北高来郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 九州地方 > 長崎県 > 北高来郡
長崎県北高来郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域)

北高来郡(きたたかきぐん)は、長崎県にあった

長崎県内では所在・管轄する地域を示す郡名の略称として北高(ほっこう)とも呼ばれた。

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 長崎市の一部(戸石町、上戸石町、船石町、中里町、古賀町、松原町以東)
  • 諫早市の大部分(多良見町各町を除く)

歴史[編集]

郡発足までの沿革[編集]


知行 村数 村名
藩領 肥前佐賀藩 1町
34村
船越村、諌早市中[1]、小川村、栗面村、小野村、宗方村[2]、長野村[2]、川内町村、小野島村、森山村、井牟田村、有喜村、唐比村、江ノ浦村、田結村、戸石村、栄田村、貝津村、真崎村、久山村、下本明村、中本明村、大渡野村、福田村、東長田村、西長田村、深海村、藤田尾村、小江村、犬木村、湯江村、宇良村、長里村[3]、小川原浦村、井崎村
幕府領・藩領 長崎奉行・肥前大村藩 1村 古賀村

郡発足以降の沿革[編集]

  • 明治11年(1878年
    • 10月28日 - 郡区町村編制法の長崎県での施行により、高来郡のうち諫早村ほかの区域に行政区画としての北高来郡が発足。郡役所が諫早村に設置。
    • 東町・西町・岡町・諫早津が合併して諫早町となる。(1町35村)
1.諫早町 2.諫早村 3.北諫早村 4.小栗村 5.小野村 6.森山村 7.有喜村 8.江ノ浦村 9.田結村 10.戸石村 11.古賀村 12.真津山村 13.本野村 14.長田村 15.深海村 16.小江村 17.湯江村 18.小長井村(紫:長崎市 桃:諫早市)
  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。[ ]は合併した村。(1町17村)
  • 明治30年(1897年)4月1日 - 郡制を施行。
  • 大正12年(1923年)4月1日
    • 郡会が廃止。郡役所は存続。
    • 諫早町・北諫早村・諫早村が合併し、改めて諫早町が発足。(1町15村)
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和15年(1940年
    • 9月1日 - 諫早町・小栗村・小野村・有喜村・真津山村・本野村・長田村が合併して諫早市が発足し、郡より離脱。(9村)
    • 11月3日 - 湯江村が町制施行して湯江町となる。(1町8村)
  • 昭和30年(1955年2月11日(1町5村)
  • 昭和31年(1956年9月20日 - 深海村・小江村・湯江町が合併して高来町が発足。(1町3村)
  • 昭和40年(1965年)4月1日 - 飯盛村が町制施行して飯盛町となる。(2町2村)
  • 昭和41年(1966年11月1日 - 小長井村が町制施行して小長井町となる。(3町1村)
  • 昭和44年(1969年)4月1日 - 森山村が町制施行して森山町となる。(4町)
  • 平成17年(2005年3月1日 - 森山町・飯盛町・高来町・小長井町が諫早市・西彼杵郡多良見町と合併し、改めて諫早市が発足。同日北高来郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本項では1町として数える。
  2. ^ a b 明治初年の一時期に小野村の一部となっていたためか記載なし。
  3. ^ 長田村と誤記されている。
  4. ^ 実際には旧・佐賀藩領はいったん伊万里県の管轄となり、明治5年1月に長崎県に編入。
  5. ^ 明治8年あるいは9年の改称とする史料もある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
高来郡
行政区の変遷
1878年 - 2005年
次代:
(消滅)