スウェーデンの教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

この項目では、スウェーデンの教育について扱う。

概要[編集]

2008年の調査(スウェーデン人25–64歳を対象):

  • 15%は義務教育のみ就学
  • 46% 高等教育まで就学
  • 14% 第3次教育(3年未満)
  • 22% 第3次教育(3年以上):女性の26%、男性の19%[1]
  • 教育水準:最高位は25–34歳[2]


スウェーデンの教育[3][4][5][6][7][8]
教育の種類 学校 学年
Forskarutbildning
(forskarnivå)
大学院教育
(博士課程)
Universitet
大学
Högskola som har
vetenskapsområde

University college entitled to conduct
research in a particular discipline
4:e året
3:e året
2:a året
1:a året
Grundläggande högskoleutbildning
(grundnivå & avancerad nivå)
高等教育
(学士・修士課程)
Universitet
大学
2–5 年
Högskola
University college
2–5年
5:an Årskurs 5
4:an Årskurs 4
3:an Årskurs 3
2:an Årskurs 2
1:an Årskurs 1
Gymnasieutbildning
Upper secondary school]
(secondary school)
Gymnasieskola
Upper secondary school
16–19歳
3:an Tredje ring
2:an Andra ring
1:an Första ring
Grundskoleutbildning
義務学校
(primary school)
Grundskola
Compulsory school
7–16歳
(義務教育)
9:an Skolår 9 Årskurs 9
8:an Skolår 8 Årskurs 8
7:an Skolår 7 Årskurs 7
6:an Skolår 6 Årskurs 6
5:an Skolår 5 Årskurs 5
4:an Skolår 4 Årskurs 4
3:an Skolår 3 Årskurs 3
2:an Skolår 2 Årskurs 2
1:an Skolår 1 Årskurs 1
Förskoleklass
Preschool class
(preschool)
Förskoleklass
Preschool class
6歳
Årskurs F
Förskoleverksamheten
Preschool activities
(preschool)
Förskola
Pre-school
1–5歳
 


就学前[編集]

0歳から就学前学校(プリスクール、förskola:教育と保育の機能を持つ)に参加可能[9]

義務教育開始1年前、全ての児童は就学前教室(förskoleklass)への参加機会を提供される[10]


小中学校(Grundskola[編集]

  • 学校種類:
    • 公立学校(grundskola)
    • 私立学校、フリー・スクール(民間、寄付により運営される学校)[15]


成績評価[編集]

8年生から生徒は成績評価を受け取る。

  • 評価段階[12]:
    • 可 (godkänd (G))
    • 良 (Väl godkänd (VG))
    • 優 (Mycket väl godkänd (MVG))
    • 落第 (Icke godkänd (IG))


高等学校へ申告される総合評価は、コア科目(英語、スウェーデン語、数学)及び、評価が高い科目合わせて16科目の合計を計算: G = 10, VG = 15, MVG = 20:最高点 320

2011年秋から、A, B, C, D, E, F(落第)による評価制度が導入



高等学校(gymnasieskola[編集]

  • 期間:3年
  • 登録学生数(2009/10年):394,771[13]
  • 入学手続き:学生は初等教育の成績を基に評価される
  • プログラム:
    • 学習科目は、大学進学プログラムと、職業訓練プログラムに大別[16]され、各プログラムは、4コースに分類される:
      • コア科目:全学生が履修
      • program-specific subjects:プログラム学習のために必修な科目
      • orientation subjects:関連選択科目。2、3年次に履修。
      • individually selected courses:自由選択科目。2、3年次に履修。

成績評価[編集]

小中学校と同じ


私立学校[編集]

  • 1992年、政府は私立学校へ公立学校と同等の助成金支給を決定。
  • 2008年、フリースクールの数:900校[17] 国内児童の10%以上が、フリースクールへ登録[18]
  • スウェーデン・フリースクールは、アメリカ合衆国のチャーター・スクール英国アカデミーに類似
  • 学費、入学試験は無し。政府からの助成金と寄付金で運営。[19]



第3次教育[編集]

第3次教育
資格職業教育 KY2
KY1
KomVux(成人教育) PS
高等学校 (職業技術)
16–19歳
S3
S2
S1


学費:

  • スウェーデン人:税金で賄われ無料。 
  • 留学生:80,000-100,000 SEK/年[20]


高等教育[編集]

学費(2011年時点):スウェーデン人、欧州連合/欧州経済地域の居住者、スイス市民は無料[21] [22]


高等教育制度[5][6]
教育の種類 課程 学年 学位 学年
Forskarutbildning
大学院課程
Forskarnivå
博士課程
    Doktorsexamen
博士号(PhD)
240 単位
4:e året
3:e året
Licentiatexamen
Degree of Licentiate
120 単位
2:a året
1:a året
Grundläggande
högskoleutbildning

学部課程
Avancerad nivå
発展レベル
2:an Årskurs 2     Masterexamen
修士号 (2年)
120 単位
Yrkesexamina
職業学位
(3–5 years long)
5:an Årskurs 5
1:an Årskurs 1   Magisterexamen
修士号 (1年)
60 単位
4:an Årskurs 4
Grundnivå
基礎レベル
3:an Årskurs 3   Kandidatexamen
学士号
180 単位
3:an Årskurs 3
2:an Årskurs 2   Högskoleexamen
University Diploma
120 単位
2:an Årskurs 2
1:an Årskurs 1 1:an Årskurs 1


必要言語能力[編集]

大学進学には、スウェーデン語英語の運用能力が求められる。[23] 留学生は、スウェーデン語の運用能力を測るために、Test in Swedish for University Studies (TISUS)の受験が求められる。そのうち母語が英語以外の者は、英語能力の証明のために、TOEFL 173 点、或はケンブリッジ英検 FCE 資格が求められる[24]

学生支援[編集]

スウェーデン人学生は、Swedish National Board of Student Aid (CSN) から経済支援制度(最大12セメスター、総額 1,841 SEK/週: 手当 632 SEK/週 + 貸付制度。2006年時点)を利用することが可能。 


学生の民主性[編集]

学生の民主性においては、Swedish National Agency for Higher Education が公平に扱う

法規[編集]

  • 高等教育法(the Higher Education Act、スウェーデン議会発行)
  • 高等教育条例(the Higher Education Ordinance、政府発行)


主原則:

  • 地方政府による高等教育機関設置
  • 研究調査に基づく高等教育課程
  • 高等教育機関の地域社会との連携
  • 全ての起草、意思決定への学生参加の義務化

主な議論[編集]

  • 大学進学の容易化
  • 少数民族、低所得者の大学参加の拡大
  • ジェンダー平等の保証
  • 国際的観点による教育の強化

平等待遇法[編集]

法律「高等教育機関における学生の平等待遇法(Act for Equal Treatment of Students in Higher Education)」2001年発行

  • 性別、民族、出身、宗教、性的嗜好、健康状態に問わず、学生は平等
  • ハラスメント、差別の予防
  • 平等主義を積極的に促進するために、各大学は毎年年次計画を発行
  • 学生との恊働により改善に取り組む
  • 学生の意見を基に、ハラスメントや差別が報告された場合、大学は調査、措置を取る義務を持つ。



高等教育機関[編集]

公立大学[編集]

大学名 大学としての設立年 設立年 学生数
(FTE, 2009年)[25]
研究助成金
(2009年, in billion SEK)[26]
ウプサラ大学 1477年 1477年 20,450 3.265
ルンド大学 1666年 1425年 28,554 3.975
ヨーテボリ大学 1954年 1891年 24,900 2.999
ストックホルム大学 1960年 1878年 28,200 2.203
カロリンスカ研究所 1965年 1810年 5,500 4.027
ウメオ大学 1965年 1965年 15,850 1.977
スウェーデン王立工科大学 1970年 1827年 11,950 2.033
リンショーピング大学 1975年 1969年 17,200 1.516
Swedish University of Agricultural Sciences 1977年 1775年 3,600 1.812
Luleå University of Technology 1997年 1971年 6,350 0.711
カールスタード大学Karlstad University 1999年 1977年 7,750 0.303
エレブルー大学Örebro University 1999年 1977年 8,600 0.342
Mid Sweden University 2005年 1993年 7,600 0.333
Linnaeus University 2010年 1977年 15,000 --


公立大学学部[編集]

大学学部(Högskola (university college))は、大学に準ずる高等教育機関。

Högskola 設立年
ボロース大学University of Borås 1977年
マルメ大学 1998年
Dalarna University College 1977年
University College West 1990年
Halmstad University 1983年
Mälardalen University College 1977年
Blekinge Institute of Technology 1989年
Kristianstad University College 1977年
Skövde University College 1977年
Gävle University College 1977年
Gotland University College 1998年

私立大学[編集]

ランキング[編集]

THE-QS[編集]

THE-QS世界大学ランキングズTHE–QS World University Rankings):

機関 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年
チャルマース工科大学 110 166 147 197 162 198 204 226
ヨーテボリ大学 - 190 - - - 185 183 212
カロリンスカ研究所 - - - - - - 43 32
ルンド大学 171 180 122 106 88 67 72 80
スウェーデン王立工科大学 122 196 172 192 173 174 150 187
ストックホルム大学 139 - - - - - 129 131
ウプサラ大学 140 180 111 71 63 75 62 87
ウメオ大学 - - - - - - - 222

ARWU(世界大学学術ランキング[編集]

大学 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年
ウプサラ大学 59 74 74 65 66 71 76 66 67
ルンド大学 93 92 92 90 97 97 - - 109
ヨーテボリ大学 - - - - - - - - 263
ストックホルム大学 - 97 97 84 86 86 88 79 81
カロリンスカ研究所 39 46 46 48 53 51 50 42 44
ウメオ大学 - 248 252 253 256 256 252 249 247




スウェーデン教育史[編集]

  • 1842年スウェーデン議会は、4年間の小学校"Folkskola"を採用
  • 1858年、7歳から就学開始となる
  • 1882年Folkskola"に、5、6年生が追加
  • 1905年、第2次教育機関"högre allmänna läroverket"は、"realskola"(最初の6年間)と、"gymnasium"(それに続く4年間)に区分
  • 1930年代、7年間の学校教育が義務化
  • 1949年秋学期より、9年制学校(enhetsskola)が部分的に採用される
  • 1950年5月26日、スウェーデン議会は enhetsskolaを採用
  • 1950年代、8年間の学校教育が義務化
  • 1958年enhetsskolaは、försöksskolaに改称
  • 1962年försöksskolaは、grundskolaに改称
  • 1971年fackskolagymnasiumyrkesskolaが統合され、"gymnasieskola"になる
  • 1972年、9年間(7−16歳)の学校教育が義務化
  • 1972年、全国にgrundskolaが導入。folkskolahögre allmänna läroverket は廃止される
  • 1990年代初頭、6歳児に förskoleklass(任意教育)が導入


教育制度の比較[編集]

教育制度比較
年齢 スウェーデン[3][4] アメリカ合衆国
学校 学年 学校 学年
18 Gymnasieskola
高等学校
16–19歳
3:an Årskurs 3
17 2:an Årskurs 2 高等学校
14–18歳
(義務)
Grade 12 Senior
16 1:an Årskurs 1 Grade 11 Junior
15 Grundskola
義務学校
7–16歳
(義務教育)
9:an Årskurs 9 Grade 10 Sophomore
14 8:an Årskurs 8 Grade 9 Freshman
13 7:an Årskurs 7 中学校
11–14歳
(義務教育)
Grade 8
12 6:an Årskurs 6 Grade 7
11 5:an Årskurs 5 Grade 6
10 4:an Årskurs 4 小学校
6–11歳
(義務教育)
Grade 5
9 3:an Årskurs 3 Grade 4
8 2:an Årskurs 2 Grade 3
7 1:an Årskurs 1 Grade 2
6 Förskoleklass
就学前教室
6歳
Årskurs F
別称 0:an
Grade 1
5 Förskola
プレスクール
1–5歳
  Kindergarten
5–6歳
K
≤ 4 Pre-Kindergarten
5歳未満
Pre-K

批判[編集]

スウェーデンの教育制度は、1990年代から急速に地方分権化が実施され、またフリースクールが奨励された。結果、地域間の教育格差などが問題となり、地方分権化は失敗との見方が出ている。国民の約半数が、教育機関の再国有化に賛成との調査結果も出ている[28]。2012年に経済協力開発機構(OECD)が実施した学習到達度調査(PISA)において、スウェーデンの成績はOECD平均を大きく下回り、学力低下が浮き彫りになった[29]

参照[編集]

  1. ^ http://www.scb.se/Pages/PressRelease____275784.aspx
  2. ^ http://www.oecd.org/document/52/0,3746,en_2649_39263238_45897844_1_1_1_1,00.html
  3. ^ a b Skolverket (2005年8月22日). “Karta över utbildningssystemet” (Swedish). Skolverket. 2007年7月8日閲覧。
  4. ^ a b Swedish National Agency for Education. “The Swedish Education System”. Swedish National Agency for Education. 2007年7月8日閲覧。
  5. ^ a b Bäcklin, Lotta (2007年6月7日). “Den nya utbildnings- och examensstrukturen” (Swedish). Högskoleverket. 2007年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月8日閲覧。
  6. ^ a b Bäcklin, Lotta (2007年6月7日). “The new structure of programmes and qualifications”. Swedish National Agency for Higher Education. 2007年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月8日閲覧。
  7. ^ Ståhle, Lennart (2007年5月30日). “Universitet eller högskola?” (Swedish). Högskoleverket. 2007年8月3日閲覧。
  8. ^ Ståhle, Lennart (2007年6月11日). “University or University College?”. Swedish National Agency for Higher Education. 2007年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月3日閲覧。
  9. ^ http://www.skolverket.se/sb/d/2650
  10. ^ http://www.skolverket.se/sb/d/2651/a/14987 and http://www.skolverket.se/sb/d/2651
  11. ^ Education Act (1985:1100) (PDF)”. Swedish Government Offices (1985年12月12日). 2008年4月3日閲覧。
  12. ^ a b Gran, Bertil; Marklund, Sixten. “grundskola” (Swedish). Nationalencyklopedin. http://www.ne.se/grundskola 2011年1月15日閲覧。.  (要購読契約)
  13. ^ a b Barn, elever och personal - Riksnivå 2010” (Swedish). Swedish National Agency for Education. p. 85 (2010年). 2011年1月15日閲覧。
  14. ^ http://www.hslda.org/hs/international/Sweden/default.asp and http://rohus.nu/en/?English_information
  15. ^ http://www.skolverket.se/sb/d/2653 and http://www.skolverket.se/sb/d/2665/a/15011
  16. ^ http://www.oecd.org/dataoecd/26/55/40755122.pdf OECD review of vocational education and training in Sweden
  17. ^ Buonadonna, Paola (2008年6月26日). “Free schools”. BBC News Online. http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/politics_show/7471335.stm 
  18. ^ “The Swedish model”. The Economist. (2008年6月12日). http://www.economist.com/node/11535645?story_id=11535645 2011年1月15日閲覧。 
  19. ^ http://www.dn.se/opinion/debatt/vi-vill-att-staten-atertar-ansvaret-for-skolvasendet-1.977905
  20. ^ Fees and costs - SWEDEN.SE”. 2011年8月22日閲覧。
  21. ^ Swedish Ministry of Education and Research. “Competing on the basis of quality – tuition fees for foreign students”. 2011年1月14日閲覧。
  22. ^ studera.nu. “Application and tuition fees”. 2011年1月14日閲覧。
  23. ^ Grundläggande behörighet” (Swedish). studera.nu (2007年9月11日). 2007年10月30日閲覧。
  24. ^ Utländska betyg: Behörighet” (Swedish). studera.nu (2007年10月4日). 2007年10月30日閲覧。
  25. ^ Swedish Higher Education Authority (Högskoleverket) - Annual report 2010 (Swedish), page 106ff
  26. ^ Swedish Higher Education Authority (Högskoleverket) - Annual report 2010 (Swedish), page 106ff
  27. ^ Swedish National Agency for Higher Education."List of higher education institutions", 2009-06-17. Retrieved on 2010-01-10.
  28. ^ “崩壊するスウェーデンの学校制度(下) 教育が差別と分断を招くのか ~北欧・福祉社会の光と影(9)”. 日本ビジネスプレス. (2013年4月29日). http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37658 2013年4月30日閲覧。 
  29. ^ “北欧の教育王国はなぜ崩壊したのか? スウェーデンの学力凋落の原因を探る”. 産経新聞. (2014年1月5日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/140105/edc14010507000000-n1.htm 2014年1月5日閲覧。 

関連項目[編集]


外部リンク[編集]