長崎・佐賀連続保険金殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長崎・佐賀連続保険金殺人事件(ながさき・さがれんぞくほけんきんさつじんじけん)は1999年に発覚した保険金殺人事件である。

概要[編集]

夫や子供を持つ女が、愛人Hと共謀して「夫と次男に保険金を掛けて殺害した」ことで注目された。女は看護師資格を持っていたため、睡眠薬の調合ができた。

佐賀県夫殺害事件
女の夫が佐賀県ホステスと不倫関係に陥った。ホステスの夫であったマスターは逆恨みをし、女に迫り、全裸写真を撮影する。さらにマスターは写真で女を脅迫し、愛人関係を持つに至った。その後女はマスターが経営するスナックで働き始め、そこで客であったHと出会い、これと愛人関係になる。Hはマスターとの関係を清算する代わりに、女に夫に保険金を掛けて保険金殺人をするよう迫った。1992年9月、女は夫(当時36歳)に睡眠導入剤を混入したカレーライスを食べさせた上、佐賀県藤津郡太良町の大浦海岸で転落させて水死させ、約9000万円の保険金を騙し取った。
長崎県次男殺害事件
1998年10月27日、女は当時高校生だった女の次男(当時16歳)を夜釣りに誘い出し、睡眠薬を飲ませる。そして、女はHと共に寝ている次男を長崎県北高来郡小長井町(現:諫早市)の海に突き落とした。睡眠薬の効き目が切れたのか次男は泳いで岸までたどり着くが、女は岸辺にしがみつく次男の頭を押さえつけて水死させた。次男には約3500万円の保険金がかけられていた。

裁判[編集]

1999年8月30日警察はHと女を殺人容疑で逮捕。その後の捜査で、女の長男(当時19歳)や長女(当時10歳)にもそれぞれ4000万円と2500万円の保険金を掛けており、長女には何回か睡眠薬を飲ませていたことが発覚した。

2003年1月31日長崎地裁でHと女に死刑判決が下る。二人は控訴。女の長男と長女は母の助命嘆願書を提出。2004年5月21日福岡高裁はHの死刑判決を維持する一方で、女を無期懲役判決に減刑。2005年10月25日最高裁は女の上告棄却して無期懲役が確定。2008年1月31日、最高裁はHの上告を棄却し、死刑確定。

2016年現在、Hは福岡拘置所収監されている。

その他[編集]

  • ギャンブル依存症だった愛人Hには多額の借金があり、資産家だった女の資産や女の夫の保険金がギャンブル費用に消えていった。またHは女のことを「金づる」と第三者に言っており、女への愛情がなかった。
  • 実母に殺害された次男の小学校卒業文集には、母への感謝の念と中学・高校になっても同じように育ててくれることを母に希望する言葉が綴られていた。