無償教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オスロ大学は授業料が無料である。

無償教育(free education )とは、授業料を取らずに、政府支出または慈善団体を通じて出資された教育である。無償高等教育に関して多数の模範となる制度が提案され終えている。[1] 小学校とその他の総合中等学校または義務教育は多くの国々で無償であり(初等教育の教科書および一定の第3期教育の事務管理費と諸雑費は含まれないことが多い)、北欧諸国では大学院教育英語版が含まれる。[2] 経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約 の第13条は、初等教育での無償教育の権利と、中等教育と高等教育でのその漸進的導入を、教育を受ける権利として保証している。[3]

オスロ大学では、600クローネ(8000円弱 )の小額の学期納付金を除いて授業料がかからない。[4] 2013年からは北ヨーロッパの、エストニアも無償の高等教育の提供を始めた。スウェーデンは21世紀初頭まで外国人学生への無償教育を定めていたが、欧州連合圏外からの留学生への学費を請求する変更が導入された。[5] デンマークにも全学での無償教育があり、18歳以上の学生または18歳未満で高等教育を受けている学生に対して[6]、毎月の給付金である"Statens Uddannelsesstøtte"(または"SU"、国の教育手当 )を支給している。[7] デンマークにおける学士修士号の課程は、その課程や大学によってデンマーク語または英語で提供されている。[8] アルゼンチンそしてブラジルキューバチェコギリシャハンガリートルコウルグアイは、その市民に対して専門学校大学を含めた全ての段階での無償教育を規定している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Public Higher Education Should Be Universal and Free”. 2017年4月30日閲覧。
  2. ^ The Swedish School System Archived 2018-06-16 at the Wayback Machine. Retrieved 20 August 2017.
  3. ^ en:International Covenant on Economic, Social and Cultural Rights, Article 13, 1
  4. ^ Global Scholarships for International Students”. uscollegeinternational.com. 2018年3月2日閲覧。
  5. ^ UKÄ och UHR”. www.hsv.se. 2017年10月18日閲覧。
  6. ^ 404 - side ikke fundet - su.dk”. www.SU.dk. 2017年10月18日閲覧。
  7. ^ Forside”. su.dk. 2016年5月13日閲覧。
  8. ^ Bachelor – Syddansk Universitet”. Sdu.dk (2016年4月18日). 2016年5月13日閲覧。

関連項目[編集]