キビウク (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キビウク
Kiviuq
仮符号・別名 Saturn XXIV
S/2000 S5
分類 衛星
発見
発見日 2000年8月7日[1]
発見者 B. グラドマン[1]
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 1131万1100km[2]
離心率 (e) 0.1642[2]
公転周期 (P) 449.13地球日[2]
軌道傾斜角 (i) 48.525 [2]
土星の衛星
物理的性質
半径 8km
アルベドを0.06と仮定した場合)
Template (ノート 解説) ■Project

キビウク英語:Kiviuq、確定番号:Saturn XXIV)は、土星衛星のひとつ。イヌイット群に属する。仮符号はS/2000 S 5。

イヌイット(イヌイト)神話巨人に因んで命名された。キビウックと表記されることもある。

イヌイット群の不規則衛星の1つで、軌道傾斜角の大きい軌道を449日かけて公転する。半径はアルベドを0.06と仮定すると8kmである[1]

2000年8月7日にブレット・J・グラドマンらの研究チームにより発見された[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Kiviuq: Overview”. NASA. 2012年12月23日閲覧。
  2. ^ a b c d Kiviuq: Facts & Figures”. NASA. 2012年12月23日閲覧。

関連項目[編集]