羊飼い衛星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パン
ダフニス
オフィーリア(上)とコーディリア(下)

羊飼い衛星(shepherd moon、ひつじかいえいせい)とは、その衛星の重力作用により、惑星に影響を与え、その崩壊を防いでいる衛星のことである[1]。羊飼い衛星は、その性質上、環の外縁や隙間に位置して発見される。太陽系内では土星天王星及び海王星に羊飼い衛星が確認されている。また、フォーマルハウトにおいては、羊飼い惑星の存在が推測されている[1]

太陽系内における羊飼い衛星の一覧[編集]

土星[編集]

調査中の衛星[編集]

これら3つの衛星は衛星なのかF環の一部なのかわかっていない。

天王星[編集]

これら2つの衛星はそれらの重力によって、ε環を安定して存在するような軌道をとっているものと考えられる。

海王星[編集]

  • ガラテア - ガラテアの軌道のすぐ外側にアダムズ環があるため羊飼い衛星と考えられている。

脚注[編集]

  1. ^ a b アルマ望遠鏡が明らかにした、太陽系外惑星のはたらき”. アルマ望遠鏡. 国立天文台 (2012年4月12日). 2014年12月29日閲覧。

関連項目[編集]