バッド (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バッド
マイケル・ジャクソンシングル
初出アルバム『バッド
リリース
規格 7インチ・シングル
12インチ・シングル
CDシングル
録音 1986年
ジャンル ポップ
時間
レーベル EPIC SONY
作詞・作曲 マイケル・ジャクソン
プロデュース マイケル・ジャクソン
クインシー・ジョーンズ
ゴールドディスク
チャート最高順位
マイケル・ジャクソン シングル 年表
キャント・ストップ・ラヴィング・ユー
(1986年)
バッド
(1987年)
ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール
(1987年)
ミュージックビデオ
「Bad」 - YouTube
テンプレートを表示

バッド」(原題: Bad)とは、マイケル・ジャクソンのアルバム、Badの表題曲。Badからの第2弾シングルカット。

解説[編集]

元々はプリンスとのデュエット曲として制作されていたがプリンスが「僕が参加しなくてもこの曲は売れるよ」と言ったことからデュエットは中止に。

実際Badはビルボードチャート1位という結果を残している。オリコン洋楽チャートでは1987年9月28日付から通算3週1位を獲得した[1]

ショートフィルム[編集]

ショートフィルムは私服警官に強盗と間違えられて射殺されてしまった青年の実話を基に制作された。 監督はマーティン・スコセッシ。 ドラマシーンは白黒で、ダンスパートはカラーという不思議な構成になっている。 マイケルはダリルという役名で出演し、ロバータ・フラックウェズリー・スナイプスも出演。 因みに登場するダンサーの中に日の丸のバンダナをした東洋人が出演しているが日本人ダンサーではなく、チャオ・メイという中国人ダンサーだという[2]。 このミュージック・ビデオも『Beat It』同様『ウエスト・サイド物語』からの影響が色濃く感じられる。 またこの頃特に多忙だったマイケルはダンスパートを僅か3日で完成させた。

脚注[編集]

  1. ^ コンピレーション・アルバム『ナンバーワン80s ORICON ヒッツ』の裏ジャケットナンバーワン 70s 80s 90s オリコン・ヒッツも参照。
  2. ^ 黒須洋壬 (2006年6月17日). “名古屋は今日は雨だった”. 2010年11月27日閲覧。
[ヘルプ]