金太郎温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:外観の画像提供をお願いします。2016年11月
Hot springs 001.svg 金太郎温泉
温泉情報
所在地 富山県魚津市
座標 北緯36度50分22.2秒 東経137度26分11.6秒 / 北緯36.839500度 東経137.436556度 / 36.839500; 137.436556座標: 北緯36度50分22.2秒 東経137度26分11.6秒 / 北緯36.839500度 東経137.436556度 / 36.839500; 137.436556
交通 鉄道:あいの風とやま鉄道線魚津駅よりバスで約15分
泉質 含硫黄(硫化水素型)塩化物泉
泉温(摂氏 75 °C
湧出量 1500L/分
pH 不明(弱アルカリ性)
宿泊施設数 1
総収容人員数 500 人/日
外部リンク 金太郎温泉
テンプレートを表示
株式会社金太郎温泉
KINTARO ONSEN CO., LTD.
種類 株式会社
本社所在地 937-0013 
富山県魚津市天神野新6000番地
設立 1965年昭和40年)6月
(株式会社金太郎温泉天神山健康センター)
業種 サービス業
法人番号 4230001007050 ウィキデータを編集
事業内容 宿泊、各種宴会、日帰り入浴施設の運営
代表者 木下 荘司(代表取締役社長)
資本金 10億9,600万円
発行済株式総数 10万9,600株
売上高 16億5,654万6千円(2008年5月期)
営業利益 8,237万9千円(2008年5月期)
純利益 5,439万5千円(2008年5月期)
純資産 8億66百万円
(2008年5月31日現在)
総資産 27億54百万円
(2008年5月31日現在)
従業員数 99人(2008年5月31日現在)
決算期 5月31日
主要株主 木下 荘司 2.92%
布目 荘太 2.48%
竹田 善作 1.37%
菱機工業(株) 1.37%
(2008年5月31日現在)
外部リンク http://www.kintarouonsen.co.jp/
テンプレートを表示

金太郎温泉(きんたろうおんせん)は、富山県魚津市(旧国越中国)にある温泉国際観光旅館連盟に加盟している[1]

この地域は金太郎にゆかりは無いが、温泉名はこの温泉の創業者・石黒七平が金太郎の様に健康になるようにという願いを込めて付けた。

温泉街[編集]

株式会社金太郎温泉の経営する一軒宿の「金太郎温泉 光風閣」、および併設の日帰り入浴施設「カルナの館」などが存在する。

光風閣
一軒宿としては規模が非常に大きく、300坪の壁面大浴殿がある。
カルナの館
500坪の内湯(立山連峰パノラマ大浴殿)、300坪の庭園露天風呂を集客の柱にしている。健康を守る女神「カルナ」から命名されている[2]
内湯は国内最大級の屋内岩風呂[3]で、四国から集めた奇岩・銘石5,000tを立山をイメージして高さ10mに積み上げている[2]
ゴールデンリバー
夏季営業のレジャープール[4]

過去に存在していた施設[編集]

ゴールデンランド(きんちゃん)
1984年3月18日に開園した遊園地。遊具は1983年に開催されたにっぽん新世紀博覧会で使用されていた『サイクルヘリコプター』、『グレートポセイドン』、『マッドマウス』、『スーパースイング』の4種類。本館南側の駐車場に設置され、利用料金は1人1回200~300円であった。なお、冬季は休業していた。[5]
カラオケハウス「やまびこ」
1989年6月にオープンしたカラオケハウス[6]

泉質[編集]

  • 含硫黄 - ナトリウム・カルシウム - 塩化物泉(硫化水素型)で、お湯は硫黄・鉄・塩分を含み、神経痛や胃腸痛をはじめ多くの病気に効能がある[2]源泉温度は75℃。地下1000mまでボーリングを実施して温泉を掘り当てた。

当地には3本源泉が存在するが、泉質は同じである。

歴史[編集]

アクセス[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『金太郎温泉30年のあゆみ』(1995年8月24日発行)94ページ
  2. ^ a b c 北日本新聞 2003年10月16日付朝刊17面・全面広告より。
  3. ^ a b 北日本新聞 2003年10月17日付朝刊12面『岩風呂は立山イメージ 魚津・金太郎温泉 新浴場棟きょうオープン』より。
  4. ^ a b 『金太郎温泉30年のあゆみ』(1995年8月24日発行)93ページ
  5. ^ 『金太郎温泉30年のあゆみ』(1995年8月24日発行)40ページ
  6. ^ 『金太郎温泉30年のあゆみ』(1995年8月24日発行)49ページ
  7. ^ a b 『金太郎温泉30年のあゆみ』(1995年8月24日発行)87ページ
  8. ^ 『金太郎温泉30年のあゆみ』(1995年8月24日発行)88ページ
  9. ^ 『金太郎温泉30年のあゆみ』(1995年8月24日発行)94ページ
  10. ^ 『金太郎温泉30年のあゆみ』(1995年8月24日発行)95ページ
  11. ^ 『金太郎温泉30年のあゆみ』(1995年8月24日発行)96ページ
  12. ^ 『金太郎温泉30年のあゆみ』(1995年8月24日発行)45ページ
  13. ^ 『金太郎温泉30年のあゆみ』(1995年8月24日発行)50、98ページ
  14. ^ 『金太郎温泉30年のあゆみ』(1995年8月24日発行)98ページ
  15. ^ 『魚津市史 続巻 現代編』(2012年3月31日、魚津市教育委員会発行)294ページより。

関連記事[編集]

外部リンク[編集]