックするファイアウォールである。技術的な意味では、Microsoft Forefront TMGは、アプリケーション層保護、ステートフルフィルタリング、コンテンツフィルタリング、およびマルウェア対策保護を提供する。
  3. ネットワークパフォーマンス機能: Microsoft Forefront TMGは、ネットワークパフォーマンスも向上させることができる。ウェブトラフィックを圧縮して通信速度を向上させることができる。また、ウェブキャッシュも提供する。頻繁にアクセスされるウェブコンテンツをキャッシュできるため、ユーザーはローカルネットワークキャッシュからより高速にアクセスできる。Microsoft Forefront TMG 2010は、Microsoft Update ウェブサイトで公開されているソフトウェアの更新など、Background Intelligent Transfer Serviceを介して受信したデータをキャッシュすることもできる。

Microsoft Forefront TMG MBE[編集]

Microsoft Forefront Threat Management Gateway Medium Business Edition (Forefront TMG MBE) は、Windows Essential Business Serverにも含まれていたISA Server 2016の次のバージョンである。このバージョンは、64ビット版のWindows Server 2008でのみ実行され、アレイサポートやエンタープライズポリシーなどのエンタープライズ版の機能をサポートしていない。Forefront TMG MBEのメインストリームサポートは2013年11月12日に終了した[7]

Microsoft Forefront TMG 2010[編集]

Microsoft Forefront Threat Management Gateway 2010 (Forefront TMG 2010) は2009年11月17日にリリースされた[1]。ISA Server 2006を基盤として構築され、強化されたウェブ保護、ネイティブ64ビットサポート、Windows Server 2008およびWindows Server 2008 R2のサポート、マルウェア保護、およびBITSキャッシングが強化された。この製品のService Pack 1は、2010年6月23日にリリースされた[8]。これには、Windows Server 2008 R2およびSharePoint 2010製品ラインをサポートするためのいくつかの新機能が含まれていた[9]。この製品のService Pack 2は2011年10月10日にリリースされた[2]。2012年9月9日、マイクロソフトはForefront Threat Management Gateway 2010でこれ以上の開発は行われず、製品は2012年12月1日をもって購入できなくなると発表しました。メインストリームサポートは2015年4月14日に終了し、延長サポートは2020年4月14日に終了した[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Forefront Threat Management Gateway 2010 Release”. Forefront TMG (ISA Server) team blog. Microsoft corporation (2009年11月17日). 2010年3月26日閲覧。 “It is our pleasure to announce that Forefront Threat Management Gateway (TMG) 2010 was released to manufacturing yesterday (Nov 16th, 2009) [~snip~]”
  2. ^ a b Download details: Microsoft Forefront Threat Management Gateway (TMG) 2010 Service Pack 2”. Microsoft Download Center. Microsoft corporation (2011年10月10日). 2011年11月17日閲覧。
  3. ^ Download Microsoft Forefront Threat Management Gateway 2010”. Microsoft corporation. 2010年3月26日閲覧。
  4. ^ a b Important Changes to Forefront Product Roadmaps”. Microsoft TechNet. Microsoft Corporation (2012年9月12日). 2012年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月22日閲覧。
  5. ^ Forefront Threat Management Gateway: Overview”. Microsoft. 2010年3月1日閲覧。
  6. ^ Forefront Threat Management Gateway: Features”. Microsoft corporation. 2010年3月1日閲覧。
  7. ^ http://support.microsoft.com/lifecycle/search/default.aspx?sort=PN&alpha=forefront&Filter=FilterNO
  8. ^ Download details: Microsoft Forefront Threat Management Gateway (TMG) 2010 Service Pack 1”. Microsoft Download Center. Microsoft corporation (2010年6月23日). 2010年7月15日閲覧。
  9. ^ What's new in Forefront TMG 2010 SP1”. Microsoft TechNet. Microsoft Corporation (2010年6月15日). 2010年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]