日本の大学一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本の大学一覧(にほんのだいがくいちらん)は、日本における大学大学院のみの大学である大学院大学を含む)の一覧。2020年現在、国立大学86校、公立大学94校、私立大学615校がある[1]

本項では、専門職大学省庁大学校、認定専攻科、および国際連合大学についても取り扱う。短期大学については日本の短期大学一覧を参照。

大学[編集]

開設予定のうち、大学設置・学校法人審議会が設置認可を可とする判定を答申したものを含む。

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

 国立大学

 公立大学

開設計画中の大学[編集]

開設計画と準備が進められているが、現段階では大学設置・学校法人審議会が設置認可を可とする判定に至っていないもの。

2023年度の開学を文部科学省に申請したもの

専門職大学[編集]

2017年の学校教育法改正によって設けられた校種であり、いわゆる職業大学である。一般の大学とは異なり、実習や実験などの職業訓練を重視し、即戦力となりうる人材を養成する。学校教育法では、一般の大学は卒業生に学士学位を授与するとなっているが、専門職大学にはこの規定が適用されず、別途「文部科学大臣の定める学位を授与するものとする」と規定されている。

 公立専門職大学

開設計画中の専門職大学[編集]

開設計画と準備が進められているが、現段階では大学設置・学校法人審議会が設置認可を可とする判定に至っていないもの。

2023年度の開学を文部科学省に申請したもの。

省庁大学校[編集]

大学校は大学とは異なる施設であり、さまざまな教育機関がこの名称を名乗っている。そのうち文部科学省以外の行政機関または行政機関が所管する独立行政法人が設置するものは省庁大学校と通称される。

省庁大学校の一部には、大学の学部または大学院に相当する教育を行うと認められ、その課程を修了すると学位の取得が可能な施設も含まれている。独立行政法人大学改革支援・学位授与機構が大学または大学院に相当する教育を行うものと認定し、学位の取得が可能な省庁大学校を以下に掲載する。

以下の施設では、各省庁大学校が教育を行い、申請を行った卒業者に対し独立行政法人大学改革支援・学位授与機構が学位を授与する。

認定専攻科[編集]

認定専攻科は短期大学および高等専門学校専攻科のうち、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構本科と併せて大学に相当する教育を行うものと認定したものである。

認定専攻科では、各短期大学・高等専門学校が教育を行い、申請を行った卒業者に対し独立行政法人大学改革支援・学位授与機構が試験および審査を行ったうえで合格者に対して学士の学位を授与する。

認定専攻科の一覧については、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構が発行する「機構認定短期大学・高等専門学校専攻科一覧」を参照のこと。

国際連合大学[編集]

国際連合大学(国連大学)とは、国際連合の定めた国連大学憲章によって設置された機関。日本の東京都に本部を置くが、日本の学校教育法上の大学ではない。国連大学憲章によって修士及び博士の学位が授与できることとなっており、その学位は日本の法制上でも学校教育法上の大学が授与したものに準じて扱われる。

改名または統合した大学[編集]

改名または統合した大学。右側に現名称あるいは統合先を記す。旧帝国大学は除く。旧帝国大学については「帝国大学」の記事を参照。

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

現存しない大学、学生募集停止中の大学[編集]

※廃校により現存しない大学、および、新規の学生募集を停止し、残存している在籍者のための猶予としてのみ存続している大学。

脚注[編集]

関連項目[編集]