ヤルンサクサ (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤルンサクサ
Jarnsaxa
仮符号・別名 仮符号 S/2006 S 6
別名 Saturn L
分類 土星の衛星
軌道の種類 北欧群
発見
発見日 2006年3月6日[1]
発見者 S・S・シェパード
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 19,354,000 km[2]
離心率 (e) 0.2178[2]
公転周期 (P) 1006.94 日 (2.757 日)[2]
軌道傾斜角 (i) 163.649°[2]
近日点引数 (ω) 237.422°[2]
昇交点黄経 (Ω) 22.519°[2]
平均近点角 (M) 198.750°[2]
土星の衛星
物理的性質
直径 6 km[3]
平均密度 2.3 g/cm3[3] (仮定値)
アルベド(反射能) 0.04[3] (仮定値)
Template (ノート 解説) ■Project

ヤルンサクサ[4] (Saturn L Jarnsaxa) は、土星の第50衛星である。逆行軌道で土星を公転する不規則衛星で、北欧群に属する[5]

2006年3月6日に、スコット・S・シェパードデビッド・C・ジューイットジャン・クリーナブライアン・マースデンらの観測チームによって発見された。観測にはすばる望遠鏡が用いられている[6]。発見は同年6月26日に小惑星センターのサーキュラーで、6月30日に国際天文学連合のサーキュラーで公表され、S/2006 S 6 という仮符号が与えられた[7][8]

その後2007年9月30日に、北欧神話に登場する女巨人ヤールンサクサ因んで命名され、Saturn L という確定番号が与えられた[9]

アルベドを 0.04 と仮定すると、ヤルンサクサは直径が 6 km と推定される[3]。土星からの平均の軌道距離は 19,354,000 キロメートルほどであり、およそ 1007 日かけて一周する[2]

出典[編集]

  1. ^ NASA (2017年12月5日). “In Depth | Jarnsaxa – Solar System Exploration: NASA Science”. アメリカ航空宇宙局. 2018年12月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Jet Propulsion Laboratory (2013年8月23日). “Planetary Satellite Mean Orbital Parameters”. Jet Propulsion Laboratory Solar System Dynamics. ジェット推進研究所. 2018年12月17日閲覧。
  3. ^ a b c d Jet Propulsion Laboratory (2015年2月19日). “Planetary Satellite Physical Parameters”. Jet Propulsion Laboratory Solar System Dynamics. ジェット推進研究所. 2018年12月17日閲覧。
  4. ^ 衛星日本語表記索引”. 日本惑星協会. 2019年3月14日閲覧。
  5. ^ Scott S. Sheppard. “Saturn Satellite and Moon Data”. Carnegie Science. 2018年12月21日閲覧。
  6. ^ No.220: “すばる望遠鏡”が土星に新衛星9個を発見 | 国立天文台(NAOJ)”. 国立天文台 (2006年7月7日). 2018年12月19日閲覧。
  7. ^ Brian G. Marsden (2006年6月26日). “MPEC 2006-M45 : EIGHT NEW SATELLITES OF SATURN”. 小惑星センター. 2018年12月21日閲覧。
  8. ^ Daniel W. E. Green (2006年6月30日). “IAUC 8727: Sats OF SATURN; 2006dj, 2006dk, 2006dl; C/2006 J12, C/2006 K6”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2018年12月21日閲覧。
  9. ^ Daniel W. E. Green (2007年9月20日). “IAUC 8873: P/2007 S1; Sats OF SATURN”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2018年12月21日閲覧。