奥尻島分屯基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯42度09分36秒 東経139度26分44秒 / 北緯42.16000度 東経139.44556度 / 42.16000; 139.44556 奥尻島分屯基地(おくしりとうぶんとんきち、JASDF Okushiritou Sub Base)とは、北海道奥尻郡奥尻町字湯浜無番地に所在し、奥尻島に第29警戒隊が配置されている航空自衛隊三沢基地の分屯基地である。

分屯基地司令は、第29警戒隊長が兼務。

配置部隊[編集]

北部航空方面隊隷下

沿革[編集]

  • 1993年(平成5年)7月12日:北海道南西沖地震が発生した。奥尻島分屯基地では、地震発生直後ただちに近傍災害派遣を発令し、北海道本土からの救援部隊が到着する前に、崩壊したホテルでの救出活動や、青苗地区での消火・救助活動に従事すると共に、負傷者に対しての医療支援・食料提供等を実施した。この地震でレーダーサイトが損傷したため、復旧するまでの間E-2C早期警戒機による防空支援が実施された[1]

参考文献[編集]

  1. ^ 杉山隆男『兵士に告ぐ』小学館、2007年。ISBN 978-4-09-389204-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]