高尾山分屯基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高尾山分屯基地のJ/FPS-4レーダー

高尾山分屯基地(たかおやまぶんとんきち、JASDF Takaoyama Sub Base)とは、島根県松江市美保関町森山632に所在し、第7警戒隊が配置されている航空自衛隊春日基地の分屯基地である。

分屯基地司令は、第7警戒隊長が兼務。

ブルーインパルスジュニアに代表される部活動の「高尾山レッドクラブ」が所属する部隊。

配置部隊[編集]

西部航空方面隊隷下[編集]

高尾山レッドクラブ[編集]

高尾山レッドクラブ(たかおやまれっどくらぶ、Takaoyama Red Crab)とは、ブルーインパルスジュニアに代表される部活動のひとつである。費用は全て部員のポケットマネーや隊員からのカンパでまかなわれている。

「レッドクラブ」は警戒隊に所属する隊員によって構成され、F-22仕様(旧型はF-15)のカウルを被せた自転車を使って、航空祭等で迫力ある2次元アクロバット展示走行をする。

他基地にも同様クラブ等が存在するが、本基地には、航空自衛隊の基地でありながら航空機が配備されていないことから、特徴としては自転車を使っていることと、航空自衛隊に現存しない航空機モチーフにしているところである。

関連項目[編集]