ヘレネ (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヘレネ
カッシーニが撮影したヘレネ(2010年3月3日)
カッシーニが撮影したヘレネ(2010年3月3日
仮符号・別名 仮符号S/1980 S 6
別名Saturn XII
   Dione B
発見
発見日 1980年3月1日
発見者 P・ラキューズ、J・レカシュー
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 377,396 km
離心率 (e) 0.0022
公転周期 (P) 2.736915 日
軌道傾斜角 (i) 0.199° (土星赤道に対する)
土星の衛星
物理的性質
直径 36 × 32 × 30 km
半径 16 km
自転周期 2.736915 日(同期回転)
アルベド(反射能) 1.67 ± 0.20
赤道傾斜角 0
大気圧 0 kPa
Template (ノート 解説) ■Project

ヘレネ(Helene)は、土星衛星の一つ。1980年、ピエール・ラキューズとジャン・レカシューによって、ピク・デュ・ミディ天文台からの観測で発見された。1988年ギリシア神話に登場する美女ヘレネにちなみ命名された。

ディオネポリデウケスと公転軌道を共有しており、ヘレネはディオネのラグランジュ点(L4)に位置している(なお、ポリデウケスはL5である)。そのため、正式にヘレネと命名される以前は、ディオネBとも呼ばれていた。

1981年8月にボイジャー2号により不鮮明ながら画像の撮影に成功していたが、カッシーニ2010年3月3日、ヘレネに1万9千kmまで接近して鮮明な画像を撮影した。これまでにカッシーニが撮影した画像から、ヘレネは滑らかな部分と細かいクレーターに覆われた部分とに二分されていることが判明している(外部リンク参照)。

外部リンク[編集]