関ケ原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関ヶ原駅から転送)
移動先: 案内検索
関ケ原駅
駅舎(南側、2005年04月)
駅舎(南側、2005年04月)
せきがはら
Sekigahara
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原
所属事業者 JR logo (central).svg東海旅客鉄道(JR東海)
電報略号 セラ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
1,002人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1883年明治16年)5月1日
乗入路線
所属路線 東海道本線(上り本線・垂井線)
キロ程 423.8km(東京起点)
垂井 (5.7km)
(7.1km) 柏原
所属路線 東海道本線(下り本線)
*大垣 (13.8km)
(7.1km) 柏原
備考 業務委託駅
みどりの窓口
* この間に南荒尾信号場有り(当駅から10.7km先)。
テンプレートを表示
駅入口
駅名標。小文字の「」を使う

関ケ原駅(せきがはらえき)は、岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線である。

南荒尾信号場で分岐していた上り本線・下り本線と通称「垂井線」と呼ばれる単線が当駅で合流する。岐阜県最西端の駅である。またTOICAの自社使用可能圏内の西端でもある。

歴史[編集]

駅構造[編集]

北側から見たホーム(2005年04月)
ホーム

島式ホーム2面4線を有する地上駅である。駅舎は構内南側にあり、2つのホームとは跨線橋で連絡している。

東海交通事業の職員が業務を担当する業務委託駅で、大垣駅が当駅を管理している。みどりの窓口簡易型自動改札機が設置されている。青色の簡易型自動改札機は愛知県内・静岡県内の一部小規模駅で多く導入されているが、岐阜県内では当駅が唯一である。[要出典]当駅から岐阜方面に限り、TOICAおよび相互利用先IC乗車カードの対応区間となっている(ただし、2019年を目途に当駅以西でもTOICAの使用が可能となる見込み)。

当駅で上り方面へ折り返す列車は上り本線に進入できないため、いったん垂井線を東京方面に向かい垂井駅から上り本線に入る。そのため当駅から垂井駅までは複線を逆走しているように見える。

大垣駅 - 関ケ原駅間の東海道本線の配線

当駅以西は、国道21号と併走する区間(関ケ原町大字今須)に県境があり、ここまで岐阜県であるが(夏場以外は車窓からもカントリーサインが見える)、ここと当駅との間にトンネルを含めた峠越えがある。当駅から米原駅までは東海道本線(美濃赤坂線を除く)で最も本数が少ない区間であり、当駅を含む大垣駅 - 米原駅間の日中における普通列車は1時間に2本である。

のりば[編集]

番線 路線 方向 経由 行先 備考
1 東海道本線 下り 垂井線経由 米原京都方面[1]  
2 上り 大垣名古屋方面[1] 当駅始発専用
3 下り 本線経由 (特急・貨物列車の通過のみ)
4 上り 大垣・名古屋方面  

下り停車列車はすべて垂井駅を経由するため、垂井線用の1番線ホームのみを使用する。本来の下り本線である3番線は貨物・特急が通過するのみである。

利用状況[編集]

「岐阜県統計書」によると、1日平均の乗車人員は以下の通りである。

年度 1日平均
乗車人員
2005年 1,029
2006年
2007年 1,027
2008年 1,051
2009年 1,032
2010年 1,071
2011年 1,095
2012年 1,066
2013年 1,036
2014年 990
2015年 1,002

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

名阪近鉄バス

  • 関ヶ原多良線
    • 時 行(牧田(上野)経由)
    • 牧田(上野) 行
      牧田(上野)で大垣駅前、時行の大垣多良線と連絡する便あり。
  • 大垣伊吹山線(季節運行)

期間限定バス[編集]

  • 養老関ヶ原めぐりバス[4](岐阜県が名阪近鉄バスに委託して運行)[5]
    • 養老駅-関ヶ原駅-関ヶ原ふれあいセンター前-養老駅
      • 運行は平成28年7月23日~平成28年12月25日までの土日祝日限定で運賃は無料

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
東海道本線(上り本線・垂井線)
特別快速・新快速・快速・区間快速・普通(上り区間快速は当駅始発のみ)
垂井駅 - 関ケ原駅 - 柏原駅
東海道本線(下り本線)
(優等列車・貨物列車のみ)
大垣駅 → (南荒尾信号場) → 関ケ原駅 - 柏原駅
1986年昭和61年)まで、下り本線の南荒尾信号場と当駅の間に新垂井駅が存在した。

かつて存在した路線[編集]

逓信省鉄道局(官設鉄道)
東海道線(旧線)
(垂井駅 -) 関ケ原駅 - (貨)深谷駅 - 長岡駅(現・近江長岡駅)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅構内の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(駅掲示用時刻表のPDFが使われているため。2015年1月現在)。
  2. ^ 中根真依(2015年10月5日). “愛称「いざ!関ケ原」 駅前観光交流館オープン”. 中日新聞 (中日新聞社)
  3. ^ “「いざ!関ケ原」発進 JR駅前に観光交流館”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2015年10月5日)
  4. ^ 無料巡回バス - みりょく発見!!養老鉄道沿線めぐりサイト内
  5. ^ 「養老関ケ原めぐりバス」・「養老駅シャトルバス」の運行及び養老鉄道沿線イベント等の開始について - 岐阜県公式サイト内

関連項目[編集]