プロメテウス (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロメテウス
Prometheus
カッシーニから撮影したプロメテウス
カッシーニから撮影したプロメテウス
仮符号・別名 仮符号S/1980 S 27
別名Saturn XVI
発見
発見者 S・A・コリンズ、
ボイジャー1号
軌道要素と性質
元期:2003年12月31日
軌道長半径 (a) 139,353 km
離心率 (e) 0.0024
公転周期 (P) 0.614102 日
軌道傾斜角 (i) 0.007° (土星の赤道に対する)
土星の衛星
物理的性質
直径 148×100×68 km
表面積 - 23,000 km2
体積 - 340,000 km3
質量 1.566 ± 0.019×1017 kg
平均密度 0.47 ± 0.07 g/cm3
表面重力 - 0.003 m/s2
脱出速度 - 0.019 km/s
自転周期 0.614102 d
(公転周期と同期)
アルベド(反射能) 0.6
赤道傾斜角 0
表面温度 74 K
大気圧 なし
Template (ノート 解説) ■Project

プロメテウス (Prometheus) は、土星衛星である。1980年10月25日より数日前に発見され、仮符号1980 S 27を付けられた。1985年ギリシア神話の巨人族で人類に火をもたらして罰を受けるプロメーテウスにちなんで命名された。

プロメテウスは148 × 100 × 68 kmと極端に細長い形状で、幾つかの谷や尾根が確認されている。また、直径20kmのクレーターも確認されているが、近くを周回するパンドラヤヌスエピメテウスよりは表面は穏やかである。

かなり低い密度と比較的高いアルベドからしてプロメテウスは多孔質の氷で構成されていると思われていたが、無人土星探査機カッシーニの近接撮影でもそれと思われる映像が確認されている。

プロメテウスと土星のFリングが衝突する様子(動画)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]