当別分屯基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

当別分屯基地(とうべつぶんとんきち、JASDF Toubetu Sub Base)とは、北海道石狩郡当別町字弁華別番外地に所在し、北部航空警戒管制団第45警戒群が配置されている航空自衛隊三沢基地の分屯基地である。

分屯基地司令は、第45警戒群司令が兼務。

配置部隊[編集]

北部航空方面隊隷下

沿革[編集]

  • 1953年:アメリカ軍の第848航空警戒管制中隊第45分遣隊(848th Aircraft Control & Warning Squadron Detachment 45)により基地開設
  • 1955年:航空自衛隊による展開開始
  • 1959年:アメリカ軍よりレーダー設備移管
  • 1961年:北部航空警戒管制団の編成に伴い、第45警戒群編成
  • 1973年:J/FPS-1レーダーの運用開始
  • 1995年:J/FPS-3レーダーの運用開始
  • 2009年:J/FPS-3レーダーをJ/FPS-3Aに改修、BMD対処能力付与[1]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.mod.go.jp/j/approach/hyouka/seisaku/results/19/sougou/sankou/02.pdf

外部リンク[編集]

関連項目[編集]