楽天ブックスネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大阪屋栗田から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
楽天ブックスネットワーク株式会社
Rakuten Books Network Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 RBN
本社所在地 日本の旗 日本
112-8538
東京都文京区小石川二丁目22番2号
和順ビル6・7階
北緯35度42分36.7秒 東経139度45分5.3秒 / 北緯35.710194度 東経139.751472度 / 35.710194; 139.751472座標: 北緯35度42分36.7秒 東経139度45分5.3秒 / 北緯35.710194度 東経139.751472度 / 35.710194; 139.751472
設立 2016年平成28年)4月1日
業種 卸売業
法人番号 1122001028973
事業内容 書籍雑誌教科書等、出版物取次販売
代表者 川村興市(代表取締役社長
資本金 1億円
売上高 519億9100万円(2020年12月期)[1]
営業利益 ▲7億4700万円(2020年12月期)[1]
経常利益 ▲7億0600万円(2020年12月期)[1]
純利益 ▲11億円(2020年12月期)[1]
総資産 338億8000万円(2020年12月期)[1]
従業員数 203名(2018年4月1日現在)[2]
決算期 3月
主要株主 楽天 51%
KADOKAWA 9.5%
講談社 9.5%
集英社 9.5%
小学館 9.5%
大日本印刷 9.5%
株式会社OSS 1.6%
主要子会社 リーディングスタイル
外部リンク http://www.rakuten-booksnetwork.co.jp/
特記事項:2019年令和元年)11月1日、現社名に商号変更
テンプレートを表示

楽天ブックスネットワーク株式会社(らくてんブックスネットワーク)は、東京都文京区小石川本社を置く、出版取次書籍卸売業)を営む日本企業大阪屋栗田出版販売を源流とする株式会社大阪屋栗田楽天子会社になり、2019年令和元年)11月に現社名に変更した[3]

概要[編集]

出版取次業の全国売上規模で、日本出版販売(日販)、トーハンに次いで全国3位。

2015年平成27年)6月に出版取次業全国売上規模4位(当時)の栗田出版販売経営破綻したが、出版取次業全国売上規模3位(当時)の大阪屋が出版共同流通と連携して再生支援を表明し[4]、同年10月に栗田出版販売の事業を承継する子会社として株式会社栗田を設立した[5]

2016年(平成28年)2月に株式会社栗田が、栗田出版販売(旧栗田)の出版物、CDDVD等の取次事業に関する権利義務の一部を吸収分割で承継し、同時に商号を変更して栗田出版販売株式会社(新栗田)[6] を設立した。同年4月1日に栗田出版販売(新栗田)を存続会社として大阪屋を吸収合併し、大阪屋の権利義務全部を承継して株式会社大阪屋栗田(通称:OaK出版流通、英文社名:Oak Co., Ltd.)を設立した[7]

2018年(平成30年)5月25日、主要株主の6社(楽天KADOKAWA講談社集英社小学館大日本印刷)に対し第三者割当増資を行い、楽天の子会社となった[8]

2019年令和元年)11月1日、商号を現社名の楽天ブックスネットワーク株式会社へ変更した[3][9]

沿革[編集]

  • 2015年平成27年)10月 - 大阪屋が100パーセント出資する株式会社栗田を設立する[5]
  • 2016年(平成28年)
    • 2月1日 - 株式会社栗田が栗田出版販売(旧栗田)の取次事業を承継して商号を栗田出版販売(新栗田)に変更する。
    • 3月 - 日本出版販売株式会社と新刊物流業務の協業を開始した[10]
    • 4月1日 - 栗田出版販売(新栗田)が大阪屋を吸収合併して株式会社大阪屋栗田(OaK出版流通)を設立する。
    • 6月13日 - 大阪本社を大阪府大阪市福島区鷺洲1-11-19 大阪福島セントラルビルへ移転[11]
  • 2017年(平成29年)
    • 6月1日 - 子会社の株式会社大阪屋ロジスティクスを吸収合併する[12]
    • 7月1日 - 子会社の株式会社大阪屋物流を吸収合併する[13]
  • 2018年(平成30年)
    • 5月25日 - 主要株主の6社に対し第三者割当増資を行い、楽天の子会社となる[8]
  • 2019年令和元年)
    • 8月30日 - 静岡支店を閉鎖[2]
    • 11月1日 - 商号を楽天ブックスネットワーク株式会社へ変更[3]
  • 2021年(令和3年)
    • 3月29日 - 大阪オフィス(旧大阪本社)を関西流通センターと同拠点に移転[14]
    • 4月12日 - 登記上の本社を東京本社に移転[15]

決算[編集]

決算期(期間) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 利益剰余金 総資産 備考
第7期(2020年04月1日 - 2020年12月31日)[1] 519億9100万円 ▲7億4700万円 ▲7億0600万円 ▲11億円 ▲79億7600万円 338億8000万円 変則決算(9か月)
第6期(2019年04月1日 - 2020年3月31日)[16] 682億5300万円 ▲8億3600万円 ▲7億7800万円 ▲11億3600万円 ▲68億7600万円 317億3800万円
第5期(2018年04月1日 - 2019年3月31日)[17] 740億3400万円 ▲3億6100万円 ▲2億7800万円 ▲4億2200万円 ▲57億3900万円 394億3300万円
第4期(2017年04月1日 - 2018年3月31日)[18] 770億3700万円 ▲8億6000万円 ▲7億7400万円 ▲10億6200万円 ▲53億1700万円 378億6200万円
第3期(2016年10月1日 - 2017年3月31日) 412億3400万円 4億8200万円 4億7600万円 ▲6200万円 372億7000万円 変則決算(6か月)
第2期(2016年02月1日 - 2016年9月30日) 417億5200万円 ▲3億7900万円 ▲3億9700万円 2億6000万円 変則決算(8か月)

2016年4月 - 2017年3月の売上高(12か月)は802億円[19]

拠点[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 楽天ブックスネットワーク株式会社 第7期決算公告」『官報』令和3年4月1日(号外第77号)、2021年4月1日
  2. ^ a b 企業情報 会社概要、株式会社大阪屋栗田
  3. ^ a b c 社名変更のお知らせ”. 株式会社大阪屋栗田 (2019年10月4日). 2019年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月26日閲覧。
  4. ^ 栗田、民事再生手続き申請、新文化、2015年6月26日
  5. ^ a b 出版取次の栗田出版販売、大阪屋と来春統合へ 再生計画案可決日本経済新聞、2015年12月24日
  6. ^ 大阪屋と栗田の統合会社、社名は「大阪屋栗田 OaK(オーク)出版流通」、新文化、2016年2月10日
  7. ^ 大阪屋、新栗田出版販売を発足/統合会社は「大阪屋栗田」に、出版書店 業界NEWS、2016年3月12日
  8. ^ a b 大阪屋栗田からのお知らせ”. 株式会社大阪屋栗田 (2018年5月25日). 2018年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月26日閲覧。
  9. ^ 社名変更のお知らせ、楽天ブックスネットワーク株式会社、2019年11月1日
  10. ^ 日本出版販売株式会社との協業範囲の拡大についての検討開始に関するお知らせ、楽天ブックスネットワーク株式会社、2021年2月15日
  11. ^ 大阪屋栗田、「大阪本社」移転へ、新文化、2016年5月20日
  12. ^ (株)大阪屋ロジスティクス 合併のご報告”. 株式会社大阪屋栗田 (2017年7月3日). 2018年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月26日閲覧。
  13. ^ (株)大阪屋物流 合併のご報告”. 株式会社大阪屋栗田 (2017年7月3日). 2018年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月26日閲覧。
  14. ^ 大阪オフィス移転のお知らせ、楽天ブックスネットワーク株式会社、2021年2月15日
  15. ^ 楽天ブックスネットワーク株式会社の情報国税庁 法人番号公表サイト、2021年4月15日
  16. ^ 株式会社大阪屋栗田 第6期決算公告」『官報』令和2年7月1日(号外第137号)、2020年7月1日
  17. ^ 株式会社大阪屋栗田 第5期決算公告」『官報』令和元年7月1日(号外第55号)、2019年7月1日
  18. ^ 株式会社大阪屋栗田 第4期決算公告」『官報』平成30年7月2日(号外第143号)、2018年7月2日
  19. ^ 大阪屋栗田、大竹深夫社長が決算概要を発表、新文化、2017年6月7日

外部リンク[編集]