パンドラ (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パンドラ
Pandora
Pandora PIA07632.jpg
仮符号・別名 仮符号S/1980 S 26 別名Saturn XVII
発見
発見日 1980年10月
発見者 S・A・コリンズ
ボイジャー1号
軌道要素と性質
元期:2003年12月31日
軌道長半径 (a) 141,720 ± 10 km
離心率 (e) 0.0042
公転周期 (P) 0.628504213 日
軌道傾斜角 (i) 0.050 ± 0.004° (土星赤道に対する)
土星の衛星
物理的性質
直径 103×80×64 km
半径 40.3 ± 2.2 km
表面積 ~21,000 km²
体積 ~270,000 km³
質量 1.356 ± 0.022 ×1017 kg
平均密度 0.49 ± 0.08 g/cm³
表面重力 0.0034 m/s2
脱出速度 ~0.019 km/s
自転周期 同期回転
アルベド(反射能) 0.6
赤道傾斜角 0
表面温度 ~78 K
大気圧 なし
Template (ノート 解説) ■Project

パンドラ (Pandora) は、土星衛星のひとつ。 別名 S/1980 S 26土星 XVII。土星からの距離は、141,700 kmで、直径は約84km。

概要[編集]

パンドラは、1980年にコリンズらがボイジャー1号の撮影した写真を分析する中で発見された。最初に仮符号S/1980 S 26が与えられ、1985年にはパンドラが正式名称となった。ボイジャー2号の観測では大まかな形状が撮影されたのみだったが、2005年カッシーニ探査機による接近観測で詳細な姿が明らかにされた。

自己を球形に保つほど重力が大きくないため歪な形をしており、差し渡し103×80×64 kmの楕円体に近似される[1]。表面には直径30kmの2つのクレーターなどの地形が見られ、細微な氷の塵に覆われていると考えられている[2]。平均密度が0.5g/cm3と低く内部に間隙を多く含んだ氷の天体であることが示唆される。また、他の多くの土星の衛星と同様に、土星からの潮汐力のためパンドラの自転周期と公転周期は等しくなっている(自転と公転の同期)。

パンドラはミマスエンケラドスなどの大衛星より土星に近い位置にある。その軌道はFリングのすぐ外側に存在し、羊飼い衛星としてリング構成粒子の逸散を防ぐ役割を果たす。公転軌道は、Fリングの内側を周回するプロメテウスの重力によって常に変動し、特に6.2年ごとに2つの衛星が接近する際には軌道要素に大きな変化が生じる。また、外側を回るミマスとは公転周期が2:3の共鳴関係にある[3]

名称はギリシア神話に登場するパンドラという女性に由来する。外側を回る別の衛星には彼女の夫であるエピメテウスの名が付いている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]