立正佼成会附属佼成病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 立正佼成会附属佼成病院
ロータリーからの病院全景
情報
前身 交成病院
許可病床数

340床
一般病床:320床



療養病床:20床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver6.0
開設者 宗教法人立正佼成会
管理者 甲能直幸(病院長)
開設年月日 1952年8月10日
所在地
166-0012
東京都杉並区和田二丁目25番1号
二次医療圏 区西部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

立正佼成会附属佼成病院(りっしょうこうせいかいふぞくこうせいびょういん)は、東京都杉並区和田にある医療機関。宗教法人立正佼成会が運営する病院である。診療対象は立正佼成会関係者に限らない。

沿革[編集]

1952年8月、交成病院として中野区弥生町に開院。当初の病床数は23であった[1]

1960年6月に「立正佼成会附属佼成病院」に改称。翌年7月には結核病床15を含み、病床数338に達した[1]

施設の老朽化と耐震補強の観点から病院の移転を決定。杉並区和田二丁目の旧・日立製作所和田寮跡地を取得し、2014年9月20日に移転完了。新病院の建設担当は竹中工務店。病床数は340。

診療科[編集]

医療機関の指定等[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 病院案内 立正佼成会付属佼成病院ウェブサイト、2011年3月16日閲覧

外部リンク[編集]