フォルニョート (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォルニョート
Fornjot[1]
仮符号・別名 仮符号 S/2004 S 8
別名 Saturn XLII
視等級 (V) 24.6[2]
分類 土星の衛星
軌道の種類 北欧群
発見
発見日 2004年12月12日[1][3]
発見者 スコット・S・シェパード
デビッド・C・ジューイット
ブライアン・マースデン
ジャン・クレイナ
発見方法 すばる望遠鏡
ケック望遠鏡
ジェミニ北望遠鏡による観測[4]
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 25,146,000 km[5]
離心率 (e) 0.2077[5]
公転周期 (P) 1494.09 日[5] (4.091 年)
軌道傾斜角 (i) 170.372°[5]
近日点引数 (ω) 324.787°[5]
昇交点黄経 (Ω) 259.946°[5]
平均近点角 (M) 214.499°[5]
土星の衛星
物理的性質
半径 3 km[6]
平均密度 2.3 g/cm3[7] (仮定値)
アルベド(反射能) 0.04[7] (仮定値)
Template (ノート 解説) ■Project

フォルニョート (Saturn XLII Fornjot) は、土星の第42衛星である。逆行軌道で土星を公転する不規則衛星で、北欧群に属する[2]

概要[編集]

デビッド・C・ジューイットスコット・S・シェパードブライアン・マースデンジャン・クレイナらの観測チームにより、2004年12月12日~2005年3月11日の間に行われた一連の観測によって発見された。最初に確認されたのは12月12日の観測である。観測にはすばる望遠鏡W・M・ケック天文台ジェミニ北望遠鏡の大型望遠鏡群が用いられた[8][9]。2005年5月3日に小惑星センターのサーキュラーで他の11個の土星の新衛星の発見と合わせて報告され、S/2004 S 8 という仮符号が与えられた[10][8][9]

2007年4月5日に北欧神話に登場する巨人出身の海神エーギルの父、フォルニョートに因んで命名され、Saturn XLII という確定番号が与えられた[11]。なおエーギルの名も第36衛星に与えられている[1]

2018年現在、発見されている土星の衛星の中で最も外側を周っている[6]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Planet and Satellite Names and Discoverers”. Gazetteer of Planetary Nomenclature. 国際天文学連合. 2015年11月15日閲覧。
  2. ^ a b Scott S. Sheppard. “Saturn Satellite and Moon Data”. Carnegie Science. 2018年12月25日閲覧。
  3. ^ NASA (2017年12月5日). “In Depth | Fornjot – Solar System Exploration: NASA Science”. アメリカ航空宇宙局. 2018年12月25日閲覧。
  4. ^ MPEC 2005-J13 : TWELVE NEW SATELLITES OF SATURN”. 小惑星センター (2005年5月3日). 2015年11月15日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g Jet Propulsion Laboratory (2013年8月23日). “Planetary Satellite Mean Orbital Parameters”. Jet Propulsion Laboratory Solar System Dynamics. ジェット推進研究所. 2018年12月25日閲覧。
  6. ^ a b 『天文年鑑』 (2013年版) 誠文堂新光社、2012年11月25日、208-209頁。 
  7. ^ a b Jet Propulsion Laboratory (2015年2月19日). “Planetary Satellite Physical Parameters”. Jet Propulsion Laboratory Solar System Dynamics. ジェット推進研究所. 2018年12月25日閲覧。
  8. ^ a b Brian G. Marsden (2005年5月3日). “MPEC 2005-J13 : TWELVE NEW SATELLITES OF SATURN”. 小惑星センター. 2018年12月25日閲覧。
  9. ^ a b No.104: すばる望遠鏡、土星の新衛星を12個発見 | 国立天文台(NAOJ)”. アストロ・トピックス. 国立天文台 (2005年5月19日). 2018年12月25日閲覧。
  10. ^ Daniel W. E. Green (2005年5月4日). “IAUC 8523: NEW Sats OF SATURN; 2005by; V5115 Sgr”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2018年12月25日閲覧。
  11. ^ Daniel W. E. Green (2007年4月5日). “IAUC 8826: Sats OF JUPITER, SATURN; RING OF URANUS; 2006 VV_2”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2018年12月25日閲覧。